いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 28日

デジタル化その6 ホアン・マネン

d0090784_15570786.jpg

P213 [2049] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.2


6回目は、Joan Manén (1883-1971)のParlophone 2枚です。

1915 Berlin, with orch. (Friedrich Kark, director)
P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)  
P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn)
P213 [2049] do

指揮者の情報は、Joan Manén Enregistraments històrics[1]によります。
メンデルスゾーンの協奏曲は、クラシック名曲初演&初録音事典[2]によると、世界で初めて全曲録音したのはマネンだそうですが、これはそれより前の別録音です。
回転数はSymposiumの復刻CD[3]と合わせた結果、79 rpmとなりました。

ヴィエニャフスキーのレジェンドとドルドラのセレナーデを下記にアップしました。

P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)
http://ibotarow.exblog.jp/9431929/

メンデルスゾーンのコンチェルトはこのページにアップしました。

P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.1
P213 [2049] do pt.2

第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Joan Manén Enregistraments històrics http://joanmanen.cat/index.php/enregistraments-historics
[2] 平林直哉、クラシック名曲初演&初録音事典、(大和書房、2008)p.273
[3] The Great Violinists, Vol. 21: Pablo de Sarasate, Joan Manen, SYMPOSIUM 1328 (2004)


[PR]

# by ibotarow | 2017-05-28 07:55 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)