いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 13日

デジタル化その12 マヌエル・キロガ1

d0090784_07490288.jpg

Manuel Quiroga (1892–1961)の電気録音を3回の予定で採り上げます。
先ず、米Victorの10インチ盤2枚4面。
DAHR[1]によると、米Victorへの録音は下記の通りです。

1928.5.23 Camden, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
[BVE-45056-1] Hold Segunda guajira (Quiroga)
[BVE-45056-2] Master 1341 do
[BVE-45056-3] Hold do
[BVE-45057-1] Master 1336 Danza española (Quiroga)
[BVE-45057-2] Hold do
[BVE-45057-3] Hold do
[BVE-45058-1] Master 1341 Rondalla (Quiroga)
[BVE-45058-2] Hold do
[BVE-45059-1] Hold Canto amoroso (Quiroga)
[BVE-45059-2] Master 1336 do
[BVE-45059-3] Hold do

いずれもキロガの作曲で、ピアノ伴奏はキロガ夫人。
なお、クライトン[2]には、
Victor 65330
Jota navarra (Sarasate)
Miramar-Zortzico (Sarasate)
が載っていますが、[1]で検索してもヒットしませんでした。
発売された4曲について、キロガの作品カタログ[3]によると、

Segunda guajira: Cuban Dance for violin and piano.“Danza Española Nº 3.”
Danza española: Argentinian Dance (Tango) for violin and piano.“Danza Española Nº 2.”
Rondalla: Andalusian dance setting for violin and piano.
Canto amoroso: Original composition (song) for violin and piano.

回転数は、Symposiumの復刻CD[4]と合わせた結果、78 rpmとなりました。

1枚目1336の音源はこのページにアップしました。

ダンサ・エスパニョーラ
1336 [BVE-A45057-1] Danza española (Quiroga)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

カント・アモローソ
1336 [BVE-A45059-2] Canto amoroso (Quiroga)
は、上記の曲名をクリックしてください。

2枚目1341の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3740960/

ロンダーラ
1341 [BVE-A45058-1] Rondalla (Quiroga)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

セグンダ・グアヒーラ
1341 [BVE-E45056-2] Segunda guajira (Quiroga)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Discography of American Historical Recordings
http://adp.library.ucsb.edu/index.php/talent/detail/44536/Quiroga_Losada_Manuel_instrumentalist_violin
[2] James Creighton. "Discopaedia of the violin 1889-1971", Univ. of Toronto Press (1974)
[3] Ana Luque Fernández, "THE WORKS OF MANUEL QUIROGA: A CATALOGU"
http://etd.lsu.edu/docs/available/etd-1205101-103814/unrestricted/Luque_Fernandez_dis.pdf
[4] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)


[PR]

# by ibotarow | 2017-08-13 07:53 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)