いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 8 )


2012年 01月 09日

ゲルハルトのNew Selection of Songs 1939

d0090784_8513848.jpg

このところ手抜き記事が多いが、1939年に、このアルバムが誕生した経緯はゲルハルトの電気録音その2に記した。
アルバムの構成は、
GR16, 17: ブラームスの「ジプシーの歌」8曲、
GR18: 同じくブラームスの「死は涼しき夜」、「恋人のところへ行く道」、「 テレーゼ 」の3曲
GR19, 20: シューベルトの「街」、「ディテュランボス」、「エレンの歌Ⅱ」、「子守唄」の4曲
GR21: ヴォルフの「月がひどい不満をぶちまけ」、「おまえの恋人をこがれ死なせる気なら」の2曲
である。
いずれも録音はすばらしい。ゲルハルトの豊かな声と精妙なニュアンスがよく捉えられている。
録音順リストを再掲すると、

12th October, 1939, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
Zigeunerlieder Op. 103 (Brahms):
GR16 [OEA8303-1] No.1: He, Zigeuner; さあ、ジプシーよ
              No.2: Hochgeturmte Rimaflut 高く波打つリマの流れよ
GR16 [OEA8304-1*, 2] No.3: Wiss ihr; 知っているかい 
                 No.4: Lieber Gott, di weist 神さま、おわかりですね 
GR17 [OEA8305-1] No.5: Brauner Bursche; 褐色の若者が 
              No.6: Roslein dreie in der Reihe 三つのバラが
GR17 [OEA8306-1*, 2] No.7: Kommt dir manchmal in den Sinn; 思い出すかい、ときどきは 
                 No.8: Rote Abenwolken 赤い夕べの雲が 
GR19 [OEA8307-1*, 2] Die Stadt (Schubert) 街
GR19 [OEA8308-1] Dithyrambe (Schubert) ディテュランボス(酔歌)

20th October, 1939, No.3 Studio, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
GR20 [OEA8311-1] Ellens zweiter Gesang (Schubert) エレンの歌Ⅱ(憩え漁師よ)
    [OEA8312-1] Wiegenlied (Wie sich der Auglein (Schubert) 子守唄
GR18 [OEA8313-1*. 2] Der Tod, das ist die kuhle Nacht (Brahms) 死は涼しき夜
GR18 [OEA8314-1*, 2] a) Der Gang zum Liebchen; 恋人のところへ行く道
                 b) Therese (Brahms) テレーゼ
    [OEA8315-1, 2] Der Mond hat eine schwere Klag' erhoben (Wolf) 月がひどい不満をぶちまけ
GR21 [OEA8316-1] Und willst du deinen Liebsten sterben sehen (Wolf) おまえの恋人をこがれ死なせる気なら

8th November, 1939, No.3 Studio, Abby Road, London, acc. by Gerald Moore (78 rpm)
(white label private recordings)
GR20 [OEA8312-2] Wiegenlied (Wie sich der Auglein (Schubert)
GR21 [OEA8315-3] Der Mond hat eine schwere Klag' erhoben (Wolf)

Und willst du deinen Liebsten sterben sehenは、1907年に、ニキシュの伴奏で吹き込んでいるので比べてみた。
まず1939年のを78回転で聴いて、次に1907年のをゲルハルトのラッパ吹込み(その1)中の数値に従って74回転で聴いた。
ピッチはこれでもだいぶ違うが、同じピッチに合わすには後者を66-67回転くらいにしなければならず、これでは胴間声になっていまう。元々のピッチが違うようだ。勘ぐれば、1939年は高い音が出なくなったのでピッチを下げたのだろうか?

74回転で聴く1907年は言うまでもなく声が若い、可憐と言ってもよい。音から次の音へ移るときのポルタメントが美しい。
ニキシュのピアノの音が要所要所で光っている。意外にも録音もそんなに遜色ない等々。

それに対して1939年は、声に貫禄がある。表現の幅が広い。強弱の幅も広いがこれは録音システムの違いかもしれない。
どちらを取るかと言われれば、もちろん1907年であるが、これは1939年を否定するものではない。
ピッチも違うし、別人の別の曲だと思えばよいのである(笑)。

このアルバムは、「みずほの部屋」さんのブログ[1]でアルバムの写真を拝見して欲しくなり、入手してみると、こんなはずではなかった、デザインが違う。ボクのほうがダサい。題名も違う。何だ、New Slectionとは?わざと中身がわからないようにボヤカシているのだろうか?

Reference
1) ゲルハルト: http://blogs.yahoo.co.jp/sp76rpm/12265392.html
[PR]

by ibotarow | 2012-01-09 09:12 | Trackback | Comments(4)
2009年 03月 31日

「オペラ座の壺」のレコードリスト

d0090784_10245818.jpg

承前、オペラ座の壺ですが、復刻CDがやっと入手できました。
ところが、解説がフランス語だけで、レコードリストにマトリクス番号がありませんし、ミスプリも多いです。
それで、しかたなく、ケリーを参照して、エクセルでリスト[1]を作りました。
BnFのサンプル音源へのリンクも貼り付けてありますので、全65面のうち21面を聴くことができます。

壺に入っていたレコードを簡単に紹介すると[2, 3]、

今回開封されたのは、no.1とno.4の壺である。
no.1のレコードは完全な形で取り出されたが、no.4のレコードの何枚かは、間に挟みこまれていたガラス板が割れて、傷がついていたようだ。
no.2は、未開封のまま将来に託された。またno.3は、破壊されて中身が持ち去られていた。

no.1は、すべて10インチ盤で、片面盤が3枚、残りの9枚は両面盤である。
レーベルはグラモフォンが6枚8面、ゾノフォンが6枚12面である。

no.2とno.3は、両方とも12インチ片面盤が12枚ずつ入っている。
すべてグラモフォン・レーベルではあるが、米Victor録音が、no.2では5面、no.3では6面とほぼ半数を占めている。

no.4は、10インチ4枚と12インチ8枚で、片面盤は4枚、残りは両面盤である。
米Victor録音が1面あり、残りはグラモフォン録音である。
Firmin Gemierによる、1912年6月13日のレコード埋設セレモニーのための、スピーチ盤が1枚入っている。

さて、復刻の出来具合ですが、
ボクのように、当時、蓄音機で聴いた音を再現したい、という方向とはちょっと違うようで、レコードに入っている情報を、最大限引き出そうという方針のようです。細かい音まで、きれいに復刻されています。
いかにも博物館のスタッフの手による、歴史的データの復元、という感じの復刻でした。

References
[1] http://www.geocities.jp/ibotarow/misc/Urnes.xls
[2] http://expositions.bnf.fr/voix/arret/01.htm
[3] http://louise200.exblog.jp/10419046/
[PR]

by Ibotarow | 2009-03-31 06:16 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 03日

拍手入りレコード

d0090784_13125783.jpg

メイプルソン・シリンダーのようなライブ録音は別として、録音の黎明期には、スタジオ・オーディエンスのアプローズの入ったレコードが少なからずあったようです。
バッティスティーニの1903年のワルシャワ録音[1]や、モーレルの1907年のファルスタッフ[2]は有名ですね。後者のモーレルは調子に乗って3回も歌っています、3回目はフランス語で。
この種のレコードは、当時のスタジオの雰囲気が生々しく感じられて、たいへん好ましいものです。

先日、Francisco d'Andrade(1859-1921)の1907年ベルリン録音の入った復刻CD[3]を購入したら、バッティスティーニと同じドン・ジョバンニのアリア「酒がまわったら」で、同じようにブラボー、アンコールの声が入って、2回繰り返して歌っていました。これはバッティスティーニのレコードを意識したんでしょうか?そういえば、聴衆の声が[1]に比べて非常に大きく、ラッパの前で叫んでいる感じです。ヤラセかもしれません。
d'Andradeは、バウアーのバイブルによると、Lyrophoneに10面の吹込みを残しています。いずれも彼だけの特別のマトリクス番号が振られました。最後のd'A 12だけが、後にParlophone 323として再発売されています。
なお、写真はd'Andradeのまさにそのシーンです。

それで、今まで聴いたことのある拍手入り録音を、備忘録として書き留めておくことにしました。ヴァイオリンでは、ヤン・クーベリックの1902年の未発売録音[4]があります。声楽ではソビノフの1901年モスクワ録音[5]があります。
これらのレコードに登場する聴衆とは何者だったのでしょうか?どこで読んだか忘れましたが、、それはスタジオ見学に来た人ではなく、スタジオの事務員や、近所のレストランからコーヒーを運んできたウエイターなどだったそうです。オペラ劇場では、アリアの後で拍手するのは当然の慣習ですので、レコーディング・スタジオでも思わず拍手してしまったんでしょうね。

ここまで書いて、ほかにも、もっと聴いたおぼえはあるのですが、思い出せません。
みなさんも拍手入りレコードをご存知でしたら教えてください。ここに書き加えていきたいと思います。

------------------------------------------------------
その後、
CARATE-JPさんから、Joaquin Malatsのピアノ・シリンダー[6]を、またmr.hmvさんから、コチアンのエルフィン・ダンス[7]と、アデリナ・パッティ1895年[8]とゼンブリッヒ1900年[9]のベッティーニ・シリンダーをご紹介いただきました。

[1] http://ibotarow.exblog.jp/3740428/
[2] http://ibotarow.exblog.jp/3732818/
[3] Francisco d'Andrade, Don Giovanni: Finch'han dal vino (Mozart) Lyrophon d'A 12, Vocal Rarities, SYMPOSIUM 1350(2006)
[4] Jan Kubelik, Garden Scene from Gounod's "Faust" (Wieniawski) G&T [2704w], Jan Kubelik, The acoustic recordings (1902-13), BIDDULPH LAB 033-34 (1990)
[5] Leonid Vitalyevich Sobinov, Rigoletto: La donna è mobile (Verdi) G&T 22495 [266b], Harold Wayne Collection Vol.36, Leonid Sobinov, SYMPOSIUM 1238 (1999)
[6] Joaquin Malats, "The Catalan Piano Tradition", VAI AUDIO, 1 CD: cat# 1001 http://www.vaimusic.com/CD/1001.htm
[7] Jaroslav Kocian (Vn) solo with Pf, 1903, New York?, 1458 Elfin Dance (Spies), Self Announce?
[8] Adelina Patti (Sop), Bettini Cylinder, Rec.@1895.06.15, IRCC No.3100 (9163) Manon Lescaut : Bourbonnaise (Auber)
[9] Marcella Sembrich (Sop),Bettini Cylinder, Rec.@1900, Voci di Primavera (J. Strauss II), Prima Records No.1001, EP 45rpm, Truesound Transfers TT-1901, Compact Disc
[PR]

by ibotarow | 2007-02-03 13:14 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 03日

ヒストリック・マスターズ

EMIのアーカイブから昔の原盤を借り出して、ビニールにプレスしていたヒストリック・マスターズが最近元気です。
http://www.historicmasters.org/?q=node/36
ニュースを読むと、創立者が亡くなったようですが、それがかえって残りのメンバーを奮い立たせたのかもしれません。

アデリナ・パッティの8枚組を出すそうです。このために、昔のハノーバーのプレス工場に残っていた金属原盤をDGGと協力して探し出したそうです。ヘイズにも同じ原盤はあるのですが、ハノーバーの方が、メッキの回数が少ないので、よりオリジナル・ワックス盤の状態に近いそうです[1]。こんなパッティは今まで誰も聴いたことがないでしょうと豪語しています。気になりますね・・・

この次はタマーニョの12インチ・セットだそうです。

補足
[1] 少し補足しますと、ワックス盤から取ったスタンパーをfirst shellというそうですが、ご存知のようにハノーバーのプレス工場は第1次大戦の勃発とともにドイツに接収されてしまったので、それ以降、ヘイズではfirst shellから複製したスタンパーでプレスしたそうです。それで今回、first shellを求めて、ドイツ・グラモフォンのアーカイブを調査した結果、めでたくパッティのfirst shellが見つかって、最新のLP製造技術でスタンパーを作ったそうです。ハノーバーも空襲に会っているので、当時、first shellを必死で守った人がいたのですねえ・・・

[2] 上記のHPのテクニカルノート[3]に、100年前のレコード製作プロセスが書いてあるので、概要を紹介します。

ワックス・マスターから昨日書いたfirst shellを作る工程ですが、まずワックス盤を導電化するためにグラファイトのダストをふりかけるそうです。それから電気鍍金を施し、銅のfirst shellができあがります。

これでプレスすればレコードができるわけですが、first shellもプレスするうちに劣化するので、実際のプレスに使うスタンパーは、first shellから複製を作ることによって行われました。
今なら鍍金処理で作るところですが、当時は、first shellを容器に入れそこに、ワックスと超微粒のパリ石膏を混ぜ合わせたものを流し込んで、ワックス盤の複製をまず作り、後は上記の工程を繰り返して、スタンパーを作ったそうです。ですからfirst shellは無傷で残り、必要に応じて、同じ方法でスタンパーを複製したそうです。

ところが、昨日書いたように、第1次大戦が始まり、ハノーバーのプレス工場は、英国のグラモフォン・カンパニーと袂を分かってしまったので、ハノーバーにあった、1914年以前の録音のfirst shellが使えなくなり、複製のスタンパーをまた複製して使うこともあったようです。

これでは当初のクオリティを維持するのが難しくなり、へイズは後にダビングによって、新しいマスターを作るようになるきっかけになったという話です。

[3] http://www.historicmasters.org/?q=node/58
[PR]

by ibotarow | 2006-12-03 17:45 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 17日

蓄音機再生の復刻CD

d0090784_14111635.jpg

Verdi Vive, Legendary performances on 78s of Giuseppe Verdi's Operas, Acoustic and electric recordings from 1903 to 1947, fonè 2046-47 (2000)

今まで聴いた蓄音機再生の復刻CDの中で、一番良く出来ていると思ったものです。
このCDの入手に当たっては、話せば長いことながら、2001年、前出の清水の知人が、フィレンツェの街角のレコード屋でこれを見つけて、私が好きそうなCDだと買って帰って聴かせてくれたのですが、今まで経験したことの無いすばらしい復刻音なのでCDRにコピーして楽しんでいました。それから2,3年して、横浜のタワーレコードのワゴンの中でこれにめぐりあったときのうれしさといったら、もう驚喜して捕獲したものなのです。

蓄音機で聴くSPレコードの魅力は、なんといっても、その音が新鮮で生き生きとしていることだと思うんですが、それがあまり失われずに取り込まれているところが、他の復刻CDではなかなか得難いところだと思います。

使用機材は、マイクがノイマンU47とU49、マイクアンプがNagra、録音機がNakamichi 1000だそうですが、肝心の蓄音機の機種名が書いてないのが残念です。
ちなみにNakamichi 1000はDATのようです。
http://www.asahi-net.or.jp/~mk7y-ksk/dats7.0/nakamichi/1000.html
[PR]

by ibotarow | 2006-09-17 13:36 | Trackback | Comments(2)
2006年 09月 14日

VictorのS/8盤について

d0090784_848043.jpg
d0090784_8481378.jpg

話題沸騰?のVictorのS/8盤ですが、The Victor Red Seal Discography Vol.1 [1}のイントロにあった、S/8の説明記事をご紹介します。
左の写真の一番右にあるように、S/8の刻印は、内周リムの9時の位置にあります。

S/8の説明の原文は、写真で見ていただくとして、拙訳は下記のとおりです。

S/8 Stampers.
Victorは、オリジナル・スタンパーの転写されたコピーからプレスされたレコードも作っていた。これらは1914年に登場し、S/8の記号で区別された。おそらく、たくさん売れたポピュラーなレコーディングに関しては、オリジナルの金属マスターが、複製に耐えなかったのであろう。

S/8に関する説明はどこにも無いし、Victorがどのようにして、この種のスタンパーを作るために、転写録音をしたかということも知られていない。
Victorは、いくつかのレコードを、オリジナル録音より、速いスピードで転写したようだ。もしそうなら、レコードの回転数は、78回転まで上げられていたかもしれない。ヨーロッパから輸入された、黒あるいは青のレーベルの少数のレコードは、転写され、S/8の記号を記されている。

S/8プレスは、比較的歪は少ないけれども、かすかに聞こえるサーフェス・ノイズがオリジナル・レコードから転写されている。
ある種のパンタグラフ装置が、元のレコードからの針の振動を、新しいワックス・マトリックスに伝えるために使われた可能性がある。

他の手段でコピーされたレコードもあったが、難点も持っていたようだ。新しいスタンパーを作るための、電気的方法も考えられるが、結果は満足できるものではなかった。また上述のスピードの変化という欠点もある。
Victorolaや、類似の蓄音機で再生されたレコードからレコーディングをすることは、いろいろな歪や、レコードが再生されるときの鉄針のサーフェス・ノイズを拾ってしまう可能性がある。

文献[1]から拾い出したS/8盤を下記に記します。数人の有名歌手に集中しているようです。皆さんも1枚くらいお持ちでは?
61178 Michailowa
61181 Michailowa
61201 Slezak
61202 Slezak
61203 Slezak
61207 Slezak
64113 Slezak
64119 Journet
64122 Elman
64139 Williams
64161 Carl Reich
64378 Sagi-Barba
66131 Mengelberg
74006 Journet
74008 Journet
74036 Journet
74164 Elman
74166 McCormack
74175 McCormack
74181 Williams
74191 Journet
74208 Gilibert
74213 New York Grand Opera chorus
74220 McCormack
74221 McCormack
74223 McCormack
74838 Elman
81023 Plancon
85020 Plancon
85024 Plancon
85065 Plancon
87001 Caruso
87053 Caruso
87071 Caruso
87112 Ruffo
87151 Caruso
88003 Caruso
88049 Caruso
88054 Caruso
88120 Caruso
88385 Butt
88393 Ruffo
88461 Chaliapin
88574 Homer
88657 Chaliapin
89030 Caruso
89031 Caruso
89035 Farrar
89045 de Lucia
89120 Paoli
89123 Battistini
89135 Battistini
95203 Caruso

参考文献
[1] John R. Bolig, "The Victor Red Seal Discography Volume 1: Single-Sided Series (1903-1925)", (Mainspring Press, Denver, Colorado, 2004) ISBN 0-9671819-8-4
[PR]

by ibotarow | 2006-09-14 20:01 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 08日

ミラーリング終了

この3日間、仕事の合間?に、せっせとコピーアンドペーストに励んだ結果、ミクシーと旧HPのSPレコード関連の記事をほぼ移し終えることができました。2005年3月までがミクシーで、それ以前が旧HPです。
知らなかったのですが、過去に遡れるのは2001年1月1日まででしたので、2000年後半の旧ホームページ立ち上げ時の、妙に気負った、恥ずかしい記事をお見せできずに済んだことは、不幸中の幸いであります。

写真がデカすぎる記事もありますが、HTML言語に不案内で、調整する方法を知らず、そのままにしてありますが、どうかご勘弁を。
[PR]

by ibotarow | 2006-09-08 19:50 | Trackback | Comments(0)
2005年 04月 17日

仮想蓄音機

http://www.collectionscanada.ca/gramophone/index-e.htm

上記サイト、まあ一度のぞいて見てください。エンマ・アルバーニの音源が12種類収録されています。
あとキャサリン・パーロウが35種類ありました。
[PR]

by ibotarow | 2005-04-17 07:58 | Trackback | Comments(2)