人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 08日

DECCA ffss 78 rpm

DECCA ffss 78 rpm_d0090784_1715865.jpg

右の図は、DECCA ffssのコイル結線図です。これを見てボクは、黄色と赤、あるいは黄色と緑から出力をとれば縦振動盤が再生できるんじゃないかと思いました。 DECCA ffss 78 rpm_d0090784_17161588.jpg
それ以来、78回転用のffssを探していましたが、先日リーズナブルと思われる価格で落札できました。
ここまではルンルン気分だったのです。

ところが、落札してからハタと気づいたのですが、78回転用に果たして縦振動用のコイルは入っているだろうか?
入っているとしても結線されているだろうか?
どちらも望み薄ですね(笑)。

さて、ブツが到着して早速、普通の横振動レコードをかけてみると、これがいいんですよぉ~。
なにがいいって、ナローレンジ、上がスパッと切れてる。 聴感上のS/Nが良いということですかね。
もちろんフィルタをいじくれば同じような効果が得られるかも知れませんが、 何もしないでこの音が得られるのは今まで経験したことがありません。
しかも、高域に潤いがあるというか色気があるというか、魅惑の音色でラッパ吹き込みも電気録音も同じように楽しめます。
こういうのをhighly sophisticatedっていうんでしょうなあ。
ここ当分これに首ったけで、縦振動云々はいずれそのうち。

その後、いろいろ聴いて、欠点もわかりました。
機械的な構造の故ですが、ご存知のようにffssヘッドは針を糸で引き止めています。
そのため、アームの質量にもよりますが、横方向の共振周波数がうちの場合2~3ヘルツになります。
レコードが平坦な場合は何の悪影響もありませんが、そりがあった場合、しかもそりの周期と共振周波数があった場合、目に見えてヘッドが揺れ、その結果、再生音がドップラー効果でまるでビブラートをかけているように揺らぎます。もっとひどい場合は溝を跳び越えます。
というわけで、これを使おうとすると、反り直しが必須のようです。面倒だなあ~。

by ibotarow | 2012-12-08 17:30 | 蓄音機 | Comments(2)
Commented by アノニマ at 2012-12-26 20:53 x
ご無沙汰してました。
DECCAのffssで縦振動、私も同じことを考えていました。といっても、まだ試していませんが。どんな結果になるか楽しみですね。
ところで、DECCAの音は、一言でいうと「大人の音」ですよね。さぞかし素敵でしょうね。
Commented by ibotarow at 2012-12-28 16:06
こちらこそご無沙汰しています。
そうですか、やっぱり同じことお考えでしたか、でも中を開けてみたわけではありませんが、78回転用に縦振動コイルは入っていないのでは?

「大人の音」、そうですね、highly sophisticatedを訳すとそうなります(笑)。


<< アルマ・グルックのCanzon...      キュルティのパテ横振動盤 >>