人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2021年 08月 15日

ヤン・クーベリックのビニールプレスG&T

ヤン・クーベリックのビニールプレスG&T_d0090784_09504751.jpg


無銘
ビニールプレス盤シリーズ最終回は、Jan Kubelik (1880-1940)のG&Tを。
ヤン・クーベリックのディスコグラフィー以前作りましたので、そこから1903年のG&Tセッションを抜き出すと、


Jan Kubelik G&T 1903 Recordings

1903.11.21, London
[4601b] 7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate) 47954 77914 【D, 452, 74.2】
[4602b] 7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate) 27956 37941 47955 77915 【E, 452, 74.5】
[4603b]    Cadenza to Paganini (Émile Sauret)
[4604b] destr do
[4605b] 7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini) 27958 37940 【G, 452, 75.3】


今回の出処不明のビニール盤は、曲名を太字で示したカルメンのハバネラです。
これは20年ほど前、初めて体験したビニールプレスのSPで、当時、その鮮烈な音、特にピチカートの生々しさに驚きました。原盤にはこれほどの音が入っていたのかと。
盤面にはマトリクス番号が刻印されているほか、手書きの文字もあります。f w gは、Fred Will Gaisbergのサインでしょうか?他にもⓍのような謎の記号があり、サフィックスa, b, cのトリニティシステム[1]になる前は、好き勝手なフォーマットで書いていたことが窺えます。

以前、クーベリックG&Tで、他のG&Tといっしょに音源も公開しましたが、その時は、A4=440になるよう、約72 rpmで再生しました。
その後、C. Zwargの"Speeds & Keys"[2]から、キー、ピッチ(Hz)、回転数(rpm)のデータを拾うと、上のリストの【 】内に示したように、74~75 rpm前後の値になりました。

ハバネラの回転数は、[2]にしたがって約74 rpmで再生すれば良いのかもしれませんが、せっかく、約72 rpmで再生した音源があるので、とりあえずこれと、2種類の復刻CD[3, 4]と比較してみます。
まず、全体の平均スペクトルを見ると、

ヤン・クーベリックのビニールプレスG&T_d0090784_15095676.jpg

となりました。3種類の凹凸の位置は、わりと揃っているように見えます。
低音域では、両復刻CDともレコードよりブーストされていますが、その量はBiddulphよりSymposiumの方が数dB大きくなっています。
高い方では、Biddulphは約4 kHz以上でスクラッチノイズを切っているのに対し、Symposiumは6 kHz付近まで伸ばしています。

次に、ピッチを見るため、中域を拡大表示すると、

ヤン・クーベリックのビニールプレスG&T_d0090784_15093058.jpg

となりました。
72 rpm再生のビニール盤は、A4=440 Hzとなるようにしたので、当然そこにピークが来ていますが、2種類の復刻CDのA4は、
Biddulph CD: 約444 Hz
Symposium CD: 436 Hz
となり、約4 Hzずつ離れて、ビニール盤の前後に分布する結果となりました。

さて、愈々74 rpmで再生して復刻CDと比較すると、

ヤン・クーベリックのビニールプレスG&T_d0090784_11012944.jpg

となりました。
ビニール盤のA4は、約452 Hzで、[2]の値と一致しています。C. Zwargは、クーベリックG&T補遺で書いたように、20世紀初めのG&TロンドンスタジオのピッチA=452には、自信があるようです。

という訳で、Carmen: Habaneraを74 rpmで再生した音源を下記にアップしました。



References
[1] Alan Kelly, Gramophone Company Matrix Series suffixed a/b/c, recorded by Frederick William Gaisberg et al, 1900 to 1919, MAT102 (2002)
[2] Chris Zwarg, "Speeds & Keys Vol. I Gramophone Co. (1898-1921)", Truesound Transfers (Berlin, 2018)
[3] Jan Kubelík, The Acoustic Recordings 1902-1913, BIDDULPH LAB 033-34 (1994)
[4] The GREAT VIOLINISTS Volume II - JAN KUBELIK, SYMPOSIUM 1072 (1991)


by ibotarow | 2021-08-15 08:20 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Comments(2)
Commented by Loree at 2021-09-13 07:47 x
[4601b] Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate)_74 を聴かせていただきましたが、これが1903年の録音とは!びっくりです。ヴァイオリンよりもピアノの音の生々しさに。電気録音かと思いました。
Commented by ibotarow at 2021-09-14 07:21
Loreeさん、
ご無沙汰しています。ビール界でのご活躍はいつもFBで拝見しています。
このたびは、ラッパ吹込みビニールプレスの魅力を伝えていただき感謝です。
あんなプリミティブな装置で、こんな生々しい音が捉えられるとは本当に驚きです。


<< ヨーゼフ・ヨアヒムの怪しいビニ...      ジェラルディン・ファーラーのビ... >>