人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 11日

デ・ルチアのMattinata

デ・ルチアのMattinata_d0090784_446460.jpg

フェルナンド・デ・ルチアの歌う、レオンカヴァッロ作詞作曲のマッティナータを入手した。
マッティナータとは、夕べの歌のセレナータに対する、朝の歌という意味だそうである。
この曲は、レオンカヴァッロが、カルーソを想定して、1904年にG&Tのために作った曲だと何かで読んだが、真偽の程は定かではない。
というのは、デ・ルチアはG&Tではなく、ライバル会社のフォノティピアに吹き込んでいるからである。
フォノティピアに吹き込んだというだけで、赤レーベルから黒レーベルに格下げしたり、カタログから抹消したりしたG&Tのことである、もし上のような経緯の曲なら、他社への吹込みを許すはずがないと思われる。

あるいは別の記事によると、この曲は作られてまたたくまに、リサイタルやコンサートの人気歌曲となって、テノールだけでなく、ときにはバリトン、メゾソプラノやソプラノにも歌われたそうである。

カルーソは1904年4月8日G&Tに、レオンカヴァッロ自身のピアノ伴奏でこの曲を吹き込んでいるが、デ・ルチアの、曲がりくねった小道を逍遥するようなコテコテの歌唱に比べると、カルーソのそれは少年のように素直で印象に残らない。

歌詞の内容を知りたくて、対訳を探したが見つけきれなかった。
イタリア語の歌詞[1]を見つけたので、英語と日本語に機械翻訳して比べてみたが、要領を得ない。
その後、日本語の大意[2]というのを別のところで見つけたので、一行ずつ対比させてみた。

L'aurora di bianco vestita          白い衣装をつけた夜明けが
Gia l'uscio dischiude al gran sol;     すでに太陽に向かって扉を開き
Di gia con le rosee sue dita         ほら、ばら色の指で
Carezza de' fiori lo stuol!           花々を愛撫している
Commosso da un fremito arcano     神秘のさざめきに揺れているようだ
Intorno il creato gia par;           あたりのものは もうみんな
E tu non ti desti, ed invano         それなのに 君は目覚めず
Mi sto qui dolente a cantar.        僕はあてなくむなしく歌うばかり

Metti anche tu la veste bianca      君も白い衣装をつけて
E schiudi l'uscio al tuo cantor!       歌い手に扉を開いてくれないか?
Ove non sei la luce manca;         君のいない所に光などなく
Ove tu sei nasce l'amor.          君のいる所には 愛が生まれるのだから!

Commosso da un fremito arcano
Intorno il creato gia par;
E tu non ti desti, ed invano
Mi sto qui dolente a cantar.

Ove non sei la luce manca;
Ove tu sei nasce l'amor.

ところで、デ・ルチアのフォノティピアへの吹き込みは1911年1月10日から14日に行われ、30面のレコードが発売された。xPh4464と4475は未発売なので、少なくとも32面吹き込んだようだ。
デ・ルチアのディスコグラフィーはRC誌[3]に一冊まるごと、401面すべてのリストがあるが、フォノティピアに関するかぎりは、復刻CD[4]の方が完成度が高い。以下に、それをいつもの順序に編集したものを示す。

10. January 1911
xPh 4461 92713 Scetate (P. Mario Costa / Ferdinando Russo)
xPh 4462 92715 Fenesta che lucive (Guglielmo Cottrau / Giulio Genoino & Mariano Paolella)
xPh 4463 92718 Chi sa? (F. Paolo Tosti / Ferdinando Russo)
xPh 4464 UNP  Serenata a Maria (Salvatore Gambardella / Aniello Califano)
xPh 4465 92702 Luna nova (P. Mario Costa / Salvatore di Giacomo)
11. January 1911
xPh 4466 92698 Serenata scumbinata (Vincenzo Valente / Libero Bovio)
xPh 4467 92699 Marechiare (F. Paolo Tosti / Salvatore di Giacomo)
xPh 4468 92700 Lu cardillo (Pietro Labriola / Ernesto del Preite)
xPh 4469 92697 Matenata (Evemero Nardella / Ernesto Murolo)
xPh 4470 92711 Comm' 'o zuccaro (Pasquale Fonzo / Raffaele Ferraro-Correra)

xPh 4471 92724 Ammore che gira (Francesco Buongiovanni / Giovanni Capurro)
xPh 4472 92719 Palomma 'e notte (Francesco Buongiovanni / Salvatore di Giacomo)
xPh 4473 92703 Durmenno (Enrico de Leva / Roberto Bracco) :30
12. January 1911
xPh 4474 92706 'O marenariello (Salvatore Gambardella / Gennaro Ottaviano)
xPh 4475 UNP  Comme a 'na fronna - Melodia (Salvatore Gambardella / Vittorio F. Guarino)
xPh 4476 92723 Mamma mia, che vo' sape?! (Emanuele Nutile / Ferdinando Russo)
xPh 4477 92722 Si chiagnere me siente (Salvatore Gambardella / Libero Bovio & Ernesto Murolo)

xPh 4478 92721 Tu sola! (Salvatore Gambardella / Ferdinando Russo)
xPh 4479 92717 Serenata napulitana (P. Mario Costa / Salvatore di Giacomo)
xPh 4480 92710 Voce 'e notte (Ernesto de Curtis / Edoardo Nicolardi)
xPh 4481 92708 Carmela (M + W: Giovanni de Curtis)
xPh 4482 92716 Canta pe' me! (Ernesto de Curtis / Libero Bovio)
13. January 1911
xPh 4483 92712 Era de maggio (P. Mario Costa / Salvatore di Giacomo)
xPh 4484 92705 Torna a Surriento (Ernesto de Curtis / Giovanni de Curtis)
xPh 4485 92707 Dimme (Salvatore Gambardella / Ernesto Murolo)
xPh 4486 92714 Napulitanata (P. Mario Costa / Salvatore di Giacomo)
xPh 4487 92720 Luna, lu! (Vincenzo Ricciardi / Teodoro Rovito)
xPh 4488 92701 'O sole mio (Eduardo di Capua / Giovanni Capurro)
xPh 4489 92704 Vo' turna (Ernesto de Curtis / Edoardo Niocolaidi)
xPh 4490 92709 Serenata a Surriento (Salvatore Gambardella / Aniello Califano)
14. January 1911
xPh 4491 92695 Mattinata (M + W: Ruggiero Leoncavallo)
xPh 4492 92696 A suon di baci (Antonio Baldelli)

歌詞の対訳の校訂に関しては、papatotoroさんに多大のご教示を得た。ここに厚く感謝の意を表する。

References
[1] http://angolotesti.leonardo.it/P/testi_canzoni_pavarotti_16190/testo_canzone_mattinata_leoncavallo_732907.html
[2] http://www.geocities.jp/qjwxm213/asanouta.html
[3] Michael E. Hendstock, "FELNANDO DE LUCIA Discography", The Record Collector, Vol. 30, Nos. 7, 8, 9, (August, 1985) 149-212
[4] Fernando De Lucia 4, TRUESOUND TRANSFERS TT-2221 (2004)

by ibotarow | 2008-07-11 05:30 | 男声_ラッパ吹き込み | Comments(2)
Commented by ty at 2011-02-04 23:49 x
mattinata練習中です。
意味がやっとわかり助かりました。
ありがとうございました!
Commented by ibotarow at 2011-02-05 11:49
tyさん、

お役に立てて良かったです。
なお文中に書きましたように、この歌詞はイタリア語に堪能なpapatotoroさんの校訂を受けています。


<< グノーのファウスト全曲盤復刻CD      ボニンセーニャのCasta Diva >>