いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヴァイオリン_ラッパ吹き込み( 63 )


2017年 10月 08日

サラサーテ盤の回転数その5

d0090784_20240009.jpg

10年ほど前、チゴイネルワイゼンの回転数について調べた結果を、下記の4回にまとめました。

サラサーテ盤の回転数その1 
サラサーテ盤の回転数その2 
サラサーテ盤の回転数その3 
サラサーテ盤の回転数その4 

あまり明解な結論は得られませんでしたが、論点を整理すると、
1.HMV、ビクターによると、チゴイネルワイゼンは77 rpm。
2.4種類の復刻CDは、おおよそA=440 Hzで復刻している。
3.演奏トラックと、内周トラックのピッチは違うのでは?
等です。

先日クレイトンの復刻LP[1]を入手したのを機に、これらをもう一度検証してみたくなりました。
そこで、チゴイネルワイゼンを含む7種類のレコードについて、5種類の復刻盤で再調査しようというのが今回の目的です。

先ず、サラサーテの録音は、下記の9曲10面です。録音年はDAHR[2]に依ります。

[4258o] Partita No 3 BWV1006: Prelude (Bach)
Gramophone 37931, 67903, AA111, E183, EW3, P527

[4259o]  Introduction et Caprice Jota, Op 41 (Sarasate)
Gramophone 37932

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4260o] Introduction et tarantelle, Op 43 (Sarasate)
Gramophone 27961, 37933, 47965, 61886, 67904, AA-112(Spain), E-183, ER-75(Czechoslovakia), EW-3(Germany), P527
Victor 52709, 62111

12/1/1904 Paris
[4261o] Miramar-Zortzico Op 42 (Sarasate)
Gramophone 27960, 37934, 47964
Victor 52708, 62110, 97231

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4262o] Caprice basque Op 24 (Sarasate)
Gramophone 27959, 37929, 47966, 67900, AA-110(Spain), ER-76(Czechoslovakia)
Victor 52720, 62115, 63168

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4263o] Zigeunerweisen Op 20 (Sarasate) Part-1
Gramophone 27962, 37930, 47962, 67901, E-329, AA-110(Spain), EW-2(Germany)
Victor 52710, 62112, 63167, 97245

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4264o] Zigeunerweisen Op 20 (Sarasate) Part-2
Gramophone 27961, 37935, 47963, 67902, E-329, AA-111(Spain), EW-2(Germany)
Victor 52711, 62113, 63167, 97246

ca. 1904-1905 Paris
[4265o] Danzas españolas, Op 21. Habanera (Sarasate)
Gramophone 37936, 47967
Victor 52707, 97230, 62110

[4266o] Zapateado, Danse des souliers Op 23 No 2 (Sarasate)
Gramophone 37937

[4267o] Nocturne Op 9 No 2 (Chopin-Sarasate)
Gramophone 37938

これらのうち、プレリュード、カプリス・ホタ、ノクターンは持っていないので、それ以外の7面について調べます。

次に、回転数の推定法をデジタル化その16 ヨーゼフ・ハシッドからコピペしますと、
“まず、レコ―ドをクォーツロックのかかる78 rpmで再生、録音します。
この波形と、復刻CDの波形を、Audacity[3]上で比較します。
「スピード変換」によってレコードの波形を伸縮させて、両者が同じ長さになるように合わせます。つまりピッチを合わせるのではなく、演奏時間を合わせようという魂胆です。
両者を同時再生して、同じピッチ、同じテンポであることを確認します。
その時の変換係数を78に掛ければ、復刻CDの再生回転数が出ます。”

一例としてチゴイネルワイゼンpart 2の波形を図1に示します。
上がクレイトン盤の再生波形、下がレコードを72.8 rpmに合わせた波形です。

d0090784_20244434.jpg
図1 チゴイネルワイゼンpart 2の再生波形:クレイトン復刻盤(上)とレコード@72.8 rpm(下)

それから、内周トラックの周波数は、Audacityの「スペクトラム表示」のピークの値から求めました。
一例として上図下段の最後に見られる内周トラックのスペクトルを図2に示します。

d0090784_20253834.jpg
図2 チゴイネルワイゼンpart 2の内周トラックのスペクトル

内周トラックにはA音が録音されていると言われていますが、78 rpmで再生した時、レコード間でどのくらい周波数の、ひいては回転数のバラつきがあるかを調べてみました。
結果を図3に示します。録音した時は同じ高さの音だったはずですが、458 Hzから471 Hzまでかなりバラついていることがわかります。

d0090784_20255402.jpg
図3 78 rpmで再生した時の内周トラック周波数

さて、7種類のレコードに対する、5種類の復刻盤の調査結果を示します。
推定再生回転数を図4に、

d0090784_20262247.jpg
図4 5種類の復刻盤の推定再生回転数

図4の回転数における内周トラックの周波数を図5に示します。

d0090784_10302777.jpg
図5 図4の回転数で再生した時の内周トラックの周波数

まず目につくのは、クレイトンとその他の復刻盤との差です。
クレイトンは、大幅にずれているのもありますが、内周トラックの周波数が440 Hz近辺になるように回転数を調整するという方針だったようです。
A=440 Hzが正解かどうかは別にして、これは非常に合理的な考えだと思うのですが、現実はそう単純でもないようで、その他の復刻者は、そうは考えなかったようです。 1970年代(たぶん)と1990年代以降との違いですかね。

チゴイネルワイゼンpart1の場合、4種類の復刻CDは見事に70.7 rpmあたりに揃っています。
この回転数で再生したチゴイネルワイゼンの出だしのG音のピッチは、「サラサーテ盤の回転数その4」に書いたように、冒頭に挙げた論点2の
2.4種類の復刻CDは、おおよそA=440 Hzで復刻している。
に準拠したものとなりました。

その時の内周トラックの周波数は4種類とも415 Hz近辺で、440 Hzとは大きく異なります。
これは、先に挙げた論点3の、
3.演奏トラックと、内周トラックのピッチは違うのでは?
という仮説を裏付けるものです。

また、先に挙げた論点1の
1.HMV、ビクターによると、チゴイネルワイゼンは77 rpm。
ですが、
「サラサーテ盤の回転数その3」に書いたように、HMVの第2カタログには、
タランテラ:75 rpm
チゴイネルワイゼン:77 rpm
で再生せよ、と書いてあります。

タランテラの場合、78 rpm再生時の周波数は図3に示すように469 Hzですので、75 rpmでは、
469/78*75=451 Hz
となります。

チゴイネルワイゼンpart1の場合は、458 Hzですので、77 rpmでは、
458/78*77=452 Hz
となり、タランテラとほぼ一致します。
つまり、HMVの主張はそれなりに整合性があります。

ただ、チゴイネルワイゼンpart2は、464 Hzですので、77 rpmでは、
464/78*77=458 Hz
となり、part1と少し異なります。

HMVのカタログを作った人はpart1だけで77 rpmだと判断したとすると、内周トラックのピッチは、A=452 Hzとなります。
「サラサーテ盤の回転数その4」では、A=454 Hzが当時の演奏ピッチであろうと無理やり結論付けましたが、
ここで、先に挙げた論点3の
3.演奏トラックと、内周トラックのピッチは違うのでは?
の観点から、
演奏トラックのピッチをA=452~454 Hzとする回転数を考えると、70.7 rpmでA=440 Hzなので、
452/440x70.7=72.6 rpm
454/440x70.7=72.9 rpm
となります。
72.6~72.9 rpmが、HMVの顔もある程度立てた?落としどころじゃないでしょうか。

この場合の内周トラックの周波数は、77 rpmで452 Hzなので、72.6 rpmでは、
72.6/77x452=426 Hz
となります。
これは、A=452 Hzのピッチにおける、A♭に相当しますが、ほかの曲でも、図5に示したように、演奏トラックと内周トラックで、半音ほどではないにしても、差があるようです。




More
[PR]

by ibotarow | 2017-10-08 07:31 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日

デジタル化その8 ヨーゼフ・ヨアヒム

8回目は、Joseph Joachim (1831-1907)です。

ヨアヒムのG&T盤は下記の5面あります。
いずれも黒レーベルだと思っていましたが、最近某オークションで赤レーベルが2枚出ていましたので、最初は赤盤で発売されたようです。
ヨアヒムのレコードはこれがすべてで、別に他社に録音したわけではないのに何で黒盤になったんだろ?

G&T
27? June 1903, Berlin
047903 [204y] Bach: Sonata for Violin solo no. 1 in G minor, BWV 1001: Prelude
047904 [205y] Bach: Partita for Violin solo no. 1 in B minor, BWV 1002: Tempo di Bourée
047905 [217y] Brahms: Hungarian Dance no. 2 in D minor (arr. Joachim)
047906 [218y] Joachim: Romance in C Major
047907 [219y] Brahms: Hungarian Dance no. 1 in G minor (arr. Joachim)

まず、ハンガリー舞曲第1番ですが、
SYMPOSIUMのビニールプレスには78 rpmと書いてあります。
念のため、TESTAMENTの復刻CD[1]と合わせてみると、これも78 rpmのようです。

次に、ハンガリー舞曲第2番は、無銘のビニールプレスですが、回転数はTESTAMENTの復刻CD[1]と合わせた結果、81.5 rpmとなりました。
なお、81.5という値は有効数字3桁という意味ではなく、81と82のあいだという程度にお受け取りください。
しかし同時期の録音でここまで回転数が異なるのは奇異な感じがしますが、同じ復刻CDですので、この値を信用することにしました。

ハンガリー舞曲第1番
047907 [219y] Brahms: Hungarian Dance no. 1 in G minor (arr. Joachim)
の音源を下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/4519371/

ハンガリー舞曲第2番
047905 [217y] Brahms: Hungarian Dance no. 2 in D minor (arr. Joachim)
の音源を下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3964333/

いずれも写真をクリックすると音が出るはずです。


これでラッパ吹込み盤は予定終了です。
梅雨の間は、例年レコードケースに乾燥剤を入れ、レコードの出し入れはしませんので、デジタル化は梅雨明けまでお休みします。

Reference
[1] The Great Violinists - Recordings from 1900-1913, TESTAMENT SBT1323 (2012)


[PR]

by ibotarow | 2017-06-11 07:41 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(1)
2017年 06月 04日

デジタル化その7 ウィリー・ブルメスター

7回目はWilly Burmester(1869-1933)です。

ブルメスターのグラモフォン盤は下記の4枚8面あります。
録音エキスパートは Hancoxですが、彼のケリー・ディスコグラフィーMAT10はまだ公開されていません。アラン・ケリーが亡くなった今、どうなるんでしょうね。

幸い回転数は、mr.hmvさんによって、基準ピッチA=440 Hzの条件下で同定されています[1]。その値を下記のリストに書き加えました。こういうのがあると本当に助かります。
ただ前にも書きましたように、1 rpm以下の値は測定値のバラつきも有り、正確にセットできません。
そこで、最後のシンディング以外は81 rpm(有効数字2桁)で再生することにしました。

Schallplatte Grammophon
27 Sep. 1909, Berlin
47978T [1733ab] Gavotte (Rameau-Burmester) 81.2
47979H [1735ab] Menuett (Dussek-Burmester) 81.2
47984O [1734ab] Arioso (Handel) 81.2
47985P [1736ab] Menuet (Handel) 81.2
047917GD [247ac] Gavotte (Bach-Burmester) 80.8
047918GG [248ac] Air (Bach-Burmester) 80.8
047919H [245ac] Sarabande (Handel-Burmester) 81.2
047920H [246ac] Andante Religioso (Sinding-Burmester) 80.2

81 rpmで再生したバッハのアリア、
047918GG [248ac] Air (Bach-Burmester)
を下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3733207/
写真をクリックすると音が出るはずです。

同じく81 rpmで再生した裏面のガヴォット、
047917GD [247ac] Gavotte (Bach-Burmester)
は写真の下の曲名をクリックしてください。

念のため、復刻CDと比べてみると、TESTAMENT[2]には、
47979 [1735ab] Menuett (Dussek-Burmester)
47985 [1736ab] Menuet (Handel)
があり、78 rpmで復刻されているようです。

また、SYMPOSIUM[3]には、
047917 [247ac] Gavotte (Bach-Burmester)
047918 [248ac] Air (Bach-Burmester)
があり、これも78 rpmとなりました。

参考のため、78 rpmで再生したアリアとガヴォットを下記にアップしました。
Air (Bach-Burmester)
Gavotte (Bach-Burmester)
基準ピッチの違いでいうと、440 Hzに対し424 Hzになります。

References
[1] SP盤的文献紹介 http://www1.pbc.ne.jp/users/hmv78rpm/page162.html
[2] The Great Violinists - Recordings from 1900-1913, TESTAMENT SBT1323 (2012)
[3] Great Violinists Vol. 1, SYMPOSIUM 1017 (1994)


[PR]

by ibotarow | 2017-06-04 07:57 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 28日

デジタル化その6 ホアン・マネン

d0090784_15570786.jpg

P213 [2049] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.2


6回目は、Joan Manén (1883-1971)のParlophone 2枚です。

1915 Berlin, with orch. (Friedrich Kark, director)
P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)  
P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn)
P213 [2049] do

指揮者の情報は、Joan Manén Enregistraments històrics[1]によります。
メンデルスゾーンの協奏曲は、クラシック名曲初演&初録音事典[2]によると、世界で初めて全曲録音したのはマネンだそうですが、これはそれより前の別録音です。
回転数はSymposiumの復刻CD[3]と合わせた結果、79 rpmとなりました。

ヴィエニャフスキーのレジェンドとドルドラのセレナーデを下記にアップしました。

P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)
http://ibotarow.exblog.jp/9431929/

メンデルスゾーンのコンチェルトはこのページにアップしました。

P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.1
P213 [2049] do pt.2

第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Joan Manén Enregistraments històrics http://joanmanen.cat/index.php/enregistraments-historics
[2] 平林直哉、クラシック名曲初演&初録音事典、(大和書房、2008)p.273
[3] The Great Violinists, Vol. 21: Pablo de Sarasate, Joan Manen, SYMPOSIUM 1328 (2004)


[PR]

by ibotarow | 2017-05-28 07:55 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 21日

デジタル化その5 ジョルジュ・エネスコ 1

タイトルを短縮しましたが、5回目は、Georges Enesco (1881-1955)のラッパ吹込み2枚です。

6 Feb 1924, Edward C. Harris, piano
7006 [81530-3] Aubade Provençale in the style of Couperin (Kreisler)

13 February 1924, Edward C. Harris, piano
7006 [81556-5] Sérénade (d'Ambrosio)

11 March 1924, Edward C. Harris, piano
20029-D [81616-2] Chorus of Dervishes from "Ruins of Athens" (Beethoven)

24 September 1924 , Edward C. Harris, piano
20029-D [140059-3] Albumblatt in E-flat (Wagner-Wilhelmj)

エネスコのラッパ吹込みは、これ以外に「エネスコの米Columbia録音」に書いたように、

La Ronde des Lutins, Op. 25 (Bazzini)
Die Meistersinger: Walther's Prize Song (Wagner)
Élégie Op. 10 (Ernst)
Nocturne in E flat, Op. 9, No.2 (Chopin-Sarasate)

があるようですが、いずれも未発売です。
原盤は、どこかの国のお役所のように廃棄した、ということのないように祈るばかりです。

回転数はたぶん80 rpmだろうと思ったのですが、念のためBiddulphの復刻CD[1]と合わせてみました。
その結果、やはり80 rpmとなりました。

クライスラーとダンブロジオの音源を下記にアップしました。

7006 [81530-3] Aubade Provençale in the style of Couperin (Kreisler)
7006 [81556-5] Sérénade (d'Ambrosio)
http://ibotarow.exblog.jp/3740769/

ワーグナーとベートーヴェンは下記にアップしました。

20029-D [140059-3] Albumblatt in E-flat (Wagner-Wilhelmj)
20029-D [81616-2] Chorus of Dervishes from "Ruins of Athens" (Beethoven)
http://ibotarow.exblog.jp/12332754/

それぞれの第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。


Reference
[1] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)



[PR]

by ibotarow | 2017-05-21 07:05 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 14日

SPレコードのデジタル化その4 ジュール・ブーシュリ

4回目は、Jules Boucherit(1877-1962)の1枚です。

Disque pour Gramophone 1906, Paris
237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)

オリジナルはZonophoneですが、これはDisque pour Gramophoneレーベルです。
斯界の大御所M・Sさんの話では、ゾノフォンの方が音が太い、とのことです。

ジュール・ブーシュリ回想録[1]によると、フランス・ベルギー楽派のブーシュリは、同楽派の特徴について、
「情緒派と厳格派から等距離にある奏派である。」
と言っていますが、二つの派とはサラサーテとヨアヒムのことでしょうか?
彼はこうも言っています。
「私は物の見方に少々難があり、もちろん意図的ではないにせよ、一種の癖のようなものがある。それは、無意味で不要に思える細かい事象にのみ、深い感銘を受けるということだ。」
これらは、ブーシュリの芸風をよく伝えていると思います。

さて、回転数は、調べても徒労に終わるだろうと、何も考えず復刻CD[2]に合わせました。
その結果、両面とも76 rpmとなりました。もうちょっと速いかもしれません。

モーツァルトの音源を下記にアップしました。

1906, Paris
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)
http://ibotarow.exblog.jp/9612716/

写真をクリックすると音が出るはずです。

レーベル写真の無い、裏面の音源の公開方法はどうしようかなあ、と思っているのですが、試みにタイスは、ダウンロードの手間はありますが容量に余裕のあるYahoo Boxにアップしてみました。

1906, Paris
237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)
http://yahoo.jp/box/KphuSX

References
[1] マリア・ソリアノ, "ヴァイオリンの奥義 ジュール・ブーシュリ回想録 1877-1962", 桑原威夫訳, 音楽の友社 (2010)
[2] The Great Violinists, Vol. 23, Symposium 1349 (2007)
[PR]

by ibotarow | 2017-05-14 08:07 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

SPレコードのデジタル化その3 アルノルト・ロゼ

3回目は、アルノルト・ロゼ(1863–1946)の2枚です。

Arnold Rosé
G&T 1902, Vienna
47925 [910x] Spanischer Tanz Nr 8 Op 26 Nr 2 (Sarasate)

May 1909, Vienna
47975 [14682u] Romanze Nr 2 in F-Dur Op 50 (Beethoven)

畏兄エピクロスさんによれば、ロゼは、シュテファン・ゲオルゲなど当時のドイツ語圏に属する詩人たちに、ほとんどヴィブラートをかけない奏法が清潔で好まれたそうです。
たしかに、ロゼにとってみればクライスラーのヴィブラートは我慢のできない下品なものであったのかもしれませんが、ヘルメスベルガ―に言わせると、ロゼがコンサートマスターになってからウィーンフィルは堕落した、という話をクリストファー・N・野澤さんに聞きましたから、これは、時代の移り変わりというたぐいの話でしょうか。

さて、サラサーテのスペイン舞曲No.8は、エッジが欠けていて、最初のアナウンスとピアノ伴奏の出だしが聴けません。
そのうち、ワックスで補修しようと思っていましたが、適当な材料が手に入らず、今日に至りました。
しかたなく、ギリギリの溝に針を乗せて、ターンテーブルをスタートさせました。

回転数は手抜きをして、復刻CD[1]に合わせることにしました。
SYMPOSIUMだからちゃんと調べているだろうと思いましたが、結果は78 rpmとなりました。

次は、ベートーヴェンのロマンスNo.2です。
こちらは、Arbiterの復刻CD[2]に合わせた結果、75 rpmとなりました。

これらの音源を下記にアップしました。

1902, Vienna
47925 [910x] Spanischer Tanz Nr 8 Op 26 Nr 2 (Sarasate)
http://ibotarow.exblog.jp/3733231/

May 1909, Vienna
47975 [14682u] Romanze Nr 2 in F-Dur Op 50 (Beethoven)
http://ibotarow.exblog.jp/9997627/

いずれも写真をクリックすると音が出るはずです。


References
[1] The Great Violinists Vol 24 - Arnold Rosé (1902-1929), Symposium 1371 (2008)
[2] Arnold Rosé, First violin of Vienna - 1909-1936 recordings, Arbiter Records 148 (2006)



[PR]

by ibotarow | 2017-05-07 08:05 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 12日

ヨスカ・シゲティのディスコグラフィー

d0090784_813203.jpg

シゲティ(1892-1973)については10年ほど前にちょっと書きましたが、最近、某ネットオークションに1908年のバッハのプレリュード(047914)が出品されました。
これは本来無伴奏のはずですが、レーベルを見ると、
Klavier: Henry Bird
の記載があります。
1904年のクライスラー(G&T47946)のように、ピアノ伴奏付きも皆無ではありませんが、復刻CDで聴いてみるとちゃんと無伴奏ですので、レーベルの印刷間違いのようです。

それやこれやで、ヨスカ時代のシゲティのディスコグラフィーを作る気になりました。
コロムビア以前の録音はせいぜい10枚位かと思っていましたが、意外にたくさんありますね。
中では、未発売のバッハのシャコンヌ4面が注目です。最初は調子が出なかったんでしょうか、pt.1は3回も録音しています。
ヘイズのEMIアーカイブに原盤があると思いますので、ぜひ復刻してほしいです。

データはケリーをもとにしてクレイトンおよびCHARMと照合しました。
ケリーの明らかな間違いは別として、差異のある場合はケリーを採りました。
また()内の回転数は、1913年のHMVカタログに依ります。
なお、Zephirは1908年と1913年の2種類あるようですが、写真の盤は1908年[2676f]です。


d0090784_8232917.jpg
d0090784_8234182.jpg

[PR]

by ibotarow | 2016-11-12 08:27 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 10日

カール・フレッシュ(1873-1944)のエジソン盤

d0090784_6565645.jpg

以前、カール・フレッシュのディスコグラフィーで、フレッシュのレコードは1枚もないと書いたが、その後、エジソン盤を3枚入手できた。
しかし、縦振動盤はカートリッジを付け替えて、面倒な調整が必要なので、なかなか聴く機会がなかった。

前回、ニノン・ヴァランの縦振動盤を聴いたついでに、カール・フレッシュも聴いた。
聴いたのは次の3枚である。
d0090784_6595670.jpg
1914.04.09 with Homer Samuels (p)
[2946-A] 82063-R Gesänge No.6: Ave Maria, D 839 (Schubert, arr. Wilhelmj)

1926.02.08 with Kurt Ruhrseitz (p)
[10820-B] 82349-R Légende, Op.17 (Wieniawski)
[10818-A] 82349-L Norske Danser Op.35, 2 (Grieg, arr. Flesch)

1928.03.23 with Raymond Bauman (p) d0090784_725422.jpg
[E 18331-A] 80897-R Rêverie Op.22, 3 (Vieuxtemps,), 47001 [N 149-A], 30006-L [12052-A]

1928.03.24 with Raymond Bauman (p)
[E 18335-C] 80897-L Hejre Kati - Scène de la Czarda, op.32, 4 (Hubay), 47001 [N 152-A], 30006-R [12051-A]

前記事に書いたように、
エジソンが電気録音に移行したのは1927年4月からなので、前の2枚はラッパ吹込みである。
なお、80000シリーズはLight Classical、82000シーズはClassical & Operaticである。
また、Nで始まるマトリクスは横振動盤、30000番台は片面5曲収録の長時間盤であり、前者は縦振動と同時録音、後者はダビングによって作られた。

まず、1914年録音のシューベルト (1797-1828)のアヴェ・マリアであるが、後の2枚に比べて高域レンジが狭い。
またピアノの音量が小さい。でもヴァイオリンの音は力強く捉えられている。

2枚目の1926年録音のヴィニアフスキー (1835-1880)のレジェンドと、グリーグ (1843-1907)のノルウェー舞曲は、1914年と比べて、目の覚めるような鮮明さである。
それは、1928年の電気録音と比べても遜色ないほどであり、ピアノの音量もしっかりと入っている。

3枚目は1928年録音のヴュータン (1820-1881)のリヴリーと、フバイ (1858-1937)のヘイレ・カティ。
2枚目に比べて細身で繊細、しかも柔らかさで勝る。ワイドレンジなのであろう、ピアノは低音が豊かである。

フレッシュというとヴァイオリン教師という先入観があり、写真を見ても堅物のイメージがあるので、教科書風の演奏を想像するが、今回の小品を聴く限り、決してそんなことはない。
ヴォルフシュタール (1899-1931)、ヌヴー (1919-1949)、ハシッド (1923-1950)、それぞれ個性的で素晴らしいが、19世紀スタイル丸出しのねちっこいポルタメントや、興の趣くままのオッサンクサいアゴーギクで、でも俗に堕することなく、師匠の貫禄を見せつけ弟子たちを圧倒する。

この機会に、前記事のディスコグラフィーを改訂した。

なお、[1]で、
Microsoft Excel database file of all published/un-published Edison Diamond Disc records
なるファイルを見つけたが、これは、[2]と全く同じ。

References
[1] EdisonDiamondDisc.com (http://www.edisondiamonddisc.com/)
[2] TRUESOUND ONLINE DISCOGRAPHIES (http://web.archive.org/web/20080708221913/http://www.truesoundtransfers.de/index.html)
[PR]

by ibotarow | 2016-09-10 16:55 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(5)
2015年 12月 27日

キャスリン・パーロウのニッポノホン

d0090784_11174518.jpg

先日、標記のレコードが出ていたので、どうしてもというほどではないけれど、大正時代の日本のラッパ吹込みのヴァイオリンの音を聴いてみたいなと思って、最低価格で入札しておいたら、無競争で落札してしまいました。

ニッポノホン(株式会社日本蓄音器商会)の例の大仏が耳を傾けているオリジナルスリーブに入っていて、そこに書かれている宣伝文を紹介すると、

ワシ印レコードは
吹込技術の精巧なると品質
の優良なるとに於いて斯界
第一の信用と聲價を博して
をります加ふるに吹込の藝
術家は何れも第一流の人々
を網羅し常に斬新の曲種を
發賣して市場より白熱的の
歡迎をうけてをります。

時代を感じさせる、なかなか味のある文章ですね。特に旧字体の漢字がいい、これ出すの苦労したけど。
吹込藝術家の名前が並んでいて、歌舞伎や邦楽がほとんどですが、ヴァイオリニストは、このキャスリン・パーロー(1890-1963)とナタリ・ボシコ(1899-未詳)の名前が見えます。

パーロウのニッポノホン録音は、以前作ったディスコグラフィー から抜き書きすると、

Nipponophone

November 1922, Tokyo
9044 [9044-6] Minuet (Beethoven)  
9045 Liebesfreud (Kreisler)  
9047 [9047-5] Thais; Meditation (Massenet)  
9048 Rosamunde (Schubert-Kreisler)  
9049 Serenade (Drigo-Auer)  
9059 [9059] Home, Sweet Home (Payne-Bishop)  
10020 [10020-?] Souvenir (Drdla)   
10021 [10021-1] Spring Song (Mendelssohn)   
15068 [36392-1] Humoresque (Dvorak-Wilhelmj)  
15068 [36392-3?] Ave Maria (Schubert-Wilhelmj)  
15255 Serenade Espagnole (Chaminade) 
15255 Cavalleria Rusticana; Intermezzo (Mascagni)
15434 Moment Musical (Schubert) 
15434 Air on the G String (Bach) 

の14面ありますが、今回入手したレコードは、
10020 [10020-?] Souvenir (Drdla)  
10021 [10021-1] Spring Song (Mendelssohn)
です。

[ ]内は、レーベルの下に手書きで陰刻されているマトリクス番号です。
10021は、くっきりと刻まれていますが、
10020は、彫りが浅くてテイク番号が読み取れませんでした。

スーベニールの演奏時間は80rpmで再生して3分22秒ほどで、そんなに長時間というほどではないのですが、ピッチが粗いのか、レーベルの直径は6cmしかありません。

1890年生まれのパーロウはこのとき32歳位ですが、まだ薹が立っていないような可愛らしい演奏が聴かれました。
音はあまり力強くありませんが、ラッパ吹込みにしてはレンジの広いフラットな録音だと思います。つまり、日本的な音です。
d0090784_11183116.jpg

[PR]

by ibotarow | 2015-12-27 11:28 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)