いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 29日

マルセル・メイエルのスカルラッティその後

d0090784_11194598.jpg

またメイエルか、と言われそうですが、これで最後です。
以前入手した1946年録音のスカルラッティ(DF15)は、演奏は溌剌としてすばらしいけれども、ワウフラッターのせいで音が揺れるのが玉に瑕でした。
ヴァイオリンのビブラートは気持ち良いのに、ピアノのビブラートは気持ち悪いのは何ででしょうね。
というわけで、揺れないLP録音のスカルラッティ(DF 139-140)が欲しくなったのであります。(理由になっているかな?)
ほどなく、DF139だけバラで出ていたのを見つけ、数人の競争相手とバトルの末、辛くも入手できました。

1954-11
DF 139
Domenico Scarlatti: Les sonates pour clavier

1面:[DF 139 1C1, XPARTX 25306, M6 163040]
N°12 (Kk.478) - D major, Andante cantabile △
N°14 (Kk.492) - D major, Presto
N°23 (Kk.380) - E major, Andante comodo ○
N°449 (Kk.27) - B minor, Allegro ○
N°450 (Kk.245) - B major, Allegro △
N°33 (Kk.87) - B minor ○
N°58 (Kk.64) - D minor, Allegro ○
N°288 (Kk.432) - G major, Allegro △

2面:[DF 139 2C1, XPARTX 25308, M6 163042]
N°338 (Kk.450) - G minor, Allegrissimo △
N°382 (Kk.69) - F minor △
N°344 (Kk.114) - A major, Spirito e presto ○
N°413 (Kk.9) - D minor, Allegro △
N°415 (Kk.119) -D major, Allegro △
N°423 (Kk.32) - D minor, Aria ○
N°429 (Kk.175) - A minor, Allegro ○
N°468 (Kk.279) - A major, Andante ○


1946年の録音のような勢いの良さはありませんが、暖かく包み込むような、母親のような演奏です。
でも場所によっては、けっこう力強さも感じられます、母は強し。

この後、DF15を聴くと、敏捷で、エネルギー感が違います。逞しいと言ってもいい。
しかし、いささか体操の演技のようではありますが。
○印がDF15にも収録されている曲です。半分ほど重複しているのがわかります。
メイエルの好きな曲、あるいは得意な曲なのでしょうか。
おかげでDF15の良さを再認識しました。揺れるのは我慢しましょう。

なお、△印はSP盤のAlbum 30の収録曲で、○△合わせるとDF139はほとんど重複しているがわかります。
未入手のDF140も調べてみると、半分以上重複していました。

1955-5
[DF 140 1C1, XPARTX 29125, M6 169832]
N°465 (Kk.96) - D major, Allegrissimo △
N°463 (Kk.430) - D major, Non presto ma a tempo di ballo ○
N°286 (Kk.427) - G major, Presto quanto sia possible △
N°486 (Kk.13) - G major, Presto △
N°475 (Kk.519) - F minor, Allegro assai ○
N°384 (Kk.17) - F major, Presto △
N°498 (Kk.202) - B-flat major, Allegro ○
N°499 (Kk.30) - G minor Moderato ○

[DF 140 2C2, XPARTX 29078, M6 169714]
N°461 (Kk.29) - D major, Presto
N°263 (Kk.377) - B minor, Allegrissimo △
N°490 (Kk.523) - G major, Allegro
N°433 (Kk.446) - F major, Pastorale Allegrissimo
N°104 (Kk.159) - C major, Allegro
N°203 (Kk.474) - E-flat major, Andante cantabile
N°487 (Kk.125) - G major, Vivo ○
N°395 (Kk.533) - A major, Allegro assai

ということで、ボクのスカルラッティのイメージからすると、断然DF15の方なんですが、DF139の優しく、時には強い、母性的魅力にも抗しがたいものがあります。
結局、メイエル・ファンとしては両方必要です。
[PR]

by ibotarow | 2015-03-29 11:30 | ピアノ_電気録音 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ibotarow.exblog.jp/tb/21666934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< デ・ヴィート/フィッシャーのブ...      赤胴クンでベートーヴェン作品1を >>