いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 27日

デジタル化その14 マヌエル・キロガ3

キロガ最終回は、パテアール30 cm盤2枚、

Pathe
1928-29 Paris, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
X. 5527 [N 300893 A-1] La Gitana (Kreisler)
X. 5527 [N 300901-R A1] Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)
X. 5528 [N 300918 R A2] Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
X. 5528 [N 300919 - A1] La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)

アートレーベルについては、ニノン・ヴァランのパテ・アールにちょっと書きましたが、スイス生まれの画家、François-Louis Schmied (1873-1941)のデザインによるアールデコスタイルのレーベルです。
Marstonの復刻CDの解説[1]によると、1927年10月、電気録音システムの導入とともに登場しました。
最初は29 cm盤(orange and gold)と、30.5 cm盤 (multicolor with orange border)の2種類でしたが、1929年、30.5 cmは30 cmにサイズダウンされました。
1930年にパテが新しいナンバリングシステム(90000,91000,92000など)を開始し、アートレーベルをやめる直前に、25 cm盤 (royal blue and steel grey)が加わりました。
なお、ニノン・ヴァランの縦振動電気録音に書いたように、25 cm盤と 同じレーベルが29cmの縦振動盤にも使われています。

回転数は、Symposiumの復刻CD[2]と合わせた結果、80 rpmとなりました。

1枚目5527の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3732651/

ロマンサ・アンダルーサ(サラサーテ)
X. 5527 [N 300901-R A1] Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

ジプシーの女(クライスラー)
X. 5527 [N 300893 A-1] La Gitana (Kreisler)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

2枚目5528の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/5498386/

ロンド・デ・ルタン(バッツィーニ)
X. 5528 [N 300919 - A1] La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

ホタ・アラゴネーサ(サラサーテ)
X. 5528 [N 300918 R A2] Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
は、上記の曲名をクリックしてください。

References
[1] Ninon Vallin The Complete Pathé-Art Label Recordings 1927-1929, Marston 52006-2 (1996)
[2] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-27 07:17 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日

デジタル化その13 マヌエル・キロガ2

d0090784_13421492.jpg

キロガの2回目は、パテアール25 cm盤2枚、

X. 9938 [N 300892 A-1] Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
X. 9938 [N 300894 A-1] Tango (Albeniz-Kreisler)
X. 9944 [N 300916 A.1] Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
X. 9944 [N 300917 - A1] Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasa)

パテの録音は、拙ディスコグラフィから再掲すると、下記の通り、25 cm盤(9900番台および98000番台)10面と30 cm盤(5500番台)6面の計16面です。
もっとも、このリストは復刻CD[1,2]を基にしたものなので、他にもあるかもしれません。

Pathe
1928-29 Paris, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
[N 300892] X. 9938 Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
[N 300893] X. 5527 La Gitana (Kreisler)
[N 300894] X. 9938 Tango (Albeniz-Kreisler)
[N 300895] X. 9943 Cadenza for Tartini's "Devil's Trill" Sonata (Kreisler)

[N 300901] X. 5527 Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)

[N 300915] X. 9943 Sonates progressives: no 1 in F major, J 99/Op. 10 no 1 - Larghetto (Weber-Kreisler)
[N 300916] X. 9944 Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
[N 300917] X. 9944 Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasate)
[N 300918] X. 5528 Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
[N 300919] X. 5528 La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)

[N 350068] X. 5539 Romance No. 2 in A (Schumann-Kreisler)
[N 350069] X. 5539 Indian Lament (Dvorak-Kreisler)
[N 350070] X. 98002 Chanson espagnole, Op. 150 "Serenade espagnole" (Chaminade- Kreisler)

[N 350092] X. 98001 Rondino on a theme by Beethoven (Kreisler)
[N 350093] X. 98001 Frasquita: Serenade (Lehár-Kreisle)
[N 350094] X. 98002 Spanish Dances, Op. 23: no 2, Zapateado (Sarasate)

マトリクスで見ると、30万番台と35万番台の2期に分かれますが、これが1928年と1929年に対応するのでしょうか。
また、Marstonの復刻CDの解説[3]によると、カタログ番号90000番台は1930年から使用されたそうです。上のリストの98000番台2枚は1930年以降の発売と思われます。

回転数は、Symposiumの復刻CD[1]と合わせた結果、80 rpmとなりました。

1枚目9938の音源はこのページにアップしました。

ホタ(フャリャ)
X. 9938 [N 300892 A-1] Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

タンゴ(アルベニス-クライスラー)
X. 9938 [N 300894 A-1] Tango (Albeniz-Kreisler)
は、上記の曲名をクリックしてください。

2枚目9944の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3740976/

夕べの歌(シューマン-ウィルヘルミ)
X. 9944 [N 300916 A.1] Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

タランテラ(サラサーテ)
X. 9944 [N 300917 - A1] Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasa)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)
[2] マヌエル・キロガを讃えて, グリーンドア音楽出版 GDCS-0032 (2009)
[3] Ninon Vallin The Complete Pathé-Art Label Recordings 1927-1929, Marston 52006-2 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-20 08:06 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 13日

デジタル化その12 マヌエル・キロガ1

d0090784_07490288.jpg

Manuel Quiroga (1892–1961)の電気録音を3回の予定で採り上げます。
先ず、米Victorの10インチ盤2枚4面。
DAHR[1]によると、米Victorへの録音は下記の通りです。

1928.5.23 Camden, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
[BVE-45056-1] Hold Segunda guajira (Quiroga)
[BVE-45056-2] Master 1341 do
[BVE-45056-3] Hold do
[BVE-45057-1] Master 1336 Danza española (Quiroga)
[BVE-45057-2] Hold do
[BVE-45057-3] Hold do
[BVE-45058-1] Master 1341 Rondalla (Quiroga)
[BVE-45058-2] Hold do
[BVE-45059-1] Hold Canto amoroso (Quiroga)
[BVE-45059-2] Master 1336 do
[BVE-45059-3] Hold do

いずれもキロガの作曲で、ピアノ伴奏はキロガ夫人。
なお、クライトン[2]には、
Victor 65330
Jota navarra (Sarasate)
Miramar-Zortzico (Sarasate)
が載っていますが、[1]で検索してもヒットしませんでした。
発売された4曲について、キロガの作品カタログ[3]によると、

Segunda guajira: Cuban Dance for violin and piano.“Danza Española Nº 3.”
Danza española: Argentinian Dance (Tango) for violin and piano.“Danza Española Nº 2.”
Rondalla: Andalusian dance setting for violin and piano.
Canto amoroso: Original composition (song) for violin and piano.

回転数は、Symposiumの復刻CD[4]と合わせた結果、78 rpmとなりました。

1枚目1336の音源はこのページにアップしました。

ダンサ・エスパニョーラ
1336 [BVE-A45057-1] Danza española (Quiroga)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

カント・アモローソ
1336 [BVE-A45059-2] Canto amoroso (Quiroga)
は、上記の曲名をクリックしてください。

2枚目1341の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3740960/

ロンダーラ
1341 [BVE-A45058-1] Rondalla (Quiroga)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

セグンダ・グアヒーラ
1341 [BVE-E45056-2] Segunda guajira (Quiroga)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Discography of American Historical Recordings
http://adp.library.ucsb.edu/index.php/talent/detail/44536/Quiroga_Losada_Manuel_instrumentalist_violin
[2] James Creighton. "Discopaedia of the violin 1889-1971", Univ. of Toronto Press (1974)
[3] Ana Luque Fernández, "THE WORKS OF MANUEL QUIROGA: A CATALOGU"
http://etd.lsu.edu/docs/available/etd-1205101-103814/unrestricted/Luque_Fernandez_dis.pdf
[4] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-13 07:53 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)