人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 27日

フランツ・ドルドラのディスコグラフィー

フランツ・ドルドラのディスコグラフィー_d0090784_9174836.jpg

きっかけは某オークションに、日本ポリドールの Franz Drdla(1868-1944)の自作自演レコード10009が出ているのを見つけたことです。
オークションの写真を見るとマトリクス番号が写っていて、サフィックスはarです。
このサフィックスの由来は以前、オネーギンのラッパ吹き込み に記したように、1914年以後、英グラモフォンとは袂を分かったDeutsche Grammophon Aktiengesellschaft の録音です。
日本ポリドールは昭和2年(1927年)に設立され、DGAと原盤契約を結びました。

ドルドラはG&T[1,2]だけだと思っていましたが、こんな録音があるとは知りませんでした。
それでレコードを1枚も持ってないのに、ディスコグラフィーを作りたくなりました。

その前に、ドルドラの録音はないかとYoutubeを探してみたら、 ブルッフの協奏曲
[947 x] 47923 Konzert Nr 1 Op 26: Allegro moderato (Max Bruch), mit Klavier 
がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=kiX7HOdyMgA
ドルドラのロマンチックな曲から受けるイメージとは裏腹に、 フーベルマンやタシュナーを彷彿させる力強い演奏でびっくりしました。
風貌もご両人のごっつい顔となんだか似てますよね。

もう一曲ドルドラの演奏を見つけました。スーベニールです。
https://www.youtube.com/watch?v=Qf7UdH2ALVw
その後、Loreeさんから送っていただいたヤン・クーベリック協会の復刻CD[3]の音源と比較して、ポリドールの演奏
[3395 ar] 20194 Souvenir (Drdla) 日Polydor 10009-A
と判明しました。
2分20秒~30秒あたりに、楽譜にないアドリブが聴かれます。
楽譜を見たわけではありませんが、他の演奏と比較して、また下記の記述[4]を読んでそう思いました。

Drdla’s own playing style as revealed by his recordings is articulate and accurate with infrequent use of vibrato, although this is slow and wide where it does occur. In his Souvenir performance (1920) and the 1903 recording of his Chopin arrangement one can also hear his penchant for pronounced portamenti and a fascinatingly free approach to his own notated rhythms, no doubt influenced by his links to folk music traditions. (David Milsom,"FRANZ DRDLA")

この文章にはスーベニールのほかにショパンも挙げられています。
これは復刻CD[3]には入っていないので、どれだけ楽譜から逸脱しているか聴いてみたいものだと思っていましたら、UNICORNさんからPearlの復刻LP GEM102 [5]に入っているよと教えていただきました。
このLPはボクも持っていますが、何十年も聴いていないのですっかり忘れていました。
ドルドラは
[949 x] 47929 Nocturne Op 9 Nr 2 (Chopin-Sarasate)
1曲のみ収録されています。
さっそく聴いてみると、ドルドラは素直に楽譜通りに弾いているようです。
後年のポリドールのような”溜め”はあまり感じません。
その点、物足りないと言えばそうですが、初々しいとも言えます。
音は昔の復刻盤特有の、スクラッチノイズを消した貧弱な音です。




それでディスコグラフィーですが、アラン・ケリー[1,2]でG&Tは網羅していると思うのですが、オデオンとポリドールはまだまだあると思います。
復刻CD[3]の解説によると、
1907年のオデオンに両面盤が10枚、
1924年のポリドールに30曲
の録音があるそうですが、現在判明しているのは、
オデオン 5面、
ポリドール 20面
です。
この外、1907年のパテにも何曲かあるそうですが、市場に出回っているものは無いそうです。
下のリスト以外の情報をお持ちの方、ぜひご教示ください。


        František Alois Drdla Discography (incomplete)
                                                  ○:[3]

G & T
1902 Vienna [1]
[2433 g] 47916 Serenade (Herbst)
[852 x] 47922 Serenade Nr.1 in A für Violine (Drdla)  
[946 x] 47928 Serenade in A Op 7 (Pierné)
[947 x] 47923 Konzert Nr 1 Op 26: Allegro moderato (Max Bruch), mit Klavier ○
[948 x] 47927 Fantaisie militaire Op 15 (Leonhardt)
[949 x] 47929 Nocturne Op 9 Nr 2 (Chopin-Sarasate)

1903 Vienna [2]
[914 z] 47943 Romanze in A (Drdla)
[65 m] 047908 Serenade Nr 3 (Drdla)


Odeon
1907-3-15 Vienna
[Vx 2204-2] 25630 Madrigal (Simonetti) 118000
[Vx 2205] 52017 Vision in E flat Op. 28 (Drdla)  
[Vx 2206] 52018 Mazurka (Drdla) 

1911-11-15 Berlin
[XB 5511] X 99784 Walzerserenade Op. 42 (Drdla)  327, 1192, 51056 ○
[XB 5512] X 99784 Guitarrero Op. 88 (Drdla)  327, 1190, 51057 ○


Polydor
1920 or 1924 with E. Kris (pf)
[3393 ar] 20193 Vision in E flat Op. 28 (Drdla) ○
[3394 ar] 20193 Lied ohne Worte in D Op. 147 (Drdla) 日Polydor 10018-B ○
[3395 ar] 20194 Souvenir (Drdla) 日Polydor 10009-A ○
[3396 ar] 20194 8 Ungarische Tänze Op. 30 (Drdla) 
   No. 1 Hej de Fényes / No.2 Hamis babán ○
[3397 ar] 20195 Griselda Op. 138 (Drdla)
[3398 ar] 20196? Morceaux Op. 37-3 Feu Follet in D (Drdla)
[3399 ar] 20195 Waltz-serenata Op. 42 (Drdla)
[3400 ar] 20197 Serenade No. 1 in A (Drdla) 日Polydor 10009-B ○
[3401 ar] 20196 Rano Op. 189 (Drdla)
[3402 ar] 20197 Märchen (Drdla)  ○
[3403 ar] 20198 Valse viennois (Drdla)
[3404 ar] 20198 Grasiella Op. 180 (Drdla) ○
[3405 ar] 20199 Menuet in G Op. 81 (Drdla) ○
[3406 ar] 20200 Wiegenlied in C Op. 33 (Drdla) 日Polydor 10018-A ○
[3407 ar] 20201 Illusion in A Op. 48 (Drdla) ○
[3408 ar] 20199 Chant d'amour Op. 31 (Drdla) ○
[3409 ar] 20200 Morceaux Op. 52-2 Capriccio in D (Drdla)  ○
[3410 ar] 20201 Mazurka No. 2 in G Op. 23 (Drdla) ○
[3411 ar] 20202 Idyla in A Op. 36 (Drdla)  ○
[3412 ar] 20202 Alt-Wiener Tanz Op. 94 (Drdla) ○



References
[1] ALAN KELLY, The Gramophone Company Limited,
His Master‘s Voice Matrix Series Suffix h (early use suffix-x),
Recorded by WILLIAM SINKLER DARBY (1901 to 1909), MAT 104 (1994)
[2] ALAN KELLY, The Gramophone Company Limited,
His Master’s Voice Matrix Series Suffix-m,
Recorded by Max Hampe (Hampe II) (1904 to 1920), MAT 105 (1995)
[3] Jan Kubelik Society, Souvenir (Prihoda, Drdla, Kubelik) 2CDs, SJK002 (2004)
[4] A–Z of String Players, Naxos 8.558081-84
http://www.naxos.com/person/Franz_Drdla/26008.htm
[5] Great Virtuosi of the Golden Age Vol. II, Pearl GEM102

by ibotarow | 2015-06-27 09:36 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Comments(0)


<< ボベスコのl'age ...      ドンドンよく鳴るHMVのラッパ... >>