人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2020年 10月 25日

イヴ・ナットのベートーヴェン:ピアノソナタのピッチについて

イヴ・ナットのベートーヴェン:ピアノソナタのピッチについて_d0090784_08214137.jpg


前報の最後に、ピッチのばらつきは品質管理の問題か?と書きました。
しかし、イヴ・ナットのピアノは低めに調律してあった可能性も否定できません。
そこで、ナットのベートーヴェン:ピアノソナタについて、以前のDF 57を含む、DF旧盤4枚のピッチを比較してみます。

DF 57 
24 June 1955
8ème Sonate Pour Piano En Ut Mineur, Opus 13 "Pathétique"
I. Grave Allegro Molto E Con Brio
II. Adagio Cantabile
III. Rondo Allegro

14ème Sonate Pour Piano En Ut Dièse Mineur, Opus 27-2 " Clair De Lune" (Début)
I. Adagio Sostenuto
II. Allegretto
[DF 57 1C21, PARTX 19515, M6 148670]

14ème Sonate Pour Piano En Ut Dièse Mineur, Opus 27-2 " Clair De Lune" (Fin)
III. Presto Agitato

22 Sep. 1955
23ème Sonate Pour Piano En Fa Mineur, Opus 57 "Appassionata"
I. Allegro Assai
II. Andante Con Moto
III. Allegro Ma Non Troppo
[DF 57 2C21, PARTX 19516, M6 148671]


DF109
17 Feb. 1954
32ème Sonate Pour Piano En Do Mineur, Opus 111
I. Maestoso - Allegro con brio ed appassionato
II. Arietta (Adagio molto simplice e cantabile)

30ème Sonate Pour Piano En Mi Majeur, Opus 109 (Début)
I. Vivace Ma Non Troppo - Adagia Espressivo
II. Prestissimo
[DF 109 1C4, XPARTX 24419, M6 161242]

30ème Sonate Pour Piano En Mi Majeur, Opus 109 (Fin)
III. Andante molto cantabile ed espressivo

31ème Sonate Pour Piano En La Bémol Majeur, Opus 110
I. Moderato Cantabile
II. Allegro Molto
III. Recitativo - Arioso Dolente - Fuga
[DF 109 2C3, XPARTX 22265, M6 155821]


DF125
May-June 1954
27ème Sonate Pour Piano En Mi Mineur, Opus 90
I. Allegro
II. Rondo

26ème Sonate Pour Piano En Mi Bémol Majeur, Opus 81a
I. Les Adieux
II. L'Absence
III. Le Retour
[DF 125 1C4,XPARTX 24018, M6 160198]

28ème Sonate Pour Piano En Mi Majeur, Opus 101
I. Allegretto Ma Non Troppo
II. Vivace Alla Marcia
III. Adagio Ma Non Troppo - Allegro Non Troppo Ma Con Risoluzione

25ème Sonate Pour Piano En Sol Majeur, Opus 79
I. Presto Alla Tedesca
II. Andante : espressivo
III. Vivace
[DF 125 2C1, XPARTX 22580, M6 156420]


DF144
Feb. 1955
32 Variations Pour Piano En Do Mineur, WoO 80

Nov. 1954
29ème Sonate Pour Piano En Si Bémol Majeur, Opus 106 "Hammerklavier" (Début)
I. Allegro
II. Scherzo (Vivace)
[DF 144 1C4, XPARTX 28075, M6 167887]

29ème Sonate Pour Piano En Si Bémol Majeur, Opus 106 "Hammerklavier" (fin)
III. Adagio Sostenuto
IV. Largo - Allegro Risoluto
[DF 144 2C4, XPARTX 27029, M6 166017]


4枚のA面外側トラック、曲名で言うと、
DF 57: 8ème Sonate Pour Piano En Ut Mineur, Opus 13 "Pathétique"
DF 109: 32ème Sonate Pour Piano En Do Mineur, Opus 111
DF 125: 27ème Sonate Pour Piano En Mi Mineur, Opus 90
DF 144: 32 Variations Pour Piano En Do Mineur, WoO 80
の、それぞれ冒頭4分間のスペクトルを比較してみたところ、

イヴ・ナットのベートーヴェン:ピアノソナタのピッチについて_d0090784_08262792.jpg

となりました。
DF 109, 125, 144に関しては、A4=440 Hz付近にピークが集まっていますが、DF 57だけは、半音の半分ほどずれているのがわかります。

録音年は、4枚の中ではDF 57が一番新しいですが、この時だけピッチを下げて調律したとは考えにくいです。

マトリクスのプリフィックスPARTXとXPARTXについては、冒頭にXが付いたのは、ステレオ録音のYPARTXと区別するためだと思いますので、この切り替え時にカッティングシステムが変わったのでしょうか?
もしそうだとすると、DF 57だけPARTXで、残りはXPARTXですので、古いカッティングのDF 57は、やはり、品質管理に問題があったのかもしれません。

参考のため、CD全集[1]の中から、上と同じ曲の冒頭4分間のスペクトルを比較してみると、

イヴ・ナットのベートーヴェン:ピアノソナタのピッチについて_d0090784_08141491.jpg

となりました。
DF旧盤と比べて、ピッチが細かく補正されているのか、A4以外のピークもよく揃っているのがわかります。
だからといって、DF旧盤の魅力は些かも色褪せるものではありません。50年代のアンドレ・シャルランの音は50年代のレコードで完結します。

Reference
[1] Beethoven: Les Sonates pour Piano / Complete Piano Sonatas, Yves Nat, EMI CZS 7 62901 2 (1989)

イヴ・ナットのベートーヴェン:ピアノソナタのピッチについて_d0090784_12475338.jpg



by ibotarow | 2020-10-25 08:27 | ピアノ_電気録音 | Comments(0)


<< イヴ・ナットの25 cm盤3種...      リリ・クラウスのモーツァルト:... >>