いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 20日

クーベリックFONOTIPIA 前半

ヤン・クーベリックG&Tに続いてFonotipiaの回転数を調べます。
Fonotipiaのリストを拙ブログから再掲しますと、

Jan Kubelik FONOTIPIA Recordings

1905.05.Milan
[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 271] 39191 Serenade, Op.4 (d'Ambrosio)
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise Nachez)
[xPh 272-2] 39163-2 do X 99983
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto, Op.20 (Gounod-Wieniawski)
[xxxPh 275] 69013 Variazioni sull'Inno Nazionale Inglese (Paganini)
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo, Op.11 (Paganini)
[xxxPh 283] 69010 LUCIA DI LAMMERMOOR: Sestetto (Donizetti- Saint-Lubin) 
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen, Op.15-7: Träumerei (Schumann)
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins, Op.25 (Bazzini)
[xPh 296] 39163-3 Danse Hongroise (Nachez)

1906.11.Milan
[xPh 2228] 39925 Zephyr, Op.35-5 (Hubay) 72304
[xPh 2229] Studies (Chopin) [violin]
[xPh 2230] Partita No. 3 in E major, BWV1006: Präludium (Bach)
[xPh 2231] 39884 Scherzo Tarantelle, Op.16 (Wieniawski) Columbia F 29

1907.02.01/4 Milan
[xPh 2400] Cavatina in D, Op.85-3 (Raff)
[xPh 2400-2] 62036 do
[xPh 2401] 62037 Vision (Drdla)
[xPh 2402] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 2402-2] 39162-2 do O-5904, X 99981, Rx 98112
[xPh 2403]  39193-2 Serenade (Drdla)
[xxPh 2404] Ave Maria (Schubert)
[xxPh 2405] 74084-2 Zingaresca (Sarasate) 5526 F, XX 76993

1910.03/07 or 1910/4/10 Milan
[xxPh 4305] 74083 Zapateado - Danza spagnola, Op.23-2 (Sarasate) 5526 F
[xPh 4306] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 4307] 39193-4 Serenade (Drdla) O-5515, X 99982, X 98113
[xPh 4308] UNP Images, Impressions et Souvenirs, Op.41-14: Poem (Fibich-Kubelik)

1911.03. ? or 1911/5/30 Milan
[xPh 4552] 62573 Images, Impressions et Souvenirs, Op.41-14: Poem (Fibich-Kubelik)
[xPh 4553] 62496 Serenata Napoletana(Sgambati)
[xPh 4554] 62574 Berceuse, Op.56 (Drdla)
[xxPh 4555] 74084 Zingaresca (Sarasate) 5526 F
[xxPh 4556] 74086 Concertos in D (Paganini) : Cadenza (Kubelik) 5527 F
[xPh 4557] 62497 Le cygne (Saint-Saëns)
[xxPh 4558] 74085 Capriccio in G minor, Op. 1-6 (Paganini) 5527 F
[xPh 4559] 62603 Sérénade de Pierrot (Randegger)
[xPh 4560] UNP Zigeunerweisen, Op. 20-1(Sarasate)
[xxPh 4555?] UNISSUED Variations in A major (Paganini)

まず、1905年録音で調査するのは下記の8面です。

[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 271] 39191 Serenade, (d'Ambrosio)
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise Nachez)
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto (Gounod-Wieniawski)
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo (Paganini)
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen: Träumerei (Schumann)
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins (Bazzini)

これらを78 rpmで再生した時の300 Hzから600 HzまでのスペクトルをFig. 1に示します。

d0090784_17265156.jpg
ピッチはわりと揃っているようです。

個別のデータはMoreを見ていただくとして、A4=440 Hzで推定した回転数をFig. 18にまとめます。

d0090784_08055713.jpg

パガニーニの無窮動だけ、飛び離れた値になりましたが、果たしてあっているでしょうか?
これらの回転数で再生したMP3音源を下記にアップしました。

[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 271] 39191 Serenade, (d'Ambrosio)
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise Nachez)
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto (Gounod-Wieniawski)
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo (Paganini)
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen: Träumerei (Schumann)
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins (Bazzini)





それでは個別の推定根拠を示します。
最初は、ドルドラのスーベニール
[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
です。
d0090784_17402160.jpg

Fig. 2に示す楽譜[1]を見ると、ピアノの冒頭にA4の2分音符があります。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 3のようになりました。

d0090784_17531017.jpg
FFTのデータ点数N=8196ですので、周波数分解能は多少粗くなっていますが、A4は、
430 Hz付近
のようです。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
432.0099 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、
440/432.0099*78=79.4 rpm
となりました。


次は、ダンブロジオのセレナーデ
[xPh 271] 39191 Serenade, (d'Ambrosio)
です。

d0090784_12320776.jpg

Fig. 4に示す楽譜[2]を見ると、3小節目にA4の付点2分音符があります。
ピアノ伴奏にも4分音符があります。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 5のようになりました。

d0090784_12391066.jpg
このような単峰性のスペクトルはわかりやすいですね。A4は、
430 Hz付近
です。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
427.9724 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/427.9724*78=80.2 rpm
となりました。


次は、ナシェッツのハンガリー舞曲
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise (Nachez)
です。

d0090784_12443905.jpg

Fig. 6に示す楽譜[3]を見ると、ピアノパートの5小節目にA4の4分音符が二つあります。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 7のようになりました。

d0090784_12521233.jpg
A4は、
430 Hz付近
のようです。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
425.9537 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/425.9537*78=80.6 rpm
となりました。


次は、ヴィエニャフスキーのファウスト幻想曲
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto, Op.20 (Gounod-Wieniawski)
です。

d0090784_17340808.jpg

Fig. 8に示す楽譜[4]を見ると、ヴァイオリンパートの4小節目にA4の8分音符が二つあります。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 9のようになりました。

d0090784_17385582.jpg
A4は、
430 Hz付近
のようです。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
427.2995 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/427.2995*78=80.3 rpm
となりました。


次は、パガニーニの無窮動
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo, Op.11 (Paganini)
です。

d0090784_17483163.jpg

Fig. 10に示す楽譜[5]を見ると、ほとんどが16分音符で切り取りにくいのですが、最後の音がC4の2分音符です。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 11のようになりました。

d0090784_17513931.jpg
C4は、
240 Hz付近
のようです。
A4に換算すると、
240/1.1892*2=403.63 Hz
となります。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルの400 Hz付近のピーク周波数を拾うと、
403.7476 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/403.7476*78=85.0 rpm
となりました。


次は、ドルドラのセレナーデ
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
です。

d0090784_18244713.jpg

Fig. 12に示す楽譜[6]を見ると、5小節目に、F4とA4の8分音符があります。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 13のようになりました。

d0090784_18255639.jpg
A4は、
440 Hz付近
のようです。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
439.4119 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/439.4119*78=78.1 rpm
となりました。


次は、シューマンのトロイメライ
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen, Op.15-7: Träumerei (Schumann)
です。

d0090784_18295221.jpg

Fig. 14に示す楽譜[7]を見ると、5小節目に、ヴァイオリンとピアノ両方にG4の2分音符があります。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 15のようになりました。

d0090784_18295809.jpg
G4は、
380 Hz付近
のようです。
A4に換算すると、
380*1.12246=426.5 Hz
となります。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
434.0286 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/434.0286*78=79.1 rpm
となりました。


1905年録音の最後は、バッツィーニィーニのロンド・デ・ルタン
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins, Op.25 (Bazzini)
です。

d0090784_18315869.jpg

Fig. 16に示す楽譜[8]を見ると、出だしのピアノがB音です。
この音の部分を切り取ってスペクトルを求めるとFig. 17のようになりました。

d0090784_18320185.jpg
B4は
480 Hz付近
のようです。
A4に換算すると、
480/1.122462=427.6 Hz
となります。

そこで、Fig. 1の全体スペクトルのこの付近のピーク周波数を拾うと、
435.3745 Hz
となりました。

この周波数から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、、
440/440/435.3745*78=78.8 rpm
となりました。


References
[1] https://violinsheetmusic.org/classical/work/drdla-souvenir/
[2] http://imslp.org/wiki/Serenade%2C_Op.4_(D%27Ambrosio%2C_Alfredo)
[3] http://imslp.org/wiki/Danses_tziganes%2C_Op.14_(Nach%C3%A9z%2C_Tivadar)
[4] https://violinsheetmusic.org/classical/w/wieniawski/
[5] https://violinsheetmusic.org/classical/p/paganini/
[6] http://imslp.org/wiki/Serenade_No.1_(Drdla%2C_Franti%C5%A1ek_Alois)
[7] https://violinsheetmusic.org/classical/s/schumann/
[8] https://violinsheetmusic.org/classical/b/bazzini/


[PR]

by ibotarow | 2018-05-20 10:48 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ibotarow.exblog.jp/tb/26799234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< クーベリックFONOTIPIA 後半      クーベリックG&T >>