いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

デジタル化その10 ジョルジュ・エネスコ3

エネスコの3回目は、ヘンデルのソナタNo.4、

18 Mar 1929, Sanford Schlüssel, piano
5110-M [98617-5] Sonata No.4 in D Major: Adagio (Handel)

11 Feb 1929, Sanford Schlüssel, piano
5110-M [98618-2] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)

18 Mar 1929, Sanford Schlüssel, piano
5111-M [98619-5] Sonata No.4 in D Major: Larghetto (Handel)

11 Feb 1929, Sanford Schlüssel, piano
5111-M [98620-1] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)

ブルーレーベルですが、文献[1]によると、上部に"NOT LICENSED..."と書かれたこのレーベルは、1933年から1936年まで使われたそうです。つまり1925年から使われた"Viva tonal"ブラックレーベルの後のプレスということになります。

ちなみに[1]によると、1930年代前半は米Columbiaにとって激動の時期で、3年の間にオーナーが3回交代しました。
1931年の春、Electrical and Musical Industries Ltd. (EMI)の設立に伴って、ColumbiaのU.S. branchは、Columbia Graphophone Co. Ltd.から分離されました。
1931年の終わり頃、Columbiaの所有権は、Majestic radioを作っているGrisby-Grunow Companyに移りましたが、Grisby-Grunowは1934年初めに倒産し、Columbiaは、Brunswick, Vocalion, Perfect等のレーベルを所有しているAmerican Record Corp.に買収されました。

回転数は復刻LP[2]と復刻CD[3]に合わせた結果、78 rpmとなりました。

ヘンデルの第1面の音源を下記にアップしました。

5110-M [98617-5] Sonata No.4 in D Major: Adagio (Handel)
http://ibotarow.exblog.jp/3740643/

写真をクリックすると音が出るはずです。
残りの面、

5110-M [98618-2] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)
5111-M [98619-5] Sonata No.4 in D Major: Larghetto (Handel)
5111-M [98620-1] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)

は、写真の下のマトリクス番号98618, 98619, 98620をクリックしてください。

References
[1] Michael W. Sherman & Kurt R. Nauck III, "Note the Notes, An Illustrated History of the Columbia 78 rpm Record Label", Monarch Record Enterprises (1998)
[2] Georges Enesco, VERITAS VM111 (1967)
[3] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)


[PR]

# by ibotarow | 2017-07-23 08:01 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)