人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 29日

マリア・バリエントスのUna voce poco fa

マリア・バリエントスのUna voce poco fa_d0090784_9353475.jpg

「セヴィリアの理髪師」の第1幕で歌われるロジーナのアリア、Una voce poco fa(今の歌声は)は、コロラトゥーラ・ソプラノの腕の見せ所の超絶技巧アリアであるが、AI'S OPERA NOTE[1]によると、歌詞の中身もまた、かなり強烈なものである。げにセヴィリアの女性は恐ろしい。
以前、スペイン生まれのMaria Barrientos(1884-1946)のUna voce poco faを復刻CDで聴いて、美しい声と正確な音程に、ボクをして感嘆これを久しうせしめた。以来、オリジナルSPを探していたが、このたびFonotipia盤とColumbia盤を入手することができた。
そこで、彼女のバイオグラフィーとディスコグラフィーを、mr.hmvさんからいただいたRC誌[2]をもとにまとめて、備忘録とする。

Maria Barrientosは、1884年3月10日、バルセロナで生まれた。両親はたばこ屋を営んでいた。
彼女は幼いときからすばらしい声の持ち主で、両親は彼女を歌のレッスンに通わせた。
非公式のデビュー(students' performance)は、1896年、12歳のときであったが、これは当時としても異例のことであった。
この若きソプラノのその後の進歩は急速で、1898年7月24日、14歳で、バルセロナのLirico劇場にLa Sonnambulaで公式にデビューした。
その最初のシーズンに、彼女は、Rigoletto, Dinorah, Il Barbiereを歌った。もしこれが14歳のデビューとして不足だと言うのなら、彼女は近くのNovedades劇場で、L'Africana, Lucia di Lammermoorも歌ったことを付け加えよう。彼女はまだ学生であった。
興味深い事実があって、彼女は練習のときに、音叉だけを使って、ピアノは使わなかった。これが彼女の素晴らしいピッチ感覚を保持するのを助けたようだ。
翌1899年には、バルセロナのLiceo劇場、マドリッドのReal劇場、ミラノのLirico劇場、ローマのConstanzi劇場に出演した。
1900年には、ドイツ・ツアーを行い、Berlin, Stuttgart, Breslau, Leipzigを回った。
1901年、17歳のとき、初めての南米に行き、ブエノスアイレスのPoliteama劇場、そしてモンテヴィデオのSolis劇場に出演した。
彼女の、引き締まった、ピュアなクリスタルのような声に、南米の人々は喝采を浴びせた。"the second Patti"と呼ぶ人もいた。
1902年、彼女は再びブエノスアイレスのPoliteamaに戻り、レパートリーを増やした。
1903年、コベントガーデン、1904年、ミラノ・スカラ座にデビュー。
1907年、アルゼンチン人のJorge Keenと結婚。彼女は引退を宣言し、2月20日、マドリッドで引退公演を行った。
カップルはブエノスアイレスに住んだが、不幸にもこの結婚は、長くは続かなかった。
1911年、彼女はステージへの復帰を決意し、5月25日、ブエノスアイレスのコロン劇場に出演した。
その後、1916年にニューヨーク・メトロポリタンにデビュー、大成功を納めた。
この後は、メトロポリタンを中心として、北米が主な活躍の場となっていった。
最後のオペラ舞台は、1922年マドリッドのReal劇場であった。
その後、フランスで大部分の時を過ごし、1946年フランスのSaint-Jean-de-Luzで死去。

レコードへの吹き込みは、1904年の創業間もないFonotipiaに始まる。最初の吹き込みは、MeyerbeerのDinorahからOmbra leggeraで、後にも先にもこれ一枚しかないが、13¾インチ片面盤に吹き込まれた。この曲は後に、10¾インチ盤2面に吹き込み直されている。
セッションは、1904年10月、11月、1905年4月、1906年2月に行われ、30面中23面が発売された。未発売のXPH 55、Maurelとのデュエットなど聴いてみたいものの一つである。
その10年後、Columbiaのセッションが1916年3月から1920年4月までコマ切れに続く。ここでは35面が吹き込まれ、29面が発売された。
最後の吹き込みは、1927年から28年にかけてフランスで行われたColumbiaの電気録音6面で、すべて母国スペインのDe Fallaの歌曲である。

さて冒頭に記したように、今回、Una voce poco faのFonotipia盤とColumbia盤を入手したが、Fonotipiaは1906年2月、21歳の吹き込みでピアノ伴奏、Columbiaは、1920年4月、36歳の吹込みでオーケストラ伴奏である。

まずFonotipiaの方であるが、若さのある可愛らしい表現で、軽快に歌っている。ときどき巻き舌が入るのも威勢が良くて好ましい。それに比べてColumbiaは、ゆっくりしたテンポで堂々たる貫禄である。特に難しいところは、よりゆっくり歌っているような気がする(笑)。でも、いずれアヤメかカキツバタ、声の輝きはいささかの陰りも無い。

なお、FonotipiaのUna voce poco faは、Andrea Suhm-Binder氏による歴史的歌手のサイトsubito-cantabile[3]で聴くことができる。





FONOTIPIA
October 1904
XXXPH 29 Dinorah: Ombra leggera (Meyerbeer) 69002
XPH 30 Lakme: Aria delle campanelle (Delibes) 39013
XPH 31 Voci di primavera (Strauss) 39012
XPH 32 unp
XPH 33 unp
XPH 34 La Sonnambula (Bellini) unp
XPH 35 La Sonnambula: Ah non giunge (Bellini) 39011
XPH 55 Le Nozze di Figaro (Mozart) with Maurel unp

November 1904
XPH 80 Le Nozze di Figaro: Deh vieni non tardar (Mozart) 39026
XPH 81 I Puritani: Son vergine (Bellini) 39010
XPH 82 I Puritani: Flauto Magico ? (Bellini) unp

April 1905
XPH 226 I Puritani (Bellini) unp

February 1906
XPH 1606 Rinaldo: Lascia ch'io pianga (Handel) 39465
XPH 1607 Canzone di Solveig (Grieg) 39462
XPH 1608 La Sonnambula: Come per mi sereno (Bellini) 39457
XPH 1609 La Sonnambula: Sovra il sen (Bellini) 39458 PO76
XPH 1613 Chateau-Margaux: No se que (Caballero) 39463 IRCC3094
XPH 1614 El cabo primero: Yo quiero (Caballero) 39480
XPH 1615 a) Les Hijas del Zebedeo: - Al pensar en el dueno (Chapi)
     b) Artistas en miniatura: Tiene fama Seville (Hernandez) 39464 IRCC3094
XPH 1616 Lucia di Lammermoor (Donizetti) with Zanatello unp
XPH 1619 Il Barbiere di Siviglia: Una voce (Rossini) 39459
XPH 1620 Il Barbiere di Siviglia: Io sono docile (Rossini) 39460
XPH 1621 Mignon: Io son Titania (Thomas) 39461
XPH 1632 Fra Diavolo: Or son sola (Auber) 39538
XPH 1633 Fra Diavolo: Gia per la danza (Auber) 39539
XPH 1634 Dinorah: Ombra leggera (Meyerbeer) 39503
XPH 1635 Dinorah: Qui sola soletta (Meyerbeer) 39504
XPH 1652 Rigoletto: Tutte le feste (Verdi) 39543
XPH 1653 Lucia di Lammermoor: Sulla tomba (Donizetti) with Zenatello 39825
XPH 1654 Rigoletto: Caro nome (Verdi) 39542


COLUMBIA
(U.S.A.)
March 14, 1916

48627 1,2 Lucia di Lammermoor: Mad Scine (Donizetti) 48627 68040D 74018 718
48628 1,2 Lucia di Lammermoor: Regnava nei silenzio (Donizetti) 48628 68040D 8930M 74019 7182 7336
48629 1,2 Lucia di Lammermoor: Quando rapita (Donizetti) unp

March 23, 1916
48649 1,2,3,4,5,6 Rigoletto: Caro nome (Verdi) 48649 68041D 8905M 7187 7339 D16398
48650 1,2 Mireille: Waltz Song Act 1 (Gounod) 48650 68068D 8905M 74020 7186 7338
48651 1,2,3 Le Nozze di Figaro: Deh vieni (Mozart) 48651 68057D 8930M 7188 7339

February 2, 1917
49112 1 Perle du Bresil: Charmant oiseau (David) 49112 68057D 7037M 74033 7183 7336
49113 1 Marta: Qui sola (Flotow) 49113 68079D 8906M 74034 7184 7337

March 12, 1917
49150 1 Lakme: Pourquoi dans (Delibes) unp
49151 1,2,3 Lakme: Aria delle campanelle (Delibes) 49151 68041D 7037M 7185 7338

April 2, 1917
49171 1,2 Voci di primavera (Strauss) 49171 68068D 7037M 7185 7337 D16399

March 22, 1918
49353 1,2 Rigoletto: E il sol anima (Verdi) with Lazaro unp?
49354 1,2,3,4 La Traviata: Parigi o cara (Verdi) with Lazaro 49354 71001D 8928M D16392

April 8, 1918
49370 1 I Puritani: Qui la voce (Bellini) 49370 68052D 8907M D16399
49371 1,2,3 I Puritani: Vien diletto (Bellini) 49371 68052D 8907M D16399

April 9, 1918
49372 1,2 La Traviata: Ah fors e lui...sempre libera (Verdi) 49732 8908M

April 13, 1918
49377 1 Last rose of summer unp

April 29, 1918
49386 1,2,3,4,5 L'Coq d'or: Salut a toi (Hymne au soleil) (Rimsky-Korsakov) 49386 68053D 7069M
49387 1 La Paloma ump

March 6, 1919
49596 1 Dinorah: Ombra leggera (Meyerbeer) 49596 68042D 8966M D16398

March 13, 1919
49598 1 Mignon: Io son Titania (Polonaise) (Thomas) 49598 68042D 8909M

March 20, 1919
78363 1,2,3 Rigoletto: Si vendetta (Verdi) with Stracciari 78363 4010M D5096
49611 1 Rigolleto: Tutte le feste...piangi (Verdi) with Stracciari 49611 71003D 8928M D16381
49612 1 Il Barbiere di Siviglia: Dunque lo son (Rossini) with Stracciari 49612 71003D 8929M D16382

April 4, 1919
49616 1 Rigoletto: E il sol dell' anima (Verdi) with Hackett 49616 71002D 8929M D16397

April 10, 1919
49622 1,2,3 La Traviata: Un di felice (Verdi) with Hackett 49622 71001D 9009M D16392

March 5, 1920
49762 1 La Sonnambula: Ah' non credea (Bellini) D16396(?) 74816(?)
49763 1 La Sonnambula: Ah' non giunge (Bellini) 49763 68053D 7069M D16396

March 11, 1920
49766 1,2 Lucia di Lammermoor: Verrano a te (Donizetti)with Hackett 49766 71002D D16393

March 18, 1920
49768 1,2,3 Lucia di Lammermoor: Chi mi frene (Donizetti)with Hackett, Stracciari, Mardones, Noe, Meader 49768 74000D 7180M 9014M

March 27, 1920
49782 1 Rigoletto: Bella figlia (Verdi) with Hackett, Stracciari, Gordon 49782 74000D 7180M 9014M D16397

April 19, 1920
49793 1,2 Il Barbiere di Siviglia: Una voce (Rossini) 49793 68085D 7070M
49794 1.2 Il Barbiere di Siviglia: Io sono docile (Rossini) 49794 68085D 7070M

April 23, 1920
49803 1 Proch Variations 49803 68079D 7036M

April 24, 1920
49805 1 Sweet bird (Handel) unp

1927-28 (France)
WLX 308.2 El pano moruno/Seguidilla murciana (De Falla) D11701 52079X 264952
WLX 309-1 Asturiana (De Falla) D11701 52079X 264952
WLX 310 Jota (De Falla) PFX1
WLX 1368-2 Nana/Cancion (De Falla) PFX1
WLX 1369-2 Soneto a Cordoba (De Falla) PFX2
WLX 1415-2 Polo/Cahnson du Feu Follet (De Falla) PFX2


今回のディスコグラフィーは、マトリクス番号、曲名、カタログ番号の順である。いつも表記が一定せずに申し訳ないが、Columbiaは、マトリクス番号と片面盤のカタロ番号が一緒なので、やむを得ずこうなった、許されよ。

References
[1] http://www3.cty-net.ne.jp/~kato543/Aria/UnaVocePocoFa.htm
[2] Clifford Williams, "Maria Barrientos", The Record Collector, Vol. 28, Nos. 3&4 (July 1983) 71-93.
[3] http://www.cantabile-subito.de/index.html
マリア・バリエントスのUna voce poco fa_d0090784_1044352.jpg


by ibotarow | 2008-03-29 10:02 | 女声_ラッパ吹き込み | Comments(2)
Commented by anonymat_21 at 2008-04-08 21:43 x
お久しぶりです。フォノティピアのバリエントスの声は、本当に若くて美しいですね。
ところで、大変きれいなレーベルのフォノティピアですね。我が家にあるバリエントス(ソルヴェイグの歌)は傷だらけですが、でも愛蔵しています。
Commented by ibotarow at 2008-04-09 12:31
ソルヴェイグの歌も1906年吹き込みで21歳の小娘のときですね。でもすでにコベントガーデンやスカラ座の舞台に立っていたのですからたいしたものです。
実は今回、DinorahのOmbra leggeraも同時に入手したのですが、コロコロと珠をころがすような、実に可愛らしいコロラトゥーラでした。


<< 復刻CD新時代の予感      バックハウスの旧吹き込み(第1... >>