いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 08月 02日

クラウス/ボスコフスキーのモーツァルトをめぐる瑣末な録音話

d0090784_8321927.jpg

お暑うございます。前回に続いてシャルラン・ネタです。
先日、クラウス/ボスコフスキーのモーツァルト・ヴァイオリンソナタ(DF 122)を入手しました。
曲目は、
Sonata for piano and violin in A major, K.305
Sonata for piano and violin in F major, K.57
Sonata for piano and violin in E flat major, K.454
マトリクスは、
[DF122 1C1, XPARTX 22573, M6 156413] K.305, K.57
[DF122 2C1, XPARTX 22574, M6 156414] K.454
フラット盤です。

この二人によるモーツァルト・ヴァイオリンソナタ全集は、DF121-124, DF185-188の8枚ありますが、オリジナルはDF186までは2枚組で発売されました。
これは1枚だけのバラ売りだから、こういうジャケットになるのでしょうか? オリジナルジャケットのように厚紙のゲイトフォールドでもなく、ペラペラの紙ジャケットです。
いずれにしても、彼らのレコードはマルセル・メイエルと並んで高嶺の花で、よもや手にすることはあるまいと思っていましたが、図らずも安価で入手できました。コンディションもDF3桁盤にしては上々です。

さっそく聴いてみました。
クラウスが前に出て自己顕示欲を発揮しています。ボスコフスキーはその陰に隠れて存在感が希薄です。
ヴァイオリン単独で聴くと、それなりによく弾いているんですが、クラウスの饒舌さと比較すると、唄子・啓助、花子・大助等、夫婦漫才コンビによくある気の弱い亭主のようです。
コンサート・マスターだったヴァイオリニスト共通のテイストですかね。

音はCD[1]に比べて甘く滑らかで、艶があるというか、奥行き感があるというか、やはりヴァイオリンはアナログですねえ。
しかし、シャルランも、もうちょっとヴァイオリンの音量を上げて録音してくれたら良かったのに。


と、ここまで書いて、CDの解説を読んでみると、前半は1954年6月にウィーンのムジークフェラインザールで、後半は1955-57年にパリのサル・アディアールでの録音です。
しかも、今までこのソナタ全集はすべてシャルランの録音だとばかり思っていましたが、シャルランが担当したのは彼のホームグラウンドでもあったサル・アディアールの録音で、ウィーンはunknownになっています。
知らなかったのはボクだけかもわかりませんが、このDF122はウィーンの録音でシャルランではないようです。

ということは、前半のDF121-124と、後半の DF185-188で、音がどう違うか、これが興味の的になります。
それで、DF124の最後のK.454と、DF185の最初のK.526をCDで続けて聴いてみました。

その結果、前者では上に書いたようにピアノが前、ヴァイオリンが奥に位置するバランスですが、後者では二人が対等に同一面に並んでいます。
またヴァイオリンの音はよりすっきり、ピアノの音もより締まって聴こえます。さすがシャルラン。

したがって、上に書いた音量に関するシャルランへの恨み言はボクの誤解でした。
同時に、我ながらうまい喩えだと思ったクラウス/ボスコフスキー=夫婦漫才コンビ説も、後半のシャルラン録音では的外れということになりました。




Mozart violin sonata recordings by Lili Kraus & Willi Boskovsky for Discophiles Français

1954.06, Wien, Musikvereinsaal
DF 121 - 122 ( Vol. 1 & 2 )
Sonata for piano and violin in G major, K.301
Sonata for piano and violin in E flat major, K.302
Sonata for piano and violin in C major, K.303
Sonata for piano and violin in E minor, K. 304
Sonata for piano and violin in A major, K.305
Sonata for piano and violin in F major, K.57
Sonata for piano and violin in E flat major, K.454
[DF 121 1C2, XPARTX 23028, M6 157692], DB 70 SIDE 1: [DF 121-1-21, M6 2315921?] K.301, K.302
[DF 121 2C1, XPARTX 22572, M6 156412], DB 70 SIDE 2: [DF 121-2-21, M6 230779] K.303, K.304
[DF 122 1C1, XPARTX 22573, M6 156413], DB 71 SIDE 1: [DF 122-1-21, M6 230603] K.305, K.57
[DF 122 2C1, XPARTX 22574, M6 156414], DB 71 SIDE 2: [DF 122-2-21, M6 230604] K.454

1954.06, Wien, Musikvereinsaal
DF 123 - 124 ( Vol. 3 & 4 )
Sonata for piano and violin in C major, K.296
Sonata for piano and violin in E minor, K.60
Sonata for piano and violin in B flat major, K.378
Sonata for piano and violin in G major, K. 379
Sonata for piano and violin in E flat major, K.58
Sonata for piano and violin in E flat major, K.481
[DF 123 1C1, XPARTX 22575, M6 156415], DB 72 SIDE 1: [DF 123-1-21B, M6 232175] K.296, K.60
[DF 123 2C1, XPARTX 22576, M6 156416], DB 72 SIDE 2: [DF 123-2-21, M6 231861] K.378
[DF 124 1C1, XPARTX 22577, M6 156417], DB 73 SIDE 1: [DF 124-1-21, M6 231593] K.379, K.58
[DF 124 2C1, XPARTX 22578, M6 156418], DB 73 SIDE 2: [DF 124-2-21, M6 230780] K.481

1955.12.16, 19-23, 26/27 Paris, Salle Adyar
DF 185-186 ( Vol. 5 & 6 )
Sonata for piano and violin in A major, K.526
Sonata for piano and violin in F major, K.547
Sonata for piano and violin in C major, K.56
Sonata for piano and violin in F major, K.377
Sonata for piano and violin in C minor, K.59
Sonata for piano and violin in A major, K.402
Sonata for piano and violin in F major, K.376
[DF185 1], DB 74 SIDE 1: [DF 185-1-21, M6 230605] K.526
[DF185 2], DB 74 SIDE 2: [DF 185-2-21, M6 230606] K.547, K.56
[DF186 1], DB 75 SIDE 1: [DF 186-1-21, M6 230684] K.377, K.59
[DF186 2], DB 75 SIDE 2: [DF 186-2-21, M6 230685] K.402, K.376

DF 187 ( Vol. 7 )
1955.12.21 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in D major, K.306
1955.12.19/20 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in E flat major, K.380
1957.5.3 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in C major, K.404
[DF 187 1 J1], DB 76 SIDE 1: [DF 187-1-21, M6 231870] K.306
[DF 187 2 J2], DB 76 SIDE 2: [DF 187-2-21, M6 231871] K.380, K.404

DF 188 ( Vol. 8 )
1957.5.2/3 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in C major, K.403
1955.12.19 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in F major, K.55
1955.12.16 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in C major, K.6
1955.12.23 Paris, Salle Adyar
Sonata for piano and violin in G major, K.27
[DF188 1], DB 77 SIDE 1: [DF 188-1-21, M6 231872] K.403, K.55
[DF188 2], DB 77 SIDE 2: [DF 188-2-21, M6 231873] K.6, K.27

上のリストで、DF185-188のマトリクスが不明です。ご存じの方がおられましたら、ぜひご教示ください。

Reference
[1] Mozart Violinsonatas Willi Boskovsky・Lili Kraus, EMI CHS7638732 (1991)
d0090784_833317.jpg

[PR]

by ibotarow | 2014-08-02 11:18 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ibotarow.exblog.jp/tb/20968974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< コラーロ2010レストア事始め      シャルラン初期盤の尋常じゃない音 >>