いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 29日

ゲルハルトの電気録音その2

d0090784_6495695.jpg

前報[1]に引き続き、Linda Austwickによるバイオグラフィー[2]、Desmond Shawe-Taylorによる録音解説[3]、およびAlan Kelly & Ian Cosensによるディスコグラフィー[4]をもとに、ゲルハルトの電気録音後期のセッションをリストアップする。
後期は、1931年のヴォルフ歌曲集(31-34)と、1939年(36-38)、および1947,48年(39-41)の、2つのプライベート録音に大別される。





ヴォルフ協会第1巻は、1932年4月に発売された12インチ6枚組のアルバムで、500部の予約のうち111部が日本からのものであったと、昭和6年当時の日本人のドイツ・リート好きが推し量られるエピソードが有名である。
東芝から復刻CD[5]が出ているが、声に若いときのような瑞々しさはないものの、スタイルや声質の絶妙なコントロールにより、曲の表情が千変万化するさまを堪能できる。
なお、電気録音は1925年以来、着実に進歩しているようで、1930年代初めには、ほぼ完成の域に達していたのではないかと思われるほど、特にピアノの音の粒立ちが美しく、立体的に響いて素晴らしい。

31. 5th November, 1931, Abby Road, London, acc. by Coenraad V. Bos (78 rpm)
(recording made for the Hugo Wolf Society, Volume 1)
             [2B 2206-1, 2] a) Die ihr schwebet;
                        b) Ach des Knaben Augen
32-2515, DB1615 [2B2207-1, 2, 3*] Auf einer Wanderung
32-2511, DB1619 [2B2208-1, 2*] Das Standchen
             [2B2209-1] a) Begegnung;
                      b) Lied vom Winde

32. 6th November, 1931, Abby Road, London, acc. by Coenraad V. Bos (78 rpm)
(recording made for the Hugo Wolf Society, Volume 1)
32-2512, DB1615 [2B2209-2, 3*] a) Begegnung;
                         b) Lied vom Winde
32-2516, DB1616 [2B2910-1, 2*] Heimweh (Anders wird die Welt)
             [2B2211-1, 2] a) Und steht Ihr fruh;
                        b) Ich hab' in Penna
32-2517, DB1617 [2B2212-1, 2*] a) Num wandre, Maria;
                         b) Gesang Weylas
             [2B2213-1, 2] Uber Nacht

33, 9th November, 1931, Abby Road, London, acc. by Coenraad V. Bos (78 rpm)
(recording made for the Hugo Wolf Society, Volume 1)
32-2519, DB1618 [2B2218-1, 2*] a) Herr, was tragt der Boden hier;
                         b) Auch kleine Dinge
              [2B2219-1, 2] Das verlassene Magdlein
32-2520, DB1620 [2B2220-1, 2*] a) Ihr jungen Leute;
                         b) Du denkst mit eine Fadchen;
                         c) Nein, junger Herr
32-2521, DB1616 [2B2221-1, 2*] a) Rat einer Alten;
                         b) In dem Schatten meiner Locken

34. 4th December, 1931, Beethovensaal, Berlin, acc. by Coenraad V. Bos (78 rpm)
(recording made for the Hugo Wolf Society, Volume 1)
32-2634, DB1619 [2D704-1*, 2] Wenn du zu den Blemmen gehst
32-2632, DB1617 [2D705-1*, 2] a) Die ihr schwebet;
                        b) Ach, des Knaben Augen
32-2635, DB1620 [2D706-1, 2*] Und steht Ihr fruh
32-2633, DB1618 [2D707-1, 2*] Das verlassene Magdlein

35. 1939, Decca recordings, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
[CP729-2] Der Tod, das ist die kuhle Nacht (Brahms)
[CP730-3] Des Liebsten Schwur (Brahms)

1939年、ゲルハルトは、グラモフォン誌コレクターズ・コーナーの協力を得て、ブラームス、シューベルト、ヴォルフの10インチ6枚のプライベート・アルバムを作った。伴奏はジェラルド・ムーアである。 
第2次大戦の戦雲がヨーロッパを暗く覆いはじめた頃、ヒトラーの台頭から逃れてロンドンに住んでいたゲルハルトの音楽活動は、ちょうど第1次大戦前夜のように、再び不自由なものになりつつあった。特にドイツ語で歌うコンサートは開催できない雰囲気であった。
そんな背景もあり、HMVも積極的には発売できなかったドイツ・リート集を、プライベート録音という形で予約販売したのであろう。 200セットを超える予約があったそうで、ロンドンとニューヨークの特別なディーラーを通じて頒布された。

この時、ゲルハルト56歳、若い頃の弾むような躍動感は期待できないが、ゆったりとした堂々たる歌いっぷりである。
写真は、1970年代の初め頃、秘曲洞から頒布された、この録音の復刻LP[6]である。
不思議なことに、リストにあるシューベルトの子守歌が入っていなくて、その代わりに、ブラームスの"Dionysisch"が入っている。同曲は下記のリストのどこにも見られない。これがどこから来たのか、謎である。
これを作られた秘曲洞主人、光悦孤士こと砂田観二さんに聞いてみたいが、まだご存命であろうか?

36. 12th October, 1939, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
Zigeunerlieder Op. 103 (Brahms):
GR16 [OEA8303-1] No.1: He, Zigeuner;
              No.2: Hochgeturmte Rimaflut
GR16 [OEA8304-1*, 2] No.3: Wiss ihr;
                 No.4: Lieber Gott, di weist
GR17 [OEA8305-1] No.5: Brauner Bursche;
              No.6: Roslein dreie in der Reihe
GR17 [OEA8306-1*, 2] No.7: Kommt dir manchmal in den Sinn;
                 No.8: Rote Abenwolken
GR19 [OEA8307-1*, 2] Die Stadt (Schubert)
GR19 [OEA8308-1] Dithyrambe (Schubert)

37. 20th October, 1939, No.3 Studio, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
GR20 [OEA8311-1] Ellens zweiter Gesang (Schubert)
    [OEA8312-1] Wiegenlied (Wie sich der Auglein (Schubert)
GR18 [OEA8313-1*. 2] Der Tod, das ist die kuhle Nacht (Brahms)
GR18 [OEA8314-1*, 2] a) Der Gang zum Liebchen;
                 b) Therese (Brahms)
    [OEA8315-1, 2] Der Mond hat eine schwere Klag' erhoben (Wolf)
GR21 [OEA8316-1] Und willst du deinen Liebsten sterben sehen (Wolf)

38. 8th November, 1939, No.3 Studio, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
GR20 [OEA8312-2] Wiegenlied (Wie sich der Auglein (Schubert)
GR21 [OEA8315-3] Der Mond hat eine schwere Klag' erhoben (Wolf)

1947,48年、ゲルハルトは引退間際に、2度目のプライベート録音を行った。シューマンの「女の愛と生涯」、12インチ3枚、前回同様、ジェラルド・ムーアの伴奏である。 これは販売されずに、引退記念として、友人、知己に配られたらしい。
ゲルハルトの白鳥の歌であり、シューマンの世界への深い洞察と共感は感じられるものの、物理的には、音程や声の安定性がもはや彼女の要求に答えられなかったそうで、これは聴かない方が良さそうだ。

39. 16th July, 1947, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
Frauenliebe und Leben (Schumann):
[CTPX14933-1, 1A] No.1: Seit ich ihn gesehen
[CTPX14934-1, 1A] No.2: Er, der Herrlichste von allen;
               No.3: Ich kann's nicht fassen
[CTPX14935-1, 1A] No.4: Du Ring an meinem Finger;
               No.5: Helft mir, ihr Schwestern
[CTPX14936-1, 1A] No.6: Susser Freund;
               No.7: An meinem Herzen
[CTPX14937-1, 1A] No.8: Num hast du mir den ersten Schmerz getan
[CTPX14938-1] Meine Rose (Schmenn)

40. 14th January, 1948. Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
Frauenliebe und Leben (Schumann):
GS37 [CTPX14933-2*, 3] No.1: Seit ich ihn gesehen
GS37 [CTPX14934-2] No.2: Er, der Herrlichste von allen;
                No.3: Ich kann's nicht fassen
GS38 [CTPX14935-2] No.4: Du Ring an meinem Finger;
                No.5: Helft mir, ihr Schwestern
GS39 [CTPX14937-2] No.8: Num hast du mir den ersten Schmerz getan
    [CTPX15280-1] No.6: Susser Freund
GS39 [CTPX15281-1] No.7: An meinem Herzen

41. 18th February, 1948. Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
Frauenliebe und Leben (Schumann):
     [CTPX14937-3, 4] No.8: Num hast du mir den ersten Schmerz getan
GS38 [CTPX15280-2*, 3] No.6: Susser Freund

これで、エレナ・ゲルハルトの電気録音篇は終了する。
このほかに、ゲルハルトは、1930年代から40年代にかけて、BBCで23回のラジオ放送を行い、一部はアセテート録音が残っているようであるが、聴いたこともないので、割愛する。(了)

References
[1] http://ibotarow.exblog.jp/5804759
[2] Linda Austwick, "ELENA GERHARDT-A Biographical Sketch", The Record Collector, Vol.32, Nos. 8,9&10 (1987) 171-176.
[3] Desmond Shawe-Taylor, "The Recordings of Elena Gerhardt", The Record Collector, Vol.32, Nos. 8,9&10 (1987) 176-182.
[4] Alan Kelly & Ian Cosens, "Elena Gerhardt - A Discography" The Record Collector, Vol.32, Nos. 8,9&10 (1987) 183-201.
[5] エレナ・ゲルハルトの芸術 東芝EMI ARND-2007・8 (1993).
[6] "DER ABSCHIED" ELENA GERHARDT, 秘曲洞 ZRA-34 (1971?) . (追記、このレコードをお持ちの方は、ぜひRIAAイコライザを通さずに聴いてみてください。よりSP原盤に近い音になると思います。)
[PR]

by ibotarow | 2007-07-29 07:06 | 女声_電気録音 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ibotarow.exblog.jp/tb/5879232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< エージング終了      ゲルハルトの電気録音その1 >>