いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 14日

SPレコードのデジタル化その4 ジュール・ブーシュリ

4回目は、Jules Boucherit(1877-1962)の1枚です。

Disque pour Gramophone 1906, Paris
237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)

オリジナルはZonophoneですが、これはDisque pour Gramophoneレーベルです。
斯界の大御所M・Sさんの話では、ゾノフォンの方が音が太い、とのことです。

ジュール・ブーシュリ回想録[1]によると、フランス・ベルギー楽派のブーシュリは、同楽派の特徴について、
「情緒派と厳格派から等距離にある奏派である。」
と言っていますが、二つの派とはサラサーテとヨアヒムのことでしょうか?
彼はこうも言っています。
「私は物の見方に少々難があり、もちろん意図的ではないにせよ、一種の癖のようなものがある。それは、無意味で不要に思える細かい事象にのみ、深い感銘を受けるということだ。」
これらは、ブーシュリの芸風をよく伝えていると思います。

さて、回転数は、調べても徒労に終わるだろうと、何も考えず復刻CD[2]に合わせました。
その結果、両面とも76 rpmとなりました。もうちょっと速いかもしれません。

モーツァルトの音源を下記にアップしました。

1906, Paris
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)
http://ibotarow.exblog.jp/9612716/

写真をクリックすると音が出るはずです。

レーベル写真の無い、裏面の音源の公開方法はどうしようかなあ、と思っているのですが、試みにタイスは、ダウンロードの手間はありますが容量に余裕のあるYahoo Boxにアップしてみました。

1906, Paris
237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)
http://yahoo.jp/box/KphuSX

References
[1] マリア・ソリアノ, "ヴァイオリンの奥義 ジュール・ブーシュリ回想録 1877-1962", 桑原威夫訳, 音楽の友社 (2010)
[2] The Great Violinists, Vol. 23, Symposium 1349 (2007)
[PR]

# by ibotarow | 2017-05-14 08:07 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)