人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 21日

フランシスコ・ヴィニャスのO Paradiso

フランシスコ・ヴィニャスのO Paradiso_d0090784_6453421.jpg

ヴィニャス(ヴィグナス)については、過去3回書きましたが[1-3]、そのつど呼び名が変わっていましたので、ここで下記のように統一します。
スペイン語名は、Francisco Viñas (フランシスコ・ヴィニャス)
イタリア語名は、Francesco Vignas (フランチェスコ・ヴィグナス)
彼のレコードはすべてミラノ録音ですので、レーベル上の名前はイタリア語表記です。

さて、前回のマルコーニのレコードとともに、写真のレコードも同梱で到着しました。
マルコーニはたぶん無理だろうと思ったので、押さえにもう1枚入札したのですが、邪心が無かったためか、2枚とも手に入ってしまいました。

フランシスコ・ヴィニャスのディスコグラフィーは以前作りましたが[3]、そのうちのG&Tの部分を再掲します。
1903年10月のミラノ録音で、10インチが1面、12インチが7面あります。
Con 133Rだけ、X-92115としてゾノフォンからも出たようです。
ちなみにウィル・コンラッド・ガイスベルグは、マトリクスのプリフィックスにG&T録音は"Con"、ゾノフォン録音は"Rad"を使い分けていましたが、これは自分のミドルネームですね。

Youtubeを探しましたが、残念ながらG&Tは無く、1912年のフォノティピア
[XPh 4913] 69121 L’AFRICAINE: O paradiso (Meyerbeer)
と思われる音源
http://get-tune.net/?a=music&q=francisco+vinas+l+africaine+o+paradiso+meyerbeer
がありますので、聴き比べてみました。
フォノティピアは録音に慣れたのか、ストレスなく朗々と歌っています。
それに対して、長年の風雪に耐えた古木のように節くれだった表現は、1903年のG&Tに共通の味わいだと思います。



              Francisco Viñas G&T Recordings by [4-6]
                                                               ○: [4]

1903.10, Milan, accompanied by SALVATORE COTTONE at the piano
[Con 133R] 52735 GERMANIA: Studenti, udite (Franchetti) ○ X-92115
[Con 520R] 052007 AIDA: Celeste Aida (Verdi) ○
[Con 521R] 052008 MEISTERSINGER: Dall’alba tinto (Morgenlich leuchtend) (Wagner) ○
[Con 522R] 052013 DIE WALKÜRE: Cede il verno ai rai (Winterstürme) (Wagner) ○
[Con 527R] 052005 LOHENGRIN: S’ei torna alfin (Mein lieber Schwan!) {Second part only} (Wagner) ○
[Con 529R] 052001 LOHENGRIN: Ben altra prova (Höchstes Vertrau’n) (Wagner) ○
[Con 531R] 052002 LOHENGRIN: Da voi lontan (In fernem Land) (Wagner) ○
[Con 532R] 052004 L’AFRICAINE: O paradiso (Meyerbeer) ○


References
[1] フランチェスコ・ヴィニャス(ヴィグナス)(2005年 04月 03日)
[2] ヴィグナスG&T (2005年 08月 14日)
[3] フランチスコ・ヴィニャスのローエングリン「はるかな国に」(2011年 02月 05日)
[4] The Complete Francisco Viñas, Marston, 53006-2 (2006)
[5] Alan Kelly, "Matrix Series Suffix-e, Ten Inch Wax Process Recordings made by W C Gaisberg et al" (1994)
[6] Alan Kelly, "Matrix Series Suffix-f, Twelve Inch Wax Process Recordings made by William Conrad Gaisberg et al" (1994)

by ibotarow | 2014-09-21 07:06 | 男声_ラッパ吹き込み | Comments(0)


<< キャスリン・パーロウのディスコ...      フランチェスコ・マルコーニのD... >>