いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 28日

デジタル化その6 ホアン・マネン

d0090784_15570786.jpg

P213 [2049] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.2


6回目は、Joan Manén (1883-1971)のParlophone 2枚です。

1915 Berlin, with orch. (Friedrich Kark, director)
P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)  
P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn)
P213 [2049] do

指揮者の情報は、Joan Manén Enregistraments històrics[1]によります。
メンデルスゾーンの協奏曲は、クラシック名曲初演&初録音事典[2]によると、世界で初めて全曲録音したのはマネンだそうですが、これはそれより前の別録音です。
回転数はSymposiumの復刻CD[3]と合わせた結果、79 rpmとなりました。

ヴィエニャフスキーのレジェンドとドルドラのセレナーデを下記にアップしました。

P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)
http://ibotarow.exblog.jp/9431929/

メンデルスゾーンのコンチェルトはこのページにアップしました。

P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.1
P213 [2049] do pt.2

第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Joan Manén Enregistraments històrics http://joanmanen.cat/index.php/enregistraments-historics
[2] 平林直哉、クラシック名曲初演&初録音事典、(大和書房、2008)p.273
[3] The Great Violinists, Vol. 21: Pablo de Sarasate, Joan Manen, SYMPOSIUM 1328 (2004)


[PR]

by ibotarow | 2017-05-28 07:55 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 21日

デジタル化その5 ジョルジュ・エネスコ 1

タイトルを短縮しましたが、5回目は、Georges Enesco (1881-1955)のラッパ吹込み2枚です。

6 Feb 1924, Edward C. Harris, piano
7006 [81530-3] Aubade Provençale in the style of Couperin (Kreisler)

13 February 1924, Edward C. Harris, piano
7006 [81556-5] Sérénade (d'Ambrosio)

11 March 1924, Edward C. Harris, piano
20029-D [81616-2] Chorus of Dervishes from "Ruins of Athens" (Beethoven)

24 September 1924 , Edward C. Harris, piano
20029-D [140059-3] Albumblatt in E-flat (Wagner-Wilhelmj)

エネスコのラッパ吹込みは、これ以外に「エネスコの米Columbia録音」に書いたように、

La Ronde des Lutins, Op. 25 (Bazzini)
Die Meistersinger: Walther's Prize Song (Wagner)
Élégie Op. 10 (Ernst)
Nocturne in E flat, Op. 9, No.2 (Chopin-Sarasate)

があるようですが、いずれも未発売です。
原盤は、どこかの国のお役所のように廃棄した、ということのないように祈るばかりです。

回転数はたぶん80 rpmだろうと思ったのですが、念のためBiddulphの復刻CD[1]と合わせてみました。
その結果、やはり80 rpmとなりました。

クライスラーとダンブロジオの音源を下記にアップしました。

7006 [81530-3] Aubade Provençale in the style of Couperin (Kreisler)
7006 [81556-5] Sérénade (d'Ambrosio)
http://ibotarow.exblog.jp/3740769/

ワーグナーとベートーヴェンは下記にアップしました。

20029-D [140059-3] Albumblatt in E-flat (Wagner-Wilhelmj)
20029-D [81616-2] Chorus of Dervishes from "Ruins of Athens" (Beethoven)
http://ibotarow.exblog.jp/12332754/

それぞれの第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。


Reference
[1] Georges Enesco: The Complete Solo Columbia Recordings, Biddulph Recordings LAB066 (1997)



[PR]

by ibotarow | 2017-05-21 07:05 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 14日

SPレコードのデジタル化その4 ジュール・ブーシュリ

4回目は、Jules Boucherit(1877-1962)の1枚です。

Disque pour Gramophone 1906, Paris
237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)

オリジナルはZonophoneですが、これはDisque pour Gramophoneレーベルです。
斯界の大御所M・Sさんの話では、ゾノフォンの方が音が太い、とのことです。

ジュール・ブーシュリ回想録[1]によると、フランス・ベルギー楽派のブーシュリは、同楽派の特徴について、
「情緒派と厳格派から等距離にある奏派である。」
と言っていますが、二つの派とはサラサーテとヨアヒムのことでしょうか?
彼はこうも言っています。
「私は物の見方に少々難があり、もちろん意図的ではないにせよ、一種の癖のようなものがある。それは、無意味で不要に思える細かい事象にのみ、深い感銘を受けるということだ。」
これらは、ブーシュリの芸風をよく伝えていると思います。

さて、回転数は、調べても徒労に終わるだろうと、何も考えず復刻CD[2]に合わせました。
その結果、両面とも76 rpmとなりました。もうちょっと速いかもしれません。

モーツァルトの音源を下記にアップしました。

1906, Paris
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)
http://ibotarow.exblog.jp/9612716/

写真をクリックすると音が出るはずです。

レーベル写真の無い、裏面の音源の公開方法はどうしようかなあ、と思っているのですが、試みにタイスは、ダウンロードの手間はありますが容量に余裕のあるYahoo Boxにアップしてみました。

1906, Paris
237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)
http://yahoo.jp/box/KphuSX

References
[1] マリア・ソリアノ, "ヴァイオリンの奥義 ジュール・ブーシュリ回想録 1877-1962", 桑原威夫訳, 音楽の友社 (2010)
[2] The Great Violinists, Vol. 23, Symposium 1349 (2007)
[PR]

by ibotarow | 2017-05-14 08:07 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

SPレコードのデジタル化その3 アルノルト・ロゼ

3回目は、アルノルト・ロゼ(1863–1946)の2枚です。

Arnold Rosé
G&T 1902, Vienna
47925 [910x] Spanischer Tanz Nr 8 Op 26 Nr 2 (Sarasate)

May 1909, Vienna
47975 [14682u] Romanze Nr 2 in F-Dur Op 50 (Beethoven)

畏兄エピクロスさんによれば、ロゼは、シュテファン・ゲオルゲなど当時のドイツ語圏に属する詩人たちに、ほとんどヴィブラートをかけない奏法が清潔で好まれたそうです。
たしかに、ロゼにとってみればクライスラーのヴィブラートは我慢のできない下品なものであったのかもしれませんが、ヘルメスベルガ―に言わせると、ロゼがコンサートマスターになってからウィーンフィルは堕落した、という話をクリストファー・N・野澤さんに聞きましたから、これは、時代の移り変わりというたぐいの話でしょうか。

さて、サラサーテのスペイン舞曲No.8は、エッジが欠けていて、最初のアナウンスとピアノ伴奏の出だしが聴けません。
そのうち、ワックスで補修しようと思っていましたが、適当な材料が手に入らず、今日に至りました。
しかたなく、ギリギリの溝に針を乗せて、ターンテーブルをスタートさせました。

回転数は手抜きをして、復刻CD[1]に合わせることにしました。
SYMPOSIUMだからちゃんと調べているだろうと思いましたが、結果は78 rpmとなりました。

次は、ベートーヴェンのロマンスNo.2です。
こちらは、Arbiterの復刻CD[2]に合わせた結果、75 rpmとなりました。

これらの音源を下記にアップしました。

1902, Vienna
47925 [910x] Spanischer Tanz Nr 8 Op 26 Nr 2 (Sarasate)
http://ibotarow.exblog.jp/3733231/

May 1909, Vienna
47975 [14682u] Romanze Nr 2 in F-Dur Op 50 (Beethoven)
http://ibotarow.exblog.jp/9997627/

いずれも写真をクリックすると音が出るはずです。


References
[1] The Great Violinists Vol 24 - Arnold Rosé (1902-1929), Symposium 1371 (2008)
[2] Arnold Rosé, First violin of Vienna - 1909-1936 recordings, Arbiter Records 148 (2006)



[PR]

by ibotarow | 2017-05-07 08:05 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)