いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Decca ( 3 ) タグの人気記事


2017年 07月 05日

ショルティ「ラインの黄金」SXL盤とLXT盤

d0090784_10291208.jpg

学生時代に中古レコード店でキングのハイライト盤を買って以来、40数年憧れ続けていましたが、このたび、やっとオリジナルステレオ盤を入手することができました。感慨無量であります。
でもグルーブガード盤だし、マトリクスのテイク番号が5~9なので、かなり後期のカッティングだと思われます。

24 September - 8 October 1958, Sofiensaal Wien
SXL 2101
[ZAL-4260-7G, 3B, GI]
[ZAL-4265-5G, 2B, G]
SXL 2102
[ZAL-4261-5G, 1, GK]
[ZAL-4264-6G, 1, GB]
SXL 2103
[ZAL-4262-5G, 21, M]
[ZAL-4263-9GR, 1, U]

またオートチェンジャー仕様なので、1面の裏が6面です。したがって、とりあえずSXL 2101を聴いてみました。
これで途中は抜けていますが、ラインの黄金の前奏曲からワルハラ入城まで聴くことができました。

本来はデッカのカートリッジで聴くのが筋なんでしょうが、クセのある同士だと、レコード本来の音がわからなくなると思い、まず手持ちのなかで一番素直?なデノンDL103で聴いてみました。

ステレオということで久しぶりに2台のスピーカーの真ん中で聴きました。
オーケストラが左右に分かれすぎるのがなんか不自然な感じがしますが、軽い透明な弦は、まぎれもなく50年代の英デッカの音です。

さて一番有名なフィナーレの雷鳴のシーンですが、金床をハンマーで打つ音は若干歪みますが、それに続くリンツから運んだという巨大な鉄板の怒涛の振動音は、お~これこれ! 快感です。
こういうハリウッドスペクタクル映画のような派手さはカルショーの独壇場ですね。

この後で、同演奏のCDを聴いてみましたが、気の抜けたビールみたいにフヌケた音で、とても同じ演奏とは思えないほどでした。金床はさすがに歪みませんでしたが。
やはり、初期ステレオ盤は鮮烈でした。

ただ残念ながら、このSXL盤は、どうも第2版のようです。どうりで安かった訳ですね。
最近見た某オークションの説明文によると、
HERE IS AN ORIGINAL 1960s 2ND EDITION OF A 1959 RECORDED BOX SET OF 3 STEREO ALBUMS ON THE WIDEBAND AND GROOVED DECCA LABELS WITH THE "MADE IN ENGLAND" RIM TEXT AT 10"0"CLOCK DESIGN PRESSED IN ABOUT 1963/4.
と書いてありました。
レーベルは、
WIDEBAND AND GROOVED
ですし、2枚目、3枚目のレーベルの10時の位置には、
MADE IN ENGLAND
と書かれていました。1963年か64年のプレスのようです。

でも、1枚目の同じ位置には無かったのです。
代わりに、
ORIGINAL RECORDING BY
と書いてありました。
初めはこの意味がわからなかったのですが、その後、 [1]を見ると、
It can be easily recognised due to the words 'Original Recording by...' written around the rim.
と書いてあって、これが初版のレーベルだそうです。
また、
ED2 records also have a wide band and generally the same sound quality as an ED1.
とも書いてあったので、ファーストかセカンドかはあまり気にする必要はなさそうです。

という訳で、1枚目のレーベルは初版でしたが、マトリクスは[7G]と[5G]でした。
このことから、実際のプレス時期は2枚目、3枚目と同じ頃ではないかと思われます。

そこで、この傍証を求めて、12時の位置に刻印されたTAX CODEを調べてみました。
冒頭のリストに追記した一番右カラムのアルファベット2文字がそれです。

SXL 2101
[ZAL-4260-7G, 3B, GI, KT]
[ZAL-4265-5G, 2B, G, KT]
SXL 2102
[ZAL-4261-5G, 1, GK, KT]
[ZAL-4264-6G, 1, GB, KT]
SXL 2103
[ZAL-4262-5G, 21, M, K?T]
[ZAL-4263-9GR, 1, U, KT]

[2]によると、[KT]は、1963年7月1日から1966年7月20日まで使われました。
したがって、3枚ともこの期間にプレスされて発売されたと思われます。

では、なぜ1枚目に初版レーベルが使われたのでしょうか?
想像するに、余っていた古いレーベルを使ったのかもしれません。SP時代にもよくありましたから。



More
[PR]

by ibotarow | 2017-07-05 07:16 | 男声_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 08日

DECCA ffss 78 rpm

d0090784_1715865.jpg

右の図は、DECCA ffssのコイル結線図です。これを見てボクは、黄色と赤、あるいは黄色と緑から出力をとれば縦振動盤が再生できるんじゃないかと思いました。 d0090784_17161588.jpg
それ以来、78回転用のffssを探していましたが、先日リーズナブルと思われる価格で落札できました。
ここまではルンルン気分だったのです。

ところが、落札してからハタと気づいたのですが、78回転用に果たして縦振動用のコイルは入っているだろうか?
入っているとしても結線されているだろうか?
どちらも望み薄ですね(笑)。

さて、ブツが到着して早速、普通の横振動レコードをかけてみると、これがいいんですよぉ~。
なにがいいって、ナローレンジ、上がスパッと切れてる。 聴感上のS/Nが良いということですかね。
もちろんフィルタをいじくれば同じような効果が得られるかも知れませんが、 何もしないでこの音が得られるのは今まで経験したことがありません。
しかも、高域に潤いがあるというか色気があるというか、魅惑の音色でラッパ吹き込みも電気録音も同じように楽しめます。
こういうのをhighly sophisticatedっていうんでしょうなあ。
ここ当分これに首ったけで、縦振動云々はいずれそのうち。

その後、いろいろ聴いて、欠点もわかりました。
機械的な構造の故ですが、ご存知のようにffssヘッドは針を糸で引き止めています。
そのため、アームの質量にもよりますが、横方向の共振周波数がうちの場合2~3ヘルツになります。
レコードが平坦な場合は何の悪影響もありませんが、そりがあった場合、しかもそりの周期と共振周波数があった場合、目に見えてヘッドが揺れ、その結果、再生音がドップラー効果でまるでビブラートをかけているように揺らぎます。もっとひどい場合は溝を跳び越えます。
というわけで、これを使おうとすると、反り直しが必須のようです。面倒だなあ~。
[PR]

by ibotarow | 2012-12-08 17:30 | 蓄音機 | Trackback | Comments(2)
2007年 09月 06日

リング・リザウンディング

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

by ibotarow | 2007-09-06 18:17 | 書籍