いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヴァイオリン_電気録音( 43 )


2017年 09月 10日

デジタル化その15 アンリ・マルトー

15回目は、Henri Marteau (1874-1934)のカルメン幻想曲です。

Electrola
12 December 1927, Berlin, w. Pancho Wladigueroff (pf)
EH 104, 4-047900 [CW 1425-I△, G, 1] Carmen Fantasia Op.25, pt.1 (Bizet-Sarasate)
EH 104, 4-047901 [CW 1426-II△、R, 1] Carmen Fantasia Op.25, pt.2 (Bizet-Sarasate)

マルトーはカルメン幻想曲を2回録音していますが、これは1回目の録音EH 104です。
ちなみに2回録音した由来はアンリ・マルトーのカルメン幻想曲に書きましたが、2回目の録音EH 413は、

5 November 1928 Berlin, w. Pancho Wladigueroff (pf)
EH 413 [CLK 4702-2] Carmen Fantasia Op.25, pt.1 (Bizet-Sarasate)

June 1930, Berlin, w. Clemens Schmahlstich (pf)
EH 413 [CNR 741-2] Carmen Fantasia Op.25, pt.2 (Bizet-Sarasate)

で、パート1とパート2の録音日は2年近い隔たりがあり、ピアノ伴奏者も異なります。

マルトーの愛器はマギーニ[1]で、マルトーの伝記[2]によると、このマギーニは伝説の名器で、オーストリアのマリア・テレジアからモーツァルトに贈られたものです。
しかしモーツァルトは生活苦のため手放し、その後フランスにわたってマルトーの恩師レオナールのものとなり、彼の死後、16歳のマルトーに譲られたものだそうです。

回転数は、Symposiumの復刻CD[3]と聴き比べた結果、76 rpmとなりました。
念のため、もう一つの復刻CD[4]と比べてみると、78 rpmで音程は合うのですが、不思議なことにテンポが合いません。CDの方が速いのです。
こちらの方が新しいので正確かと思っていましたが、何を根拠にこういう処理をしたのかわかりませんので、これは採用を見合わせます。

76 rpmで再生したカルメン幻想曲の音源をこのページにアップしました。

今回は新しい試みとして、
EH 104 [CW 1425-I△, G, 1] Carmen Fantasia Op.25, pt.1 (Bizet-Sarasate)

EH 104 [CW 1426-II△、R, 1] Carmen Fantasia Op.25, pt.2 (Bizet-Sarasate)
をつないでみました。間隔の長さは適当です。
上の曲名をクリックしてください。


References
[1] Giovanni Paolo Maggini https://en.wikipedia.org/wiki/Giovanni_Paolo_Maggini
[2] 戸張通子,『マルトー 大作曲家たちを虜にした世紀の大ヴァイオリニスト』(ショパン, 2010)
[3] Important Early Sound Recordings - Violinists Vol. 1, SYMPOSIUM 1017 (1994)
[4] HENRI MARTEAU Swedish pupils & colleagues, Caprice, CAP 21620 (2000)



[PR]

by ibotarow | 2017-09-10 07:22 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 27日

デジタル化その14 マヌエル・キロガ3

キロガ最終回は、パテアール30 cm盤2枚、

Pathe
1928-29 Paris, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
X. 5527 [N 300893 A-1] La Gitana (Kreisler)
X. 5527 [N 300901-R A1] Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)
X. 5528 [N 300918 R A2] Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
X. 5528 [N 300919 - A1] La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)

アートレーベルについては、ニノン・ヴァランのパテ・アールにちょっと書きましたが、スイス生まれの画家、François-Louis Schmied (1873-1941)のデザインによるアールデコスタイルのレーベルです。
Marstonの復刻CDの解説[1]によると、1927年10月、電気録音システムの導入とともに登場しました。
最初は29 cm盤(orange and gold)と、30.5 cm盤 (multicolor with orange border)の2種類でしたが、1929年、30.5 cmは30 cmにサイズダウンされました。
1930年にパテが新しいナンバリングシステム(90000,91000,92000など)を開始し、アートレーベルをやめる直前に、25 cm盤 (royal blue and steel grey)が加わりました。
なお、ニノン・ヴァランの縦振動電気録音に書いたように、25 cm盤と 同じレーベルが29cmの縦振動盤にも使われています。

回転数は、Symposiumの復刻CD[2]と合わせた結果、80 rpmとなりました。

1枚目5527の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3732651/

ロマンサ・アンダルーサ(サラサーテ)
X. 5527 [N 300901-R A1] Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

ジプシーの女(クライスラー)
X. 5527 [N 300893 A-1] La Gitana (Kreisler)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

2枚目5528の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/5498386/

ロンド・デ・ルタン(バッツィーニ)
X. 5528 [N 300919 - A1] La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

ホタ・アラゴネーサ(サラサーテ)
X. 5528 [N 300918 R A2] Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
は、上記の曲名をクリックしてください。

References
[1] Ninon Vallin The Complete Pathé-Art Label Recordings 1927-1929, Marston 52006-2 (1996)
[2] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-27 07:17 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日

デジタル化その13 マヌエル・キロガ2

d0090784_13421492.jpg

キロガの2回目は、パテアール25 cm盤2枚、

X. 9938 [N 300892 A-1] Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
X. 9938 [N 300894 A-1] Tango (Albeniz-Kreisler)
X. 9944 [N 300916 A.1] Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
X. 9944 [N 300917 - A1] Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasa)

パテの録音は、拙ディスコグラフィから再掲すると、下記の通り、25 cm盤(9900番台および98000番台)10面と30 cm盤(5500番台)6面の計16面です。
もっとも、このリストは復刻CD[1,2]を基にしたものなので、他にもあるかもしれません。

Pathe
1928-29 Paris, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
[N 300892] X. 9938 Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
[N 300893] X. 5527 La Gitana (Kreisler)
[N 300894] X. 9938 Tango (Albeniz-Kreisler)
[N 300895] X. 9943 Cadenza for Tartini's "Devil's Trill" Sonata (Kreisler)

[N 300901] X. 5527 Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)

[N 300915] X. 9943 Sonates progressives: no 1 in F major, J 99/Op. 10 no 1 - Larghetto (Weber-Kreisler)
[N 300916] X. 9944 Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
[N 300917] X. 9944 Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasate)
[N 300918] X. 5528 Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
[N 300919] X. 5528 La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)

[N 350068] X. 5539 Romance No. 2 in A (Schumann-Kreisler)
[N 350069] X. 5539 Indian Lament (Dvorak-Kreisler)
[N 350070] X. 98002 Chanson espagnole, Op. 150 "Serenade espagnole" (Chaminade- Kreisler)

[N 350092] X. 98001 Rondino on a theme by Beethoven (Kreisler)
[N 350093] X. 98001 Frasquita: Serenade (Lehár-Kreisle)
[N 350094] X. 98002 Spanish Dances, Op. 23: no 2, Zapateado (Sarasate)

マトリクスで見ると、30万番台と35万番台の2期に分かれますが、これが1928年と1929年に対応するのでしょうか。
また、Marstonの復刻CDの解説[3]によると、カタログ番号90000番台は1930年から使用されたそうです。上のリストの98000番台2枚は1930年以降の発売と思われます。

回転数は、Symposiumの復刻CD[1]と合わせた結果、80 rpmとなりました。

1枚目9938の音源はこのページにアップしました。

ホタ(フャリャ)
X. 9938 [N 300892 A-1] Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

タンゴ(アルベニス-クライスラー)
X. 9938 [N 300894 A-1] Tango (Albeniz-Kreisler)
は、上記の曲名をクリックしてください。

2枚目9944の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3740976/

夕べの歌(シューマン-ウィルヘルミ)
X. 9944 [N 300916 A.1] Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

タランテラ(サラサーテ)
X. 9944 [N 300917 - A1] Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasa)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)
[2] マヌエル・キロガを讃えて, グリーンドア音楽出版 GDCS-0032 (2009)
[3] Ninon Vallin The Complete Pathé-Art Label Recordings 1927-1929, Marston 52006-2 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-20 08:06 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 13日

デジタル化その12 マヌエル・キロガ1

d0090784_07490288.jpg

Manuel Quiroga (1892–1961)の電気録音を3回の予定で採り上げます。
先ず、米Victorの10インチ盤2枚4面。
DAHR[1]によると、米Victorへの録音は下記の通りです。

1928.5.23 Camden, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
[BVE-45056-1] Hold Segunda guajira (Quiroga)
[BVE-45056-2] Master 1341 do
[BVE-45056-3] Hold do
[BVE-45057-1] Master 1336 Danza española (Quiroga)
[BVE-45057-2] Hold do
[BVE-45057-3] Hold do
[BVE-45058-1] Master 1341 Rondalla (Quiroga)
[BVE-45058-2] Hold do
[BVE-45059-1] Hold Canto amoroso (Quiroga)
[BVE-45059-2] Master 1336 do
[BVE-45059-3] Hold do

いずれもキロガの作曲で、ピアノ伴奏はキロガ夫人。
なお、クライトン[2]には、
Victor 65330
Jota navarra (Sarasate)
Miramar-Zortzico (Sarasate)
が載っていますが、[1]で検索してもヒットしませんでした。
発売された4曲について、キロガの作品カタログ[3]によると、

Segunda guajira: Cuban Dance for violin and piano.“Danza Española Nº 3.”
Danza española: Argentinian Dance (Tango) for violin and piano.“Danza Española Nº 2.”
Rondalla: Andalusian dance setting for violin and piano.
Canto amoroso: Original composition (song) for violin and piano.

回転数は、Symposiumの復刻CD[4]と合わせた結果、78 rpmとなりました。

1枚目1336の音源はこのページにアップしました。

ダンサ・エスパニョーラ
1336 [BVE-A45057-1] Danza española (Quiroga)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

カント・アモローソ
1336 [BVE-A45059-2] Canto amoroso (Quiroga)
は、上記の曲名をクリックしてください。

2枚目1341の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3740960/

ロンダーラ
1341 [BVE-A45058-1] Rondalla (Quiroga)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

セグンダ・グアヒーラ
1341 [BVE-E45056-2] Segunda guajira (Quiroga)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Discography of American Historical Recordings
http://adp.library.ucsb.edu/index.php/talent/detail/44536/Quiroga_Losada_Manuel_instrumentalist_violin
[2] James Creighton. "Discopaedia of the violin 1889-1971", Univ. of Toronto Press (1974)
[3] Ana Luque Fernández, "THE WORKS OF MANUEL QUIROGA: A CATALOGU"
http://etd.lsu.edu/docs/available/etd-1205101-103814/unrestricted/Luque_Fernandez_dis.pdf
[4] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-13 07:53 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 30日

デジタル化その11 ジョルジュ・エネスコ4

d0090784_08304504.jpg

エネスコ最終回は、ショーソンの詩曲、

19 Apr 1930, Sanford Schlüssel, piano
50273-D [98621-12] Poème Op. 25 - 1 (Chausson)

18 Mar 1929, Sanford Schlüssel, piano
50273-D [98622-6] Poème Op. 25 - 2 (Chausson)

19 Mar 1929, Sanford Schlüssel, piano
50274-D [98623-5] Poème Op. 25 - 3 (Chausson)
50274-D [98624-6] Poème Op. 25 - 4 (Chausson)

ブラックレーベルは、文献[1]によると、電気録音が開始された1925年6月から使われたそうです。
このレーベルは時期によって、いくつか変遷があります。
最初は、"Viva-tonal Recording"の表記が無く、
ca. 1925-1926: 3 patent dates shown at bottom
ca. 1926: 2 patent dates shown at bottom
1927年1月から、"Viva-tonal Recording"と"ELECTRICAL PROCESS"の表記が加わりました。
それ以降、
1927-1928: 2 patent dates (1913-1923) shown at bottom
1928-1929: 1 patent date (1913) and "RE. 16588" at bottom
1929-1930: 1 patent date (1913), "RE. 16588 AND 1702564" at bottom
1930-1932: "RE. 16588 AND 1702564" only shown at bottom
さらに、
Late 1932: "Viva-tonal Recording" dropped and "78 R.P.M." shown above logo
となり、1939年まで使われました。

ここで、くだんのレーベルを見てみると、
MADE AND PAT'D IN U.S.A. JAN. 21,'13 AND RE. 16588 AND 1702564
と書いてありました。
上のリストに照らすと、1929-1930年のレーベルですので、初版と言って良いでしょう。
ちなみに、前々回の50235-Dも全く同じ表記でした。

回転数は復刻LP[2]と復刻CD[3]に合わせた結果、78 rpmとなりました。

ショーソンの第1面の音源はこのページにアップしました。

50273-D [98621-12] Poème Op. 25 - 1 (Chausson)

写真をクリックすると音が出るはずです。
残りの面は下記をクリックしてください。

50273-D [98622-6] Poème Op. 25 - 2 (Chausson)
50274-D [98623-5] Poème Op. 25 - 3 (Chausson)
50274-D [98624-6] Poème Op. 25 - 4 (Chausson)


References
[1] Michael W. Sherman & Kurt R. Nauck III, "Note the Notes, An Illustrated History of the Columbia 78 rpm Record Label", Monarch Record Enterprises (1998)
[2] Georges Enesco, VERITAS VM111 (1967)
[3] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)


[PR]

by ibotarow | 2017-07-30 08:07 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 23日

デジタル化その10 ジョルジュ・エネスコ3

エネスコの3回目は、ヘンデルのソナタNo.4、

18 Mar 1929, Sanford Schlüssel, piano
5110-M [98617-5] Sonata No.4 in D Major: Adagio (Handel)

11 Feb 1929, Sanford Schlüssel, piano
5110-M [98618-2] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)

18 Mar 1929, Sanford Schlüssel, piano
5111-M [98619-5] Sonata No.4 in D Major: Larghetto (Handel)

11 Feb 1929, Sanford Schlüssel, piano
5111-M [98620-1] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)

ブルーレーベルですが、文献[1]によると、上部に"NOT LICENSED..."と書かれたこのレーベルは、1933年から1936年まで使われたそうです。つまり1925年から使われた"Viva tonal"ブラックレーベルの後のプレスということになります。

ちなみに[1]によると、1930年代前半は米Columbiaにとって激動の時期で、3年の間にオーナーが3回交代しました。
1931年の春、Electrical and Musical Industries Ltd. (EMI)の設立に伴って、ColumbiaのU.S. branchは、Columbia Graphophone Co. Ltd.から分離されました。
1931年の終わり頃、Columbiaの所有権は、Majestic radioを作っているGrisby-Grunow Companyに移りましたが、Grisby-Grunowは1934年初めに倒産し、Columbiaは、Brunswick, Vocalion, Perfect等のレーベルを所有しているAmerican Record Corp.に買収されました。

回転数は復刻LP[2]と復刻CD[3]に合わせた結果、78 rpmとなりました。

ヘンデルの第1面の音源を下記にアップしました。

5110-M [98617-5] Sonata No.4 in D Major: Adagio (Handel)
http://ibotarow.exblog.jp/3740643/

写真をクリックすると音が出るはずです。
残りの面、

5110-M [98618-2] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)
5111-M [98619-5] Sonata No.4 in D Major: Larghetto (Handel)
5111-M [98620-1] Sonata No.4 in D Major: Allegro (Handel)

は、写真の下のマトリクス番号98618, 98619, 98620をクリックしてください。

References
[1] Michael W. Sherman & Kurt R. Nauck III, "Note the Notes, An Illustrated History of the Columbia 78 rpm Record Label", Monarch Record Enterprises (1998)
[2] Georges Enesco, VERITAS VM111 (1967)
[3] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)


[PR]

by ibotarow | 2017-07-23 08:01 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日

デジタル化その9 ジョルジュ・エネスコ2

関東地方の梅雨明けはまだ発表されていませんが、体感的にはもう明けた気がしますので再開します。

Georges Enesco (1881-1955)の電気録音6枚を3回の予定でとり上げますが、
まずコレルリのラ・フォリア、

19 Mar 1929
J7940 [98627-5] Sonata in D minar "La Follia" -1 (Corellil)
1930?
J7940 [98628-10] Sonata in D minar "La Follia" -2 (Corellil)

パート2の98628はテイク10ですが、文献[1]にはテイク7までしか載っていませんので、テイク10の録音年月日は不明です。

次は、プニャーニのラルゴ・エスプレッシボとクライスラーのテンポ・ディ・メヌエット、

19 Apr 1930
50235-D [98687-4] Largo Espressivo (Pugnani)
50235-D [98688-4] Tempo di Menuetto in the style of Pugnani (Kreisler)

さて、回転数は前回と同じく80 rpmだろうと思いましたが、復刻CD[2]に合わせてみました。
その結果、予想外の78 rpmとなりました。
本当かなあと思いましたが、同じ復刻CDでラッパ吹込みは80 rpm、電気録音は78 rpmと使い分けているので、それなりの根拠はあるようです。
念のため、米Columbiaの復刻LP[3]とも比べてみましたが、やはり78 rpmでした。
米Columbiaは電気録音時代になって78 rpmに統一したのでしょうか。

しばらくやっていなかったので、アップロードの手順を忘れて手間取りましたが、コレルリのラ・フォリアの音源を下記にアップしました。

J7940 [98627-5] Sonata in D minar "La Follia" -1 (Corellil)
http://ibotarow.exblog.jp/3740758/

パート1は、写真をクリックすると音が出るはずです。
パート2
J7940 [98628-10] Sonata in D minar "La Follia" -2 (Corellil)
は、写真の下のマトリクス番号98628をクリックしてください。

プニャーニのラルゴ・エスプレッシボの音源は下記にアップしました。

50235-D [98687-4] Largo Espressivo (Pugnani)
http://ibotarow.exblog.jp/3740638/

写真をクリックすると音が出るはずです。

クライスラーのテンポ・ディ・メヌエット
50235-D [98688-4] Tempo di Menuetto in the style of Pugnani (Kreisler)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

Reference
[1] Tim Brooks and Brian Rust,"The Columbia Master Book Discography vol. 4:
U.S. Twelve-Inch Matrix Series, 1906-1931", p.241
[2] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)
[3] Georges Enesco, VERITAS VM111 (1967)


[PR]

by ibotarow | 2017-07-16 08:04 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 18日

ベートーヴェンOp.1 ステレオvs.モノラル

d0090784_17544325.jpg

定年になって時間ができるとブログの更新もどんどんできると思っていたのですが、どうも最近モチベーションが上がりません。
つらつら考えるに、以前は仕事からの逃避がブログを書く原動力になっていたようで、逃避する必要がなくなった今、モチベーションもだんだん低下してきたと思われます。
というようなことを、先日ある会の忘年会でさる先達に申し上げたところ、それは燃え尽き症候群だと言われました。
それではいけないと、今レオ・スレザークのディスコグラフィーを作っているのですが、年内に出来上がりそうにないので、前にミクシーに書いた記事でお茶を濁します。

ベートーヴェンのピアノトリオ作品1ですが、ハンガリートリオ演奏のステレオ盤DF740.003のことを以前ちょっと書きました。
これのモノラル盤DF730.032がずっと気になっていたのですが、音の違いを聴きたいという不純な動機で、とうとう入手してしまいました。
それが先日到着して、さっそく聴き比べてみました。
マトリクスは下記のとおりです。

DF740.003 
[740003 1 21, M6 209095] Op.1-1 (1959 April 6 - 11)
[740003 2 21E, M6 210170] Op.1-2 (1959 April 9 - 11)

DF730.032
[730032 1 22, M6 209722] Op.1-1
[730032 2 21, M6 207698] Op.1-2

まず感じたのは、音の違い以上にトレースの安定度で、モノラルの方がはるかに安定しています。
次に感じたのは、音源の位置で、ステレオは当たり前ですが、3つの楽器がバラバラの位置から聴こえるのに対して、モノラルは、一か所からまとまって聴こえるので、音楽も一体感があるように聴こえます。

それで本題の音ですが、ステレオの方が多少派手に色付けされているようで、音楽が華やかで、躍動感があります。
それに対してモノラルは、ステレオより素朴で静かな、落ち着いた音楽に仕上げられています。

う~ん、個人的には、ベートーヴェンの処女作としては、ステレオの元気な音楽の方がふさわしいと思いますが、これはボクがはたちの頃にステレオ盤を聴いたときの刷り込みがあるかもしれません。
モノラルで聴く作品1は、ステレオより大人びて聴こえます。

でも、これほど違いがあるとは思ってもみませんでした。
これはカッティングの機械の差なのか、あるいは意識的にやっているのか?
いずれにしてもフランス盤はひねくれてます。

その後、このトリオの録音はステレオ、モノラル取り混ぜて下記のように全曲集まりました。
3番以降についてはいずれそのうち。

Beethoven Trios n° 1 & 2: 740.003, 730.032
Beethoven Trios n° 3 & 4: 730.034,
Beethoven Trios n° 5 & 6: 740.005
Beethoven Trio n° 7 Archiduc: 740.006
Beethoven Trios n° 8, 9, 10 & 11: 730.033
[PR]

by ibotarow | 2016-12-18 07:05 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 22日

ボベスコ/ルグランのモーツァルト・デュオ

d0090784_1346138.jpg

先日、標記のレコードALPHA CL-3010がebayに出ているのを見つけ、しんぼうたまらず、土門拳がシャッターを押すときのような気迫を込めて入魂のビッドを放ち、無事落札しました。

MOZART duos for violin & viola K 423 & K 424
LOLA BOBESCO violin
FREDDY LEGRAND alto
FRENCH PRESSING ALPHA - CL 3010

それが到着しましたので、さっそくタンノイ・モノで聴いてみました。

K 423
[XPARTX 44340 21, M6 217655]
まだCL-3008と聴き比べていませんが、一聴後の印象は、ナローレンジだなと感じました。
そのためか、ヴァイオリンの音色は鮮明というよりツヤやかに聴こえます。

演奏は溌剌として可憐、細腕ボベスコの魅力満開です。

K 424
[XPARTX 44341 21, M6 217656]
この曲は先日入手したCD、
Hommage a l'Ecole Franco-Belge de Violon - Lola Bobesco & Henri Lewkowicz,
Spectrum Sound, CDSMBA014 (2016)
に、1961年3月31日録音の同じカップルの演奏があります。

音はCDの方が鮮明です。
二つの楽器のバランスは、CDでは並んでいますが、レコードはうれしいことにボベスコが前に出ます。

演奏はK 423と違って優美です。落ち着いた感じで、CDより完成度が高いと思いました。
CDは躍動感がありますが、音程が雑なところもあります。

年金生活者には分不相応な買い物でしたが、その価値は十分あったと思います。

ただ、後日、知人がヤフオクでこのCL-3010をもっと安く落札したと言うのを聞いて悔しい思いをしました。
でも1960年の録音らしいとわかったのがせめてもの収穫。

CL-3008 L´age d´or du Violonのマトリクスは、
[XPARTX 44328 21, M6 214500] Veracini, Tartini
[XPARTX 44329 21, M6 214501] Haendel, Leclair
で、CL-3010とほとんど同じなので、CL-3008も1960年の録音かもしれません。
d0090784_13463755.jpg

[PR]

by ibotarow | 2016-10-22 13:57 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 02日

ボベスコのl'age d'or du violon その後

d0090784_943352.jpg

CL4008と聞いただけで、ボベスコの「ヴァイオリンの黄金時代」ステレオ盤だとわかった方は、重症のボベスコ中毒です。そういう人を約二人知っています。

Alpha CL 4008 Stereo L´age d´or du Violon.
Handel: Sonata No. 4;
Leclair: Sonata in D major;
Veracini: Sonata in C major;
Tartini: Sonata in G major.
Lola Bobesco, violin & Jacques Gentry, piano.

今まで、DB177とCL3008があるので、もうCL4008はいらないと思っていましたが、このたび、はからずも入手することができました。
なぜ入手できたかというと、入札時に3人の同席者から念力をもらったことと、ジャケットがボロボロだったので、あまり高額にならなかったためです。
ちなみにセラーによるコンディションの説明は、

Side 1 looks fine and plays NM-
Side 2 is noisier and plays VG+/VG with light ticks and short ticking here and there.
Cover is surprisingly bad comparing it to the condition of record, please see pictures.

セラーはフィンランドの人で、落札した直後にメールが来て、「今フィンランド郵便局がストライキ中で、いつ届くかわからない。」と書いてあったので心配しましたが、何日か後で「解決した。」とのメールが来て、先日、無事届きました。喜びもひとしおです。

さっそく聴いてみました。
1面がNM-だとすると、2面も同じくらいです。このセラーはかなり厳しい評価をしたようです。
ヴァイオリンは右、ピアノは左に定位します。これはDB177と逆です。

ステレオとモノラルのマトリクスを比べてみると、

CL 4008
[YPARTX 44331 21, M6 239092] Veracini, Tartini
[YPARTX 44330 21, M6 239093] Haendel, Leclair

CL 3008
[XPARTX 44328 21, M6 214500] Veracini, Tartini
[XPARTX 44329 21, M6 214501] Haendel, Leclair

M6番号は少々違いますが、PARTX番号は連番なのでカッティングは連続して行われたようです。
CL3008は、ステレオカッターで切ったモノラルかもしれません。

音質は非常によく似ていますが強いて言えば、
ステレオの方がふくよかで、ピアノの低音が豊かです。
モノラルの方が細身ですっきりしています。
いずれあやめかかきつばたです。


その後、さる先達から、DB177 B面:Veracini, Tartiniのマスターテープ(のコピー)を聴かせていただく機会がありましたが、これはもうレコードとは全然別物でした。
どういう風に違うかというと、
DB177と聴き比べたわけではありませんが、耳慣れたレコードの音ではありません。
さらってしていてきつくなく、細かい音まで聴こえます。
ヴァイオリンは擦過音というんでしょうか、弦を馬の尻尾でこすって音を出すんだということが実によくわかります。でも耳障りではありません。
これは知らなかったことにしようと思います。
[PR]

by ibotarow | 2016-02-02 09:52 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)