人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 18日

復刻CD新時代の予感

復刻CD新時代の予感_d0090784_959365.jpg皆さんご存知のように、1902年から1904年にかけてのフランスG&Tのレコードは、ひどいワウ・フラッターで、音が揺れます。
特にピアノは聴くに堪えないものがありました。
ところが最近、マーストンから出た、
Legendary Piano Recordings
The Complete Grieg, Saint-Saëns, Pugno, and Diémer
 Producers: Donald Manildi and Ward Marston
 Audio Conservation: Ward Marston
 Audio Assistance: J. Richard Harris
 Digital Pitch Stabilization: Dimitrios Antsos
では、この問題がデジタル処理により、痕跡は残っているものの、かなり改善されています。
早いパッセージではまだ多少揺れが感じられますが、長い音、特に単音は気にならない程度に補正されています。

それにも増してボクが驚いたのは、音質自体もかなりいじられていて、ラッパ吹き込み特有のカマボコ型の周波数特性が、できるだけフラットになるように修正されているようで、とてもラッパ吹き込みのピアノとは思えない音に仕上げられていることです。
特にサンサーンスの1904年の録音は、低弦がガツーンと鳴る力強いアタックが見事に再現されています。

しかも現代のスピーカーで聴いたときに、良く聴こえるように作られているらしく、現代の録音だといっても通用するかもしれません。
とにかく、ラッパ吹き込み盤を普通に再生したら、こんな音はとても出ません。

ボクのオリジナルSP盤至上主義もちょっと揺らいできました。
でも唯一もっているグリークのビニール盤と聴き比べると、音が盛大に揺れるのを別にすると、音の純度はビニール盤の方が高いと思います。
もっともボクの再生装置はできるだけ蓄音機の音に近くなるように調整してきたので、このCDをかけるとかえってバランスが悪くなるのですが。
今後、こういう復刻CDが増えていくのでしょうね、いいこと、かな?

なお、他人のふんどしで相撲を取るとはまさにこのことですが、この音源はcredenzaさんからいただいたことを付記して感謝の意を表します。

by ibotarow | 2008-05-18 14:28 | ピアノ_ラッパ吹き込み | Comments(2)
Commented by mr.hmv at 2008-05-20 22:59 x
いぼたろうさんの苦悩を感じます。

あまり悩まないでください。
Commented by ibotarow at 2008-05-21 04:59
最初、これをいつもの163電蓄で聴いたときは、出来の悪い復刻CDにしか聴こえませんでした。音が美しくなかったのです。
次に、これをiPodに入れて、イヤホンで聴いたとき、豊かな低音が入っているのにびっくりしました。これは、いいか悪いかはともかく、画期的な復刻CDであると。それが17日。
あとは、ごらんのとおりの興奮状態です(笑)。


<< プランソンのLes Ramea...      マリア・バリエントスのUna ... >>