いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 29日

エネスコの回転数見直し その2

次はコレルリのラ・フォリアです。
先ず録音データを示します。

19 Mar 1929
J7940 [98627-5] Sonata in D minar "La Follia" -1 (Corellil)

1930?
J7940 [98628-10] Sonata in D minar "La Follia" -2 (Corellil)

パート1は1929年3月19日、パート2は同日にテイク7まで録音されています。調査したレコードはテイク10でしたので、テイク12のショーソン1面と同時期ではないかと考えましたが、さだかではありません。

楽譜は最初、何も考えず適当にダウンロードしたのですが、レコードとかなり違います。
ラ・フォリアはコレルリのヴァイオリンソナタOp.5 No.12ですが、編曲がいろいろあるようです。
エネスコ自身の編曲かしらと碩学Lさんに教えを請うと、Ferdinand David (1810-1873) というメンデルスゾーンの友人の編曲だと打てば響くお答え、[1]をダウンロードしました。

D4音はいろんな場所に出てきますが、図2-1に示すパート1、図2-2のパート2とも最終音がD4ですので、これらの周波数を求めました。

d0090784_17190864.jpg

図2-1 ラ・フォリア パート1 D4音



d0090784_17191417.jpg

図2-2 ラ・フォリア パート2 D4音


d0090784_17195319.jpg

図2-3 図2-1のD4音のスペクトル












d0090784_17195820.jpg

図2-4 図2-2のD4音のスペクトル











結果は、 図2-3、2-4に示すように、
パート1:286 Hz
パート2:286 Hz
となり、ヘンデル冒頭のD4音とピッタリ同じでした。
テイク10のパート2の録音日は、パート1の3月19日と近いのかもしれませんね。

これで、コレルリは1面、2面とも、
80 rpm
として良かろうと思います。

次に、プニャーニのラルゴ・エスプレッシヴォとクライスラーのテンポ・ディ・メヌエットの録音日は、

19 Apr 1930
50235-D [98687-4] Largo Espressivo (Pugnani)
50235-D [98688-4] Tempo di Menuetto in the style of Pugnani (Kreisler)

で、78 rpmだと思われるショーソン1面と同じ日です。

先ず、プニャーニの楽譜[2]でD4音を探してみると、図2-5に示すように、最終部にいくつか出てきますが、一番音量の大きいのが精度も高いだろうと赤丸を選びました。

d0090784_17224131.jpg

図2-5 ラルゴ・エスプレッシヴォ D4音


d0090784_17224723.jpg

図2-6 図2-5のD4音のスペクトル










また、クライスラーの楽譜[3]でD音を探すと、図2-7赤丸に示すように、冒頭第2音がD4です。

d0090784_17233195.jpg

図2-7 テンポ・ディ・メヌエット D4音

d0090784_17233756.jpg

図2-8 図2-7のD4音のスペクトル











これらの周波数を求めました。

結果は、図2-6、2-8に示すように、
プニャーニD4音:292 Hz
クライスラーD4音:294 Hz
となりました。
これらは、
ショーソン1面D4音:293 Hz
に近い値です。

という訳で、プニャーニとクライスラーも
78 rpm
として良かろうと思います。




More
[PR]

# by ibotarow | 2017-10-29 07:10 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)