人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 11日

1925年のマルセル・メイエル

1925年のマルセル・メイエル_d0090784_9485392.jpg

先月の「マルセル・メイエルのスカルラッティ」の最後に、
>1938年のスカラムーシュ聴くと、1930年代の、さらには1920年代のメイエルはさらに素晴らしかったでしょうね。
と書いた手前、復刻CD[1]の解説をもとに1920年代の録音をリストアップしてみました。
録音年月日については、別の復刻CD[2]のデータも併記しておきます。

先日、その中のD 1063を入手することができました。 最初期の電気録音です。
ストラヴィンスキーのラグタイムについては[3]に記事があります。ドイツ語なので読んでいませんが。
さて、そのラグタイムから聴いてみました。
まるでジャズのようです、あたりまえか。
弾むリズムの躍動感が素晴らしく、ラディゲらと海岸で遊んでいた頃[4]のピチピチギャル時代のメイエルがいます。
1925年のマルセル・メイエル_d0090784_9504215.jpg

次にアルベニスのナヴァラを聴くと、やはり弾むリズムの中に、ロマンチックな大きなうねりに身を任せるような快感が得られます。
まさにこれが1920年代なんでしょうねえ、日本でいうモガ・モボ時代ですね。

[1]の解説記事によると、彼女の演奏を特徴づける要素として、
crispness, clarity and vitality
を挙げています。
clarity and vitalityはいかにも彼女らしくてよくわかりますが、crispとは語感からいって、硬いものをカリッと齧るときの痛快感をともなった、あの感覚でしょうか?
これも若いメイエルならではの特質でしょうね。
このレコードを聴くとその感じがとてもよくわかります。


             Marcelle Meyer 1920s Recordings

1 Dec. 1925, Hays, Studio A
HMV
[Bb 7430] Non publié  Francis Poulenc (1899-1963): Trois Mouvements perpétuels
I Assez modéré, II Très modéré, III Alerte
[Cc 7433-1] 05869  Igor Stravinsky (1882-1971): Ragtime D 1063, W 727 (1925年5月12日、14日)
[Cc 7434-3] 05870   Isaac Albéniz (1860-1909): Navarra D 1063, W 727 (1925年5月12日、14日)
[Bb 7435-2] 5834? Manuel de Falla (1876-1946): Danse du Meunier (Le Tricorne) P 725 (1925年11月18日)
[Bb 7436-2] 5835  Isaac Albéniz (1860-1909): Sous le palmier (Canto de Espaňa, Op.232) P 725 (1925年5月13日)
[Bb 7437] Non publié  Emmanuel Chabrier (1841-1894): Idylle (Pieces pittoresques)
[Bb 7438] Non publié  Claude Debussy (1862-1918): Poissons d'or (Images, 2e série)

12 Oct. 1929, Paris, Studio Albert
10" Columbia
[WL 1846-1 / 1847-2] LF 24 Emmanuel Chabrier (1841-1894): Bourrée fantasque
[WL 1848-1 / 1849-2] LF 11 Maurice Ravel (1875-1937): Alborada del gracioso (extr. de Miroirs)

References
[1] Marcelle Meyer -Studio Recordings 1925-1957, EMI Classics, CZS3846992 (2007)
[2] ST-LAURENT STUDIO
http://www.cadenza-cd.com/label/st_Laurent.html#YSL78-062
[3] Noch etwas Rag-time, diskographisch (1)
http://www.dpmusik.de/straw/intro07.html
[4] http://www.lesdiagonalesdutemps.com/article-raymond-radiguet-et-jean-cocteau-113599965.html

by ibotarow | 2015-02-11 09:57 | ピアノ_電気録音 | Comments(0)


<< 赤胴クンでベートーヴェン作品1を      マルセル・メイエルのスカルラッティ >>