人気ブログランキング |

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 14日

マルコーニ盤の回転数

以前、Francesco Marconi (1853-1916)のディスコグラフィを示しましたが、今回、それに、C. Zwargの"Speeds & Keys"[1]から、キー、ピッチ(Hz)、回転数(rpm)のデータを拾って【 】内に記入すると、下記のようになりました。

G&T
1903.10 Milano, w. Cottone (pf), except where noted
10-in.
[Con366] 52788 Rigoletto: Questa o quella (Verdi) 【A, 439, 74.7】
[Con367] 52016 Mefistofele: Dai campi, dai prati (Boito) 【F, 439, 75.4】 
[Con368] 52017 Nerone: Stanze (Rubinstein) (74) 【Cm, 439, 75.4】 
12-in.
[Con720] 052054 Eugen Onegin: Romanza del duello (Tchaikovsky) (74)   【Em/o, 439, 72.8】
[Con721] 052055 L'Africaine: O paradiso (Meyerbeer)  【G/o, 439, 73.7】
[Con722] 052056 La Gioconda: Cielo e mar (Ponchielli) 【E/o, 439, 74.2】
[Con724] 052057 Messa da Requiem: Ingemisco (Verdi) (74) 【E, 439, 74.0】
[Con728WCG"] 052065 Non guardami così (Paloni) 【Fm, 439, 75.4】
[Con729] unpub. La Gioconda: Cielo e mar (Ponchielli)
[Con730] 052058 Bella cantiam l'amore (Mascagni) w. Mascagni (pf) 【Fm/o, 439, 73.7】

Gramophone
1907.10 Roma (Villa Marconi), w. Sabino (pf)
10-in. (Milano [1])
[11131b] 2-52631 Nerone: Invan, invan (Rubinstein) 【C#m, 435, 74.5】
[11133b] 2-52632 Rigoletto: Questa o quella (Verdi) 【A, 435, 73.6】
12-in.
[1414c] 054186 Roméo et Juliette: Madrigale (Gounod) w. Mililotti 【F/o, 439, 73.8】
[1415c] 054187 La Geisha: O mia Mimosa (Jones) w. Mililotti 【E/-2, 439, 76.8】
[1416c] 054188 Martha: Duetto della rosa (Flotow) w. Mililotti 【F, 439, 74.5】
[1417c] 052200 Lucrezia Borgia: Di pescator ignobile (Donizetti) VB27 , Vic 88226, 76004 【Eflat, 439, 74.5】
[1418c] 054189 Il Guarany: Sento una forza indomita (Gomez) w. Mililotti 【G, 439, 74.4】
[1419c] 054190 Lucrezia Borgia: Madre se ognor lontano (Donizetti) w. Mililotti 【Gm, 439, 74.4】

1908.05 Milano, w. orch, except where noted
10-in.
[11170b] 2-52672 Mefistofele: dai campi, dai prati (Boito)  【E, 435, 72.8】
[11171b] 2-52662 Ruy Blas: Ed ei non (Marchetti) (74) 【E, 435, 72.7】
[11178b] 2-52673 In questa sera (Denza) w. piano 【G, 435, 72.6】
[11180b] unpub. I Mulattieri (Masini) w. Cotogni
[11180½b] 54373 do 【G, 435, 71.4】
[11185b] 2-52663 La Favorita: Una vergine (Donizetti) 【G, 435, 71.8】
12-in.
[1437c] 052233 L'Africaine: O Paradiso (Meyerbeer) 【G/o, 435, 74.2】
[1438c] 052221 Lucia di Lammermoor: Fra poco a me ricovero (Donizetti) 【C/-2, 435, 73.2】
[1439c] 054214 La Forza del destino: Solenne in quest'ora (Verdi) w. della Torre 【C/-2, 435, 73.4】
[1440c] 052234 Lucia di Lammermoor: Tu che a Dio (Donizetti) (74) 【B/-1, 435, 73.1】
[1446c] 054208 I Puritani: Vieni fra queste braccia (Bellini) w. Galvany  DB481, VB4, Vic 89046 【E, 435, 72.8】

ピッチは、1903年は439 Hz、1907年の10インチは435 Hz、12インチは439 Hz、1908年は435 Hzです。
1907年だけローマ録音で、それ以外はミラノ録音ですが、[1]は、1907年の10インチもミラノ録音だとしています。
なるほど、それで10インチと12インチではピッチが違うのですね。

これらのうち、1907年ローマのマルコーニ邸での録音、
[1417c] 052200 Lucrezia Borgia: Di pescator ignobile (Donizetti) VB27  
を調べます。この05220とVB27の2面しかありませんので。
まずピッチを見ようと、Symposium[2]とNymbus[3]の復刻CDと平均スペクトルを比較してみました。

d0090784_08433655.jpg

439 Hz付近のスペクトルは振幅が小さいので、その下のA♭4と思われる単峰性のピークの周波数、415 Hzから、A4の周波数に換算すると、
415*1.059463=439.7 Hz
になり、[1]のA=439 Hzにほぼ近い値となりました。
復刻CDとの比較では、74.5 rpm再生の052200(青)は、Symposium(灰)とNymbus(黄)のちょうど中間に位置する結果となりました。
A♭4のピークで比較すると、
052200: 415 Hz
に対し、
Symposium: 417 Hz
Nymbus: 414.5 Hz
と、その差は、いずれも0.5%以下で、ほぼ同じとして良いでしょう。

次に、オリジナル盤と再発盤で何がどう違うのか、052200とVB27の平均スペクトルを比較してみました。

d0090784_17450494.jpg

ほとんど一緒ですが、ピークの位置がわずかに異なるのは、回転数の誤差だと思います。
一方、高い方のスペクトルを見ると、3 kHzまではほとんど変わりませんが、それ以上では052200の方が若干レベルが上がっています。

d0090784_12403766.jpg

ただ、レベル差はわずかでも、シェラックの違いでしょうか、スクラッチノイズの質が違うので、聴いた感じはだいぶ異なります。
052200のノイズは、振幅は大きいのですが、粒子の細かい軽い質感なので、あまり気になりません。
それに対して、VB27のノイズは、後年のHMV特有のチリチリノイズで、耳障りな音です。

というわけで、052200を、[1]による回転数で再生することにしました。

1907.10 Roma (Villa Marconi), w. Sabino (pf)
[1417c] 052200 Lucrezia Borgia: Di pescator ignobile (Donizetti) 74.5 rpm

References
[1] Chris Zwarg, "Speeds & Keys Vol. I Gramophone Co. (1898-1921)", Truesound Transfers (Berlin, 2018)
[2] The HAROLD WAYNE Collection - Volume II, SYMPOSIUM 1069 (1993)
[3] The Golden Age of Singing Volume One 1900-1910, Nimbus Records LC5871 (2000)



# by ibotarow | 2019-07-14 08:22 | 男声_ラッパ吹き込み | Comments(0)