いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:管楽器その他( 4 )


2014年 03月 30日

反発磁界MCカートリッジで聴く「パリのモーツァルト」もどきは初夏の風

d0090784_944588.jpg

先日の「湘南SPレコード愛好会」で思いがけない人にお会いしました。ゴルフ院長です。
久しぶりにいろいろ目からウロコのお話をお聞きしました。
話の流れで、院長作のモノラルカートリッジをお借りできることになりました。
構造は、以前作っていただいた縦振動用の振動系を90度回転させたもので、同極どうしを対向させた磁石によって、間の空間に薄い円盤状の磁界を形成し、そこを円筒の空芯コイルが磁界を切るように振動する仕掛けです。
振動系は、GEの1ミル交換針を使用し、針チップのすぐ背中にコイルを背負っています。カンチレバーにはダンパーゴムの枕があるので、針圧は5~7グラムかけられる重針圧タイプです。
製作者ご自身の述懐として、「このモノカートは録音特性(カーブ)に敏感に反応するようです。 しかし低中音域の音味(力強さ)、奥行き感の再現性には作った本人も驚いています。」

最初に何をかけようか迷ったのですが、まずオーケストラの絃の音を聴きたかったので、
Club National Du Disque CND 539
を選びました。ウーブラドゥ指揮の交響曲「パリ」K.297です。
これを某オークションで初めて見かけたとき、あの「パリのモーツァルト」にも同じ曲があったな、でも会社が違うし同じ演奏のはずないよなあ、と思っていました。
でもXPTXという記号になんか見覚えがあるなと、オリジナル盤DTX194のレーベル写真を見てみると、なんと同じXPTX343でした。

Club National Du Disqueとは、パテといかなる関係のレーベルかは存じません。 同じマトリクスだから同じ音だとは思いませんが、少なくとも似た音はするでしょう。
CND 539のマトリクスは、
XPTX 343 21, M6 170807 交響曲第31番 ニ長調 K.297「パリ」(4楽章版)
XPTX 344 21, M6 170808 バレエ「レ・プティ・リアン」序曲と13の舞曲 K.Anh.10
です。
「パリのモーツァルト」はモーツァルト生誕200年を記念して1956年に発売されましたから、録音はおそらくその前年あたりに行われたでしょうか。
CND 539はグルーブガード盤ですから、1960年代のプレスだと思いますが、M6番号から見て、プレス時のカッティングではなく、当時の原盤だと思います。
これが果たしてオリジナル盤と同じスタンパーなのかどうか、オリジナルと聴き比べてみたい、せめてマトリクスの刻印を見たいものだと思っていましたが、先日、さる先達からDTX191のオリジナル盤を貸していただくという僥倖に恵まれました。

DTX191の内容は、
・クラヴサン&ヴァイオリンの為の協奏曲 ニ長調 K.Anh.56 
ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(Clav)、ジャック・デュモン(Vn)
F・ウーブラドゥ/ウーブラドゥ室内管弦楽団 
・ヴァイオリンソナタ第1番 ハ長調 K.6
・ヴァイオリンソナタ第2番 ニ長調 K.7  
・ヴァイオリンソナタ第3番 変ロ長調 K.8
・ヴァイオリンソナタ第4番 ト長調 K.9 
ロベール・ヴェイロン=ラクロワ(Clav)、ジャック・デュモン(Vn) 
・キリエ ヘ長調 K.33
ジャクリーヌ・セリエ(S)、ソランジュ・ミシェル(A)、ジャン・ジロドー(T)、ミシェル・ルー(B)
F・ウーブラドゥ/ウーブラドゥ室内管弦楽団
です。

さっそく、興味の的であったマトリクスを見比べました。
DTX191のマトリクスは、
XPTX 337 21, M6 170801
XPTX 338 21, M6 170802
です。
DTX194もどきのマトリクスを再掲すると、
XPTX 343 21, M6 170807 
XPTX 344 21, M6 170808
その結果、DTX194もどきはオリジナル盤と続き番号であり、写真のように同じ書体であることを確認しました。
XPTXのTの横棒と縦棒が離れているのが決定的証拠です。
d0090784_935496.jpg

さて、2枚の音をまず常用のタンノイ・バリレラで聴いてみました。イコライザはNABです。
DTX194もどき弦の音は徹底的に軽いです。
Discophiles Françaisとも違います。DF盤の弦はもっと芯のある力強さがありますが、 これはもっと軽く、もっと薄く、天女の羽衣のような感じです。見たことないけど。

DTX191オリジナル盤の「クラヴサン&ヴァイオリンの為の協奏曲」の絃は、それよりもう少し厚く、力がありました。
これでは194もどきがグルーブガード盤、オリジナル191がフラット厚盤という、見た目そのままやんけ!と言われるかもしれません。
でも先日、院長からお聞きした中の一つに、
「1950年代初期のレコードはビニールの材質が悪く、硬いので、音も力強い。時代が下るにつれてビニールの材質が良くなって、柔らかくなり、ふやけた音になった。」
というお話があり、これはDTX191とDTX194もどきの音の差とも符合し、なるほどと思いました。

次に院長作のカートリッジでDTX194もどき聴くと、天女の羽衣のような弦の音に”さわやかさ”が加わります。高音のレベルはかなり大きい感じなのに、不思議ときつくなりません。
初夏の風[1]のようにさわやかに吹き抜けます。

  かぜとなりたや

  はつなつのかぜとなりたや

  かのひとのまへにはだかり

  かのひとのうしろより ふく

  はつなつの はつなつの

  かぜとなりたや


Reference
[1] 川上澄生, 初夏の風, 川上澄生全集第一巻 (中央公論社, 1979)
[PR]

by ibotarow | 2014-03-30 09:48 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 22日

エティエンヌのクラリネット協奏曲をめぐる謎 後日譚2

d0090784_624198.jpg

DF2の地図なしジャケット盤(本当は何ていうのか知らないけど)が出ていたので、果たして音は違うか?という音楽好きの風上にも置けない不純な動機で入手しました。

これは、以前は1941年録音ではないかと思っていたジャケットですが、前々回に書いたように、クラリネット五重奏曲とのカップリングはすべて1953年録音だと判明しています。
でもLP初心者としては、ひょっとしてカッティングやスタンパーが違うかもしれないと思ったのです。
ちなみに、地図ありジャケット盤の刻印は下記のとおりです。

DF 2 1C3, PARTX 19513, M6 148668  (協奏曲)
DF 2 2C3, M6-140568  (五重奏曲)

それが先日届いて、不純な期待にうちふるえながら中身を見てみると、刻印の形、位置とも地図ありジャケット盤と同じでした。
ガックリ。
今後、DF盤のジャケット違いは追いかけないことにします。今回は勉強になりました。

しかし、スタンパー(M6番号)まで同じなので音は同じはずですが、ちょっと違う気がします。
古い方の地図なしジャケット盤は磨り減って高音が減衰している??

あとは、新生ディスコフィル・フランセから発売されている24 bit/ 96 kHzのデジタルファイル、
http://www.qobuz.com/album/francois-etienne-maurice-hewitt-et-le-quatuor-vegh-mozart-concerto-et-quinttette-pour-clarinette/3760201860144
が気になるところです。

------------------------------------------------------------------------------------------------

その後、地図なしの方の盤面を仔細に眺めたら、第2面に下記のマトリクス番号
PARTX 16354
がレーベルの下に刻印されているのに気がつきました。地図あり盤では消されたようです。
でもM6番号は同じなので、同じ盤であることには変わりありませんが、授業料を払ったかいがあったというもんです。
オリジナルの刻印を改めて書いておきます。
DF 2 1C3, PARTX 19513, M6 148668  
DF 2 2C3, PARTX 16354, M6-140568
[PR]

by ibotarow | 2013-09-22 06:28 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(3)
2013年 09月 01日

エティエンヌのクラリネット協奏曲をめぐる謎 後日譚

d0090784_659196.jpg

前報で一件落着と書きましたが、DF2(type 1) の旧録音は見たことも聴いたこともなく、入手するすべもありません。この録音は、長年、同曲演奏のランドマークでありリファレンスであったそうで、大変気になるところです。

その後、エピクロスさんが3種類の異種同演盤を秘蔵されていることがわかり、しかもそのうちの2種は1941年の録音らしいとのこと。
そこで8月某日、猛暑の中をエピクロスさんにご足労願ってレコードをお持ちいただき、オリジナル盤との聴き比べを行いました。 比較したレコードは下記の4種類です。

Discophiles Français DF2
DF 2 1C3, PARTX 19513, M6 148668
DF 2 2C3, M6-140568

Discophiles Français-VOX DLP 6660
XTV 11962
XTV 11963

東芝 AB-8089
730042-1 1S
730042-2 1S

EMI reference 2C051-73051
73051 MA21, M6 335775 3
73051 MB21, M6 335776 3

まず、ディスコフィル・フランセのオリジナル盤DF2の1953年録音を聴いた後、1941年録音だというDF-VOX盤を聴きました。
これは12インチ盤ですが、ディスコフィル・フランセのDF2に3種類あるうちの、最も初期の10インチ盤と、カップリングの葬送曲K.477を含め同じ演奏のようです。

音は、1941年の録音としては並というところです。
盤の変わり目にはピッチが変わるので、回転数の補正はしていないようです。
演奏は、1901年生まれのエティエンヌより、1884年生まれのエウィットの方が新旧の差が大きいです。
1953年に較べて元気溌剌、スピードが速い、若々しい演奏です。
でも、WEB上で見たあるブログでは、新録音は旧録音に「遠く及ばない」と書かれていましたが、そんなこともないと思いました。
あえて言えば、エティエンヌはたしかに若く勢いがありますが、ぶっきらぼうと言えないこともないと思います。

次に東芝盤を聴きました。岡俊雄氏の解説ではこれも1941年録音だということでしたが、これは明らかに新録音ですね、
上に書いたマトリクス番号730042は、ディスコフィル・フランセの再発盤のカタログ番号といっしょなので、これはそのマスターテープをもとに作られたと思われます。
音は、オリジナルと大きく異なり、高音を強調したシャープなものです。
これの編集にかかわったのが、現グリーンドアの吉野金次氏だそうです。 モニターは当時の東芝のスタジオで使われていたアルテック604Eだったそうですが、さもありなんという音でした。

次は仏EMIのレファレンスシリーズで、マトリクスを見ると、オリジナルとは違う、新しいカッティングのようです。
音は、オリジナル盤の、良く言えば軽み、悪く言えば薄っぺらさはありません。オリジナルよりまともなバランスとも言えます。
EMIとはいえ、フランス・プレスですが、むしろALP盤に近い音色を感じました。

最後に参考として、グリーンドアのハイドン・ソサエティ盤からの板起こし復刻CDも聴きましたが、音色として東芝盤に近く、想像していたより良かったことを付記します。

というわけで、DF-VOX盤は演奏が違うので別格として、お国柄によってさまざまに異なる音を味わうことができました。
貴重なレコードをお持ちいただいたエピクロスさんに、厚く感謝申し上げます。
[PR]

by ibotarow | 2013-09-01 07:25 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(5)
2013年 08月 19日

エティエンヌのクラリネット協奏曲をめぐる謎

d0090784_9561271.jpg

どうも夏になると暑苦しいSPより、涼しげなLPを聴きたくなるようで、最近ディスコフィル・フランセ盤のクッキリスッキリ系の音に嵌っています。
それで、きっかけは何か忘れましたが、フランソワ・エティエンヌというクラリネット吹きを知りまして、標記のレコードが欲しくなりebayで探していたのですが、やはりLPはSPに較べて競争相手が多いですね、なかなかゲットできませんでした。

そうこうするうち、Loreeさんから、
「この録音は1941年6月に78回転SPレコード4枚に録音されたもので最初期のLPに転写された。再録音は1952年に同じエヴィット管弦楽団と行なわれたので混同されている。(グッディーズ/33CDR-3395)」
との情報をいただきました。

それでちょっと調べてみると、SP盤の録音データを見つけましたので書き留めておきます。

Mozart - Clarinet Concerto in A major K622
I. Allegro (2½ sides)
II. Adagio (1½ sides)
III. Rondo (2 sides)
L' Orchestre de Chambre Hewitt, Maurice Hewitt
François Etienne, clarinet
Les Discophiles Français 8-10
Matrices PART 1695 to 1700, all first takes (M6-102645/50)
Recorded July 1941
The 1941 date is suggested by the M6 numbers. It may be that Etienne recorded this concerto twice.

やはり2回録音したようです。
そこで、CHARMで検索してみると、

CatNum: EX25018
Label: Les discophiles français
Date: 1953-01-01
Venue: Paris, Salle Apollo
Composer: MOZART
Title: Clarinet Concerto in A major, KV622
Performer: Francois Etienne, clarinet
Conductor: Hewitt, Maurice

が、まずヒットしました。1953年1月の録音です。 またカタログ番号EX25018は、25センチ盤です。
しかし、次にヒットしたDF2には日付がありません。、

CatNum: DF2
Label: Les discophiles français
Composer: MOZART
Title: Clarinet Concerto in A major, KV622
Performer: Francois Etienne, clarinet
Conductor: Hewitt, Maurice

これはどういうふうに考えたら良いのでしょうか?
ボクの知る限り、エティエンヌのクラリネット協奏曲/五重奏曲には少なくとも3種類のジャケットがあります。地図なしDF2、地図ありDF2、そしてDF730.042です。
1941年の録音は上の説明によると「最初期のLPに転写された」そうですので、DF2の最初期盤はこの録音だと考えるのが自然でしょう。そして、いつかの時点で1953年の録音に差し替えられたと。
それを検証するためには、DF2のマトリクス情報を見たいところですが、いろいろ探し回ったところ地図ありDF2は、

Les Discophiles Français DF2
DF 2 1C3, PARTX 19513, M6 148668
DF 2 2C3, M6-140568 (クラリネット五重奏曲)

であることが判明しました。ここで興味深いのは、DF2のM6番号で、協奏曲の方が五重奏曲より新しいことです。つまり後で製盤されています。
想像をたくましくすれば、五重奏曲は1952年なので、協奏曲は1953年の再録音ではないか、と考えられないこともありません。

-------------------------------------------------------


More
[PR]

by ibotarow | 2013-08-19 10:19 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(2)