いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 21日

デジタル化その5 ジョルジュ・エネスコ 1

タイトルを短縮しましたが、5回目は、Georges Enesco (1881-1955)のラッパ吹込み2枚です。

6 Feb 1924, Edward C. Harris, piano
7006 [81530-3] Aubade Provençale in the style of Couperin (Kreisler)

13 February 1924, Edward C. Harris, piano
7006 [81556-5] Sérénade (d'Ambrosio)

11 March 1924, Edward C. Harris, piano
20029-D [81616-2] Chorus of Dervishes from "Ruins of Athens" (Beethoven)

24 September 1924 , Edward C. Harris, piano
20029-D [140059-3] Albumblatt in E-flat (Wagner-Wilhelmj)

エネスコのラッパ吹込みは、これ以外に「エネスコの米Columbia録音」に書いたように、

La Ronde des Lutins, Op. 25 (Bazzini)
Die Meistersinger: Walther's Prize Song (Wagner)
Élégie Op. 10 (Ernst)
Nocturne in E flat, Op. 9, No.2 (Chopin-Sarasate)

があるようですが、いずれも未発売です。
原盤は、どこかの国のお役所のように廃棄した、ということのないように祈るばかりです。

回転数はたぶん80 rpmだろうと思ったのですが、念のためBiddulphの復刻CD[1]と合わせてみました。
その結果、やはり80 rpmとなりました。

クライスラーとダンブロジオの音源を下記にアップしました。

7006 [81530-3] Aubade Provençale in the style of Couperin (Kreisler)
7006 [81556-5] Sérénade (d'Ambrosio)
http://ibotarow.exblog.jp/3740769/

ワーグナーとベートーヴェンは下記にアップしました。

20029-D [140059-3] Albumblatt in E-flat (Wagner-Wilhelmj)
20029-D [81616-2] Chorus of Dervishes from "Ruins of Athens" (Beethoven)
http://ibotarow.exblog.jp/12332754/

それぞれの第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。


Reference
[1] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)



[PR]

# by ibotarow | 2017-05-21 07:05 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)