人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 02日

ブーシュリ盤の回転数

以前、Jules Boucherit (1877-1962)のZonophone盤のリストを示しましたが、今回、それに、C. Zwargの"Speeds & Keys"[1]から、キー、ピッチ(Hz)、回転数(rpm)のデータを拾って【 】内に記入すると、下記のようになりました。

1906, Paris      
[5499o] X-87900 Le cygne (Saint-Saëns)
[5500o] X-87901 Gavotte ancienne (Jean-Marie Leclair)
[5502o] X-87902 Romance (Louis Diémer) 【C, 441, 76.6】
[5503o] X-87903 Tambourin (Jean-Marie Leclair) 【D, 441, 76.5】
[5506o] X-87904 Hejre Kati (Hubay)
[5508o] X-87905 Berceuse (G Faure)
[5592o] X-87906 Thais: Méditation (Massenet) 237902
[5593o] X-87910 Danse mauresque (Lefort) 237913
[5594o] X-87907 Poème hongrois No 4 (Hubay)
[5595o] X-87908 Caprice scherzando (Louis Diémer)
[5596o] X-87909 Poème hongrois No 6 (Hubay)
[5597o] X-87911 Nocturne de Chopin (transcrit par Sarasaté) 237914
[5598o] X-87912 Aria (Bach)
[5599o] X-87913 Menuet du Concert k219 (Mozart) 237903 【A, 441, 76.4】
[6021o] X-87912X Aria (Bach)

その時書いたように、
Zonophoneは1903年にG&Tに買収されたので、実質的にはフレンチG&Tです。
録音技術者は、マトリクスのサフィックス"o"から、サラサーテと同じWallcuttと思われます。

それで[1]にデータがあることを期待したのですが、わずか3面のデータしか載っていませんでした。
でも、基準ピッチはいずれもA=441 Hzですので、この頃のパリのG&Tスタジオのピアノは、サラサーテと同じく、A=441 Hzに調律されていたようです。

前回は、下記の2曲について、復刻CD[2]と合わせて回転数を推定した結果、

237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet)    76 rpm 
237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart)  76 rpm  (76.4 rpm)

となりました。
()内に示した[1]の値と比べると、0.4 rpm低い値ですので、この復刻CDのピッチはA=440 Hzとしているのかもしれません。

一方、[1]にはタイスのデータはありません。
でも、上記のように、基準ピッチはA=441 Hzでしょうから、モーツァルトと同じような回転数であろうと思われます。
そこでまず、この2面を76.4 rpmで再生した時の平均スペクトルを求めると下図の赤と青のようになりました。

ブーシュリ盤の回転数_d0090784_10190863.jpg


赤のモーツァルトのA4のピークはほぼ441 Hz付近にありますが、青のタイスは443 Hz付近になりました。
それで、以前の76 rpm再生時のタイスのスペクトルを求めると灰のようになり、A4のピークは441 Hz付近に移動しました。

というわけで、今回、音源を再アップするのに際し、モーツァルトは回転数を[1]に合わせることにしましたが、タイスに関しては前回と同様76 rpmとします

237902 [5592o] Thais: Méditation (Massenet) (76.0 rpm)

237903 [5599o] Menuet du Concert k219 (Mozart) (76.4 rpm)

References
[1] Chris Zwarg, "Speeds & Keys Vol. I Gramophone Co. (1898-1921)", Truesound Transfers (Berlin, 2018)
[2] The Great Violinists, Vol. 23, Symposium 1349 (2007)




by ibotarow | 2019-06-02 08:07 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Comments(0)


<< ブルメスター盤の回転数      ロゼ盤の回転数 >>