人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 20日

リークでヴォルフシュタールを

リークでヴォルフシュタールを_d0090784_1351131.jpg

ヨーゼフ・ヴォルフシュタール(1899-1931)はボクにとってヌエのような存在で、どうも正体が掴めないのである。
モーツァルト[1]、ベートーヴェン[1,2]、メンデルスゾーン[2]の協奏曲は復刻されており、これらを聴くといずれも正統的な見事な演奏である。
しかしながら小品はほとんど復刻されていないので、SP盤を探すしかないが、これがなかなか出ない。
このたび、縁あって3枚入手できた。

リークでヴォルフシュタールを_d0090784_1352620.jpg
Homocode 1922 Berlin
50554 B8056 Träumerei (Schmann)

Grammophon
May 1925
869az  69794 Romance No.2 in F (Beethoven) pt.1
870az  69794 do pt.2
リークでヴォルフシュタールを_d0090784_1692940.jpg
HMV
6 Jul 1926
BW52-1△ EG233 Hungarian Dance No. 2 (Brahms-Joachim)

先の2枚はラッパ吹込みである。ヘ長調ロマンスは、1回目のベートーヴェンの協奏曲の録音と続き番号のマトリクスである。

リークでヴォルフシュタールを_d0090784_13583069.jpg
再生は、最近思いついてヘッドシェルに両面テープで貼り付けた、リークのSP用MCカートリッジで行った。演奏中に脱落しないようにタイラップで締め上げてある
このカートリッジはHiFiというより、虚構的な美しい音を奏でる。この色香に魅せられると他のカートリッジがつまらない音に聴こえる危険なしろものである。

これでトロイメライやロマンスを聴くと、ヴォルフシュタールの耽美的な面が際立つ。第1次大戦後、ワイマール時代のベルリンの文化もかくこそありけれと思わせる。

一方、ジョージ・セルの奥さんと関係をもったことで有名なように、かなりの情熱家である。そのあたりはハンガリー舞曲第2番を聴くと、なるほどと思う。大師匠のヨアヒムと比べると(比べるのが悪いが)、とても激しい。
ヌエと称するゆえんである。

[1] Josef Wolfsthal, SYMPOSIUM 1141 (1992)
[2] Josef Wolfsthal, BIDDULPH LAB 095 (1994)

by ibotarow | 2012-05-20 21:16 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Comments(0)


<< 縦振動MCカートリッジ その2      縦振動MCカートリッジ >>