いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 15日

エネスコのRemington盤その3

d0090784_18313755.jpg

その後、毒食らわば皿までと、Remingtonの3枚目、エネスコのソナタ第2番を入手しました。

Sonata No. 2 for Violin and Piano in F minor, Op. 6
RLP-149-42-A [AV 33-253] 1. Assez mouvemente
RLP-149-42-B [AV 33-254] 2. Tranquille / 3.Vif
George Enescu (violin), Céliny Chailley-Richez (piano)

マトリクス番号から、シューマンより少し前の録音のようです。
Discographie Enesco violoniste[1]によると、1951年、パリ録音だそうです。
さっそくタンノイモノで聴いてみました。イコライザはRIAAです。
やはりテープ録音なのでしょうか、音はシューマンと大差ありません。

エネスコのヴァイオリンソナタは、捉えどころの無い、ぐにゃぐにゃした印象で、いっぺん聴いただけでは全体像が掴めません。
この傾向は第3番でさらにひどく、いや強くなり、例えば半音のさらに半分の4分音が使われているそうです。
第2番はまだかろうじて骨格らしきものはあります。

Wikipedia[2]によると、エネスコは1895年から99年までパリ音楽院で学びましたが、この曲は最後の年に作曲されました。
師匠のフォーレの影響が強いと言われています。
初演は1900年2月22日、パリでティボーのヴァイオリンとエネスコのピアノによって行われました。
この時、ティボー19歳、エネスコ18歳。若き俊英二人の協演はさぞ素晴らしかったことでしょう。

なお、ピアノ伴奏のCéliny Chailley-Richez については、例のThe Remington site[3]によると、1884年のフランス生まれで、パリ音楽院でプーニョに師事しました。
エネスコより3歳年下ですが、1等賞を取ったのはエネスコに1年先んじた1898年でした。
彼女のパリの家には、ヌヴーやボベスコが出入りしていたそうです。
1973年没で50年経っていないので、たぶん著作権はまだ消えていないでしょうね。
あるいは、レコード発売から50年以上経っているのでOKかもしれませんが、その辺よくわからず、また音源の公開が目的でもありませんので、前報のシューマンのソナタNo.2と同じく、音源のアップは見合わせます。



More
[PR]

# by ibotarow | 2018-07-15 08:18 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)