人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2022年 02月 27日

パッティG&Tの回転数

パッティG&Tの回転数_d0090784_09081596.jpg

Adelina Patti (1843-1919)のディスコグラフィはまだ作っていなかったので、ケリー[1,2]を基に作り、それに、C. Zwargの"Speeds & Keys"[3]から、キー、ピッチ(Hz)、回転数(rpm)のデータを拾って【 】内に記入すると、下記のようになりました。

Adelina Patti G&T Recordings

2-12 Dec. 1905, Crag-y-Nos Castle, Wales (Piano accompaniments by LANDON RONALD)
[537f] 03051 Le Nozze di Figaro: Voi che sapete (Mozart), in Italian【B♭/o, 452, 74.9】
[538f] 03052 Pur dicesti, o bocca bella (Lotti), in Italian 【E, 452, 75.1】
[539f] 03053 Home sweet home (Bishop) 95029 【F/o, 452, 75.1】
[540f] 03054 The old folks at home (Foster) 95033 【E♭, 452, 75.1】
[541f] 03055 Don Giovanni: Batti batti (Mozart), in Italian【E♭/-2, 452, 75.5】
[542f] unpubl. Faust: Air des bijoux (Gounod), in French【E♭/-1, 452, 75.0】
[543f] 03056 do 【E♭/-1, 1452, 75.1】
[544f] unpubl. Il bacio (Arditi), in Italian 【D♭, 452, 75.3】
[545f] 03057 Kathleen Mavourneen (Crouch) 【F, 452, 74.7】
[546f] unpubl. The last rose of summer (Moore) 【F/o, 452, 75.5】
[547f] unpubl. Ave Maria (Bach-Gounod), in Latin with violin obbligato【F, 452, 75.3】
[548f] 03058 La serenata (Tosti), in Italian 【F, 452, 75.1】
[549f] 03059 Robin Adair (Keppel) 【A, 452, 75.3】
[550f] unpubl. Home sweet home (Bishop) 【F/o, 452, 74.4】
[551f] 03060 Si vous n’aviez rien a me dire (Rothschild), in French【D♭, 452, 75.3】
[552f] 03061 Coming through the rye (trad) 【A, 452, 74.8】
[553f] 03062 The last rose of summer (Moore) 【E/-1, 452, 75.2】

[555f] unpubl. The banks of Allan Water (trad) 【B♭, 452, 75.9】
[556f] 03063 On parting (Patti) 【E♭, 452, 76.1】
[557f] 03064 ’Twas within a mile of Edinboro’ Town (Hook) 95034【G♭, 452, 75.9】
[nm] Private message to Baron Cedarström

19-25 June 1906, Crag-y-Nos Castle, Wales (piano ALFREDO BARILI)
[676c] 03078 Kathleen Mavourneen (Crouch) 【F, 452, 73.7】
[677c] 03079 La serenata (Tosti), in Italian 【F, 452, 74.7】
[678c] 03080 ’Twas within a mile of Edinboro Town (Hook)【G, 452, 74.4】
[679c] (03081) Home sweet home (Bishop) not used
   [Check Register that 03081 was not in fact allocated to 680c - same title]
[681c] 03082 Norma: Casta diva (Bellini), in Italian 【E♭, 452, 75.8】
[682c] 03083 Mignon: Connais-tu le pays (Thomas), in French VB53【D♭, 452, 74.4】
[683c] 03084 La Sonnambula: Ah non credea (Bellini),in Italian【Gm, 452, 74.0】
[684c] unpubl. La calasera (Yradier), in Spanish
[684½c] 03085 do VB40 【D♭/o, 452, 76.0】

ピッチは、[3]では当時のG&Tロンドンスタジオと同じく、すべてA=452としていますが、Nさんにご紹介いただいた、B. Haynesの"The story of 'A'" [4]によると、
「有名なソプラノ歌手アデリナ・パッティは、1879年、コヴェント・ガーデンで歌うことを拒否した。そのオーケストラのピッチがA=455に達していたためである。そこで、オーケストラはフレンチピッチまで下げることになった。」
前回のメルバ同様、パッティもフレンチピッチA=435がお好みだったようです。この話を聞くと、録音が行われた彼女の居城のピアノがA=452に調律されていたとは俄かには信じがたいですが、後述のように、キーを上げて歌った可能性もあります。

また、Marstonの復刻CD[5]のNote From The Producersによると、
「この時代のピアノは、一般的にA = 435 Hzでチューニングされた。」
大雑把な言い方ですが、MarstonもA=435説のようです。

続いて、回転数については、
「これらの録音に共通する技術的欠陥は、最初から最後に向かってピッチが徐々に上昇することである。復刻する際には、ピッチを注意深くモニターし、それに応じて再生スピードを下げる必要がある。」
レコードの内外周でピッチが変化する現象は、今までサラサーテ等で経験したことがありますが、これを考慮すると解析が面倒になるので、拙ブログでは今のところ、平均値で対応することにしています。

「1905年のディスクの開始スピードは72.5から74.5 rpmまでばらついている。」
「1906年の最初の3つの録音は72.5 rpmの開始スピードで再生されるが、残りの4つのディスクは、約73.4 rpmの開始スピードで再生されなければならない。」
これらの値は上のリストより大体2,3割低いので、ピッチに換算するとA=440前後になるようです。

さらに、キーについての言及があり、
「20年近くこれらのレコードを精査してきたが、それでもこれらのディスクの正確なキーを決めることができないことにとまどっている。このミステリーを明確に解決するリソースがないため、これらを低キーと高キーの両方で復刻する選択をした。」
その結果、[5]では、[681c~684½c]の4面について、キーをそれぞれ半音上げたRemaster版も収録されています。ちなみに、原調のままピッチを半音上げたとすると、A=435は約460となり[3]に近くなります。


難しい話はさておいて、上のリストのうち、アントニオ・ロッティ(1667-1740)の「あなたは言った、美しい唇よ」、
[538f] Pur dicesti, o bocca bella (Lotti), in Italian 【E, 452, 75.1】
の無銘ビニールプレス盤(レーベル上にIRCC-33Aの陽刻あり[6])について、とりあえず【 】内の回転数で再生し、Marstonの復刻CDと比較してみます。

まず、全体の平均スペクトルを求めると、

パッティG&Tの回転数_d0090784_15491848.jpg

高い方は10 dBほど差がありますが、低い方はほとんど一致しています。相対的に見ると、CDはレコードより低域を上げているようです。
ピッチを見るために300~600 Hzの範囲をリニアスケールで表示すると、

パッティG&Tの回転数_d0090784_15491866.jpg

A4に相当するピークは幅があってわかりにくいですが、レコードは450 Hz付近に中心があるのに対し、CDは440 Hzよりちょっと下にあるように見えます。

一方、[4, 5]のA=435説も無視できないので、約72 rpmで再生し、上と同様、復刻CDと平均スペクトルを比較してみると、

パッティG&Tの回転数_d0090784_15491897.jpg

各ピークの位置は、上より揃ってきました。
ピッチを見るために300~600 Hzの範囲をリニアスケールで表示すると、

パッティG&Tの回転数_d0090784_15491869.jpg

今度はCDより少し低くなりました。
430~440 Hz付近に分布するA4相当のピークは位置を特定しづらいので、全音上のB4の単峰性ピークからA4に換算すると、
Marston CD: 438 Hz
Vinyl_72.3: 435 Hz
となりました。

という訳で、A=452とA=435では、音程で言うと半音の2/3ほどの違いがあって、大差ないとは言えないし、どちらが正しいかの判断もできないので、悩める?Marstonに倣って、両方のピッチで再生した2種類の音源をアップすることにします。

[538f] Pur dicesti, o bocca bella (Lotti)_75

[538f] Pur dicesti, o bocca bella (Lotti)_72


References
[1] Alan Kelly, "Matrix Series Suffix-c, Twelve Inch Wax Process Recordings made by F W Gaisberg et al (1903 to 1919)", MAT102 (1995)
[2] Alan Kelly, "Matrix Series Suffix-f, Twelve Inch Wax Process Recordings made by William Conrad Gaisberg et al (1903 to 1919)", MAT103 (1994)
[3] Chris Zwarg, "Speeds & Keys Vol. I Gramophone Co. (1898-1921)", Truesound Transfers (Berlin, 2018)
[4] Bruce Haynes, "A history of performing pitch: The story of 'A'" (The Scarecrow Press, Lanham, 2002) p. 357
[5] The Complete Adelina Patti and Victor Maurel, Marston 52011-2 (1998)
[6] The Record Collector, IRCC Discography



by ibotarow | 2022-02-27 08:36 | 女声_ラッパ吹き込み | Comments(3)
Commented by ibotarow at 2022-03-08 07:27
次は「ファーラーG&Tの回転数」を予定して準備を進めていたのですが、ロシアのウクライナ侵攻以来、無辜の人々が日々殺されていく現状を見るにつけ、こんな能天気なブログを続けていて良いのだろうか、という気持ちに至りました。よって、しばらく中断いたします。
コメントのご返事も同様に控えさせていただきます。
Commented by nishitani at 2022-03-09 19:20 x
更新を一時停止とのこと、とても残念です。また再開される日を楽しみにしています。私は暗い世の中だからこそ音楽を聴く喜びを再認識してます。
Commented by わんたろう at 2022-07-17 19:00 x
更新を停止とは寂しいです。戦争が一刻も早く終わってこのサイトも早く更新ができますように。


     メルバG&Tの回転数 >>