いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヴァイオリン_ラッパ吹き込み( 69 )


2018年 05月 20日

クーベリックFONOTIPIA 前半

ヤン・クーベリックG&Tに続いてFonotipiaの回転数を調べます。
Fonotipiaのリストを拙ブログから再掲しますと、

Jan Kubelik FONOTIPIA Recordings

1905.05.Milan
[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 271] 39191 Serenade, Op.4 (d'Ambrosio)
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise Nachez)
[xPh 272-2] 39163-2 do X 99983
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto, Op.20 (Gounod-Wieniawski)
[xxxPh 275] 69013 Variazioni sull'Inno Nazionale Inglese (Paganini)
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo, Op.11 (Paganini)
[xxxPh 283] 69010 LUCIA DI LAMMERMOOR: Sestetto (Donizetti- Saint-Lubin) 
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen, Op.15-7: Träumerei (Schumann)
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins, Op.25 (Bazzini)
[xPh 296] 39163-3 Danse Hongroise (Nachez)

1906.11.Milan
[xPh 2228] 39925 Zephyr, Op.35-5 (Hubay) 72304
[xPh 2229] Studies (Chopin) [violin]
[xPh 2230] Partita No. 3 in E major, BWV1006: Präludium (Bach)
[xPh 2231] 39884 Scherzo Tarantelle, Op.16 (Wieniawski) Columbia F 29

1907.02.01/4 Milan
[xPh 2400] Cavatina in D, Op.85-3 (Raff)
[xPh 2400-2] 62036 do
[xPh 2401] 62037 Vision (Drdla)
[xPh 2402] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 2402-2] 39162-2 do O-5904, X 99981, Rx 98112
[xPh 2403]  39193-2 Serenade (Drdla)
[xxPh 2404] Ave Maria (Schubert)
[xxPh 2405] 74084-2 Zingaresca (Sarasate) 5526 F, XX 76993

1910.03/07 or 1910/4/10 Milan
[xxPh 4305] 74083 Zapateado - Danza spagnola, Op.23-2 (Sarasate) 5526 F
[xPh 4306] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 4307] 39193-4 Serenade (Drdla) O-5515, X 99982, X 98113
[xPh 4308] UNP Images, Impressions et Souvenirs, Op.41-14: Poem (Fibich-Kubelik)

1911.03. ? or 1911/5/30 Milan
[xPh 4552] 62573 Images, Impressions et Souvenirs, Op.41-14: Poem (Fibich-Kubelik)
[xPh 4553] 62496 Serenata Napoletana(Sgambati)
[xPh 4554] 62574 Berceuse, Op.56 (Drdla)
[xxPh 4555] 74084 Zingaresca (Sarasate) 5526 F
[xxPh 4556] 74086 Concertos in D (Paganini) : Cadenza (Kubelik) 5527 F
[xPh 4557] 62497 Le cygne (Saint-Saëns)
[xxPh 4558] 74085 Capriccio in G minor, Op. 1-6 (Paganini) 5527 F
[xPh 4559] 62603 Sérénade de Pierrot (Randegger)
[xPh 4560] UNP Zigeunerweisen, Op. 20-1(Sarasate)
[xxPh 4555?] UNISSUED Variations in A major (Paganini)

まず、1905年録音で調査するのは下記の8面です。

[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 271] 39191 Serenade, (d'Ambrosio)
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise Nachez)
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto (Gounod-Wieniawski)
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo (Paganini)
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen: Träumerei (Schumann)
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins (Bazzini)

これらを78 rpmで再生した時の300 Hzから600 HzまでのスペクトルをFig. 1に示します。

d0090784_17265156.jpg
ピッチはわりと揃っているようです。

個別のデータはMoreを見ていただくとして、A4=440 Hzで推定した回転数をFig. 18にまとめます。

d0090784_08055713.jpg

パガニーニの無窮動だけ、飛び離れた値になりましたが、果たしてあっているでしょうか?
これらの回転数で再生したMP3音源を下記にアップしました。

[xPh 270] 39162 Souvenir (Drdla)
[xPh 271] 39191 Serenade, (d'Ambrosio)
[xPh 272] 39163 Danse Hongroise Nachez)
[xPh 273-2] 39164 FAUST: Fantaisie brillante a- Rondo de Méphisto (Gounod-Wieniawski)
[xPh 276] 39192 Moto perpetuo (Paganini)
[xPh 284-2] 39193 Serenade (Drdla)
[xPh 285-2] 39194 Kinderszenen: Träumerei (Schumann)
[xPh 295] 39195 La ronde des lutins (Bazzini)



More
[PR]

by ibotarow | 2018-05-20 10:48 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 22日

クーベリックG&T

d0090784_09180920.jpg
Bruno Seidler- Winkler (piano) and Jan Kubelik (violin) during a recording.
In the background: recording engineer Max Hampe. [1]

これまでの試行で、楽譜や復刻CDに依存しない回転数推定法がほぼ確立したと思われますので、途中でほっぽってあるサラサーテやエネスコの見直しをやる必要があるのですが、やはり今まで回転数を調べたことのないレコードに興味を惹かれます。
そこで今回はヤン・クーベリック(1880-1940)のG&Tを採り上げました。
なお、上の写真は[1]から拝借しましたが、クーベリックの恰幅の良さから考えて、G&T時代より後のHMV時代のものではないでしょうか?

クーベリックG&Tのリストを拙ブログから再掲しますと、

Jan Kubelik G&T Recordings

1902.10.26, Recordings made in London
[2700W] private Romance (d’Ambrosio)
[2701 W2] 7956 Serenade No. 1 in A (Drdla) 27946 27955 37938 47952 77912
[2702b] 7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin)
[2703 2W] 7957 do 27947 27957 37939 47953 77913
[2704W] private Faust: Fantasia (Gounod)

1903.11.21
[4601b] 7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate)  47954 77914
[4602b] 7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate) 27956 37941 47955 77915
[4603b] Cadenza to Paganini (Émile Sauret)
[4604b] destr do
[4605b] 7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini) 27958 37940

1904.10.20
[6152b] Berceuse (Cui)
[6153b] Träumerei (Schumann)
[6154b] destr Jocelyn: Berceuse (Godard) with Nellie Melba (s), (piano Landon Ronald)
[400c] destr Ave Maria (Bach-Gounod), in Latin
[401c] 03033 do
[407c] no title on file
[408c] 07901 La ronde des lutins (Bazzini)037906 077902

1904.11.15
[6230b] Berceuse (Cui)

このうち市販されたのはカタログ番号を持つ下記の7面です。

7956 Serenade No. 1 in A (Drdla)
7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin)
7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate)  
7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate)
7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini)
03033 Ave Maria (Bach-Gounod)
07901 La ronde des lutins (Bazzini)

この7面を78 rpmで再生した時の300から600 HzのスペクトルをFig. 1に示します。

d0090784_14342685.jpg

このデータから、440 Hz付近のピーク周波数を拾うと、

7956 Serenade No. 1 in A (Drdla); 421.24 Hz
7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin); 422.59 Hz
7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate) ; 421.92 Hz
7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate); 421.92 rpm
7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini); 415.86 rpm
03033 Ave Maria (Bach-Gounod); 441.43 rpm
07901 La ronde des lutins (Bazzini); 429.99 rpm

となりました。
この周波数をA4だと仮定して、これを440 Hzにする回転数を求めると、

7956 Serenade No. 1 in A (Drdla); 78*440/421.24=81.47 rpm
7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin); 78*440/422.59=81.21 rpm
7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate) ; 78*440/421.92=81.34 rpm 
7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate); 78*440/421.92=81.34 rpm
7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini); 78*440/415.86=82.53 rpm
03033 Ave Maria (Bach-Gounod); 78*440/441.43=77.75 rpm
07901 La ronde des lutins (Bazzini); 78*440/429.99=79.82 rpm

となりました。
この回転数で再生した時の300から600 HzのスペクトルをFig. 2に示します。

d0090784_14364960.jpg

440 Hzにピークを合わせただけなので、これが果たして本当のA4音なのかどうか、半音ずれていないかどうか、わからないのが絶対音感の無い身のつらいところです。
冒頭で、楽譜も復刻CDもいらないと大口を叩いた手前、多少後ろめたさはありますが、復刻CD[2]と比較してみましょう。
このCDには1902年録音のクーベリックが4曲入っていますが、復刻時の回転数が下記のように明記されています。

29: Serenade № 1 in A "Kubelík-Serenade" (Franz Drdla)
violin: Jan Kubelík
10" disc Gramophone 2701 b (7956) • key A, 69.4 rpm, 2:25 min

30: Fantaisie sur un thème de Lucia di Lammermoor (Leon de Saint-Lubin op.46)
violin: Jan Kubelík
10" disc Gramophone 2703 b (7957) • key D, 71.0 rpm, 2:42 min

これと比較すると、半音はおろか全音以上の相違があります。
これは始めからやり直しですね。



More
[PR]

by ibotarow | 2018-04-22 08:34 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 08日

イザイCOLUMBIA

d0090784_07184280.jpg

クライスラー、ティボーと来ると、イザイも気になります。
DAHR [1]によると、イザイのヴァイオリン録音は下記のとおり14タイトルあります。

Eugène Ysaÿe COLUMBIA Recordings

12/24/1912 New York, Camille de Creus (piano)
36513 Die Meistersinger: Preislied (Wagner)
36514 Scherzo valse (Chabrier)
36515-1 Abendlied (Schumann)
36516 Lointain passe mazurka (Ysaÿe)

12/27/1912
36519-2 Berceuse (Fauré)
36520-1 Concerto in E minor: Finale (Mendelssohn)
36521 Mazurkas: Obertass / Menetrier (Wieniawski)

2/1/1913
36515-2 Abendlied (Schumann)
36522 Rêve d'enfant (Ysaÿe)

12/30/1912
36523-1 Rondino (Vieutemps)
36524-1 Hungarian dance no. 5 in G (Brahms)
36525-2 Caprice viennois (Kreisler)
36526-1 Albumblätt (Wagner)

3/9/1914
36907-2 Ave Maria (Schubert)

3/19/1914
36908-1 Humoreske (Dvořák)

マトリクスにテイク番号の付いていない盤については、テイクは"unknown"となっています。
このうち、普通に手に入るのは12タイトルで、残りの2タイトル、

36515 Abendlied (Schumann)
36522 Rêve d'enfant (Ysaÿe)

は、mr.hmvさんのページ[2]によると、極めて入手困難のようです。
もちろんボクは見たこともありません。

米コロムビアのラッパ吹込み盤の回転数は、80 rpmだと言われていますが、マーストンがカザルスのラッパ吹込みを復刻した時のNAXOS盤の解説によると、「必ずしも80 rpm一律ではない」とのことです。

また、Tim Brooks [3]によると、
「最初のコロムビアのディスクは、74-76 rpmの範囲で留まってるように見え、後に、例外はあるが、約76-78 rpmのディスクを発売した。」
「コロムビアは、自社のレコードは80 rpmで再生すべきだと主張したが、この速度は明らかに速すぎる。 」そうです。

取りあえず80 rpmで12面を再生して、Sonyの復刻CD[4]と比べてみました。
結果は、

36513 Die Meistersinger: Preislied (Wagner); 77.68 rpm
36514-1 Scherzo valse (Chabrier); 77.6 rpm
36516-4 Lointain passe mazurka (Ysaÿe); 77.52 rpm
36519-2 Berceuse (Fauré); 77.44 rpm
36520-1 Concerto in E minor: Finale (Mendelssohn); 77.36 rpm
36521-1 Mazurkas: Obertass / Menetrier (Wieniawski); 77.44 rpm
36523-1 Rondino (Vieutemps); 77.36 rpm
36524-1 Hungarian dance no. 5 in G (Brahms); 77.36 rpm
36525-2 Caprice viennois (Kreisler); 77.36 rpm
36526-1 Albumblätt (Wagner); 77.36 rpm
36907-2 Ave Maria (Schubert); 79.04 rpm
36908-1 Humoreske (Dvořák); 79.28 rpm

となりました。
1912年と1914年で、2つのグループに分かれる結果となりましたが、Tim Brooksの言う通り、いずれも80 rpm以下となりました。

ただ、マトリクス番号順にPCに取り込みましたが、1912年のグループで、徐々に回転数が下がって、やがて、ほぼ一定の値に落ち着くのが気になります。
プレーヤ(Cosmotechno DJ-3500)の回転数を80 rpmに決めているのはスライド抵抗ですが、この経時変化もあるかもわかりません。

そこで、78 rpmのクオーツロックで再度、取り込みを行うことにしました。
結果は、

36513 Die Meistersinger: Preislied (Wagner); 77.77 rpm
36514-1 Scherzo valse (Chabrier); 77.61 rpm
36516-4 Lointain passe mazurka (Ysaÿe); 77.57 rpm 
36519-2 Berceuse (Fauré); 77.53 rpm
36520-1 Concerto in E minor: Finale (Mendelssohn); 77.48 rpm
36521-1 Mazurkas: Obertass / Menetrier (Wieniawski); 77.45 rpm
36523-1 Rondino (Vieutemps); 77.49 rpm
36524-1 Hungarian dance no. 5 in G (Brahms); 77.45 rpm
36525-2 Caprice viennois (Kreisler); 77.49 rpm
36526-1 Albumblätt (Wagner); 77.45 rpm
36907-2 Ave Maria (Schubert); 79.09 rpm
36908-1 Humoreske (Dvořák); 79.28 rpm

となりました。
ただし、ユーモレスクだけは、人にあげてしまって手元に無いので、上と同じ80 rpm再生時のデータです。
2種類の回転数をFig. 1に示します。

d0090784_10322626.jpg

1912年の録音は、マトリクス順に徐々に回転数が下がって、やがて落ち着く傾向は前回と同じです。
また回転数の値も大差ありませんでした。
これで、バチモンプレーヤの80 rpmの回転数は安定していたことが明らかになりました。

それでは、なぜレコードの回転数が徐々に変化したか、は不明です。
復刻CDは本家本元の復刻なので、ひょっとして当時の資料に基づいているのかもしれませんが。




More
[PR]

by ibotarow | 2018-04-08 09:30 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 01日

クライスラーG&T その2

クライスラーのG&T4枚については、前回、 復刻CDとピッチを合わせて回転数を求めましたが、今回ティボーFonotipiaで用いた、演奏全体のスペクトルからピッチ推定する方法を適用し、再度回転数を求めることにしました。

まず、Biddulphの復刻CDの300 Hzから600 HzのスペクトルをFig. 1に示します。

d0090784_15424484.jpg

あまりピッチが揃っているとは言えませんが、A4=440 Hz前後に揃えたいという意思は感じられます。
次に、レコードを78 rpmで再生した時の300 Hzから600 HzのスペクトルをFig. 2に示します。

d0090784_15424499.jpg

当然ながら、ピッチはCD以上にばらついています。
このデータからA4付近のピーク周波数を拾うと、

Chanson sans paroles (Tschaikowsky); 458.25 Hz 
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert); 453.54 Hz 
Prelude in E (Bach); 450.18 Hz
Air on the G string (Bach); 442.10 Hz

となりました。
ここではピーク値を示した周波数をそのまま用い、カーブフィッティング等の処理は行っていません。
これらの値から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、

Chanson sans paroles (Tschaikowsky); 78*440/458.25=74.89 rpm  
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert); 78*440/453.54=75.67 rpm  
Prelude in E (Bach); 78*440/450.18=76.24 rpm  
Air on the G string (Bach); 78*440/442.10=77.63 rpm  

となりました。
前回求めた復刻CDと合わせた回転数との比較をFig. 3に示します。

d0090784_15424409.jpg

多少差はありますが、全体的な傾向は似ています。
最後に、A4=440 Hzになるように、上記の回転数に合わせたレコード再生音源の300 Hzから600 HzのスペクトルをFig. 4に示します。

d0090784_15424495.jpg

Fig. 1よりピッチは揃っており、単純にピーク周波数を採用しても、まあ大丈夫なようです。
この回転数で再生したMP3音源を下記にアップしました。

Chanson sans paroles (Tschaikowsky); https://yahoo.jp/box/uXUGQk
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert); https://yahoo.jp/box/Pjki62 
Prelude in E (Bach); https://yahoo.jp/box/gzhbxR
Air on the G string (Bach); https://yahoo.jp/box/jCxQIS

前回の回転数の音源はそのまま置いてあります。ボクには違いが全くわかりませんが。


[PR]

by ibotarow | 2018-04-01 08:04 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日

ティボーFonotipia

d0090784_12141795.jpg

クライスラーG&Tの回転数を調べたいきおいで、もう一方の雄、ティボーFonotipiaも調べたくなりました。
こういうことは、やる気のあるうちにやっとかないと、次はいつその気になるかわかりませんものね。
それにコンピュータ・ソフトは、使わないとすぐに操作方法を忘れてしまいますから。

今まで何べんもあげていますが、グボー[1]によるFonotipiaのリストを再掲します。

Jacques Thibaud FONOTIPIA Recordings

1905 Paris
[xPh 523-3, 524, 524-3] 39054 THAÏS (Massenet-Gallet): Méditation (84rpm)
[xPh 526] 39209 Mélodrame de Piccolino (Guiraud) (84rpm)
[xPh 531] 39208 Serenata (Vieuxtemps) (84rpm)
[xPh 532, 532-2, 532-3] 39087 Gavotte (Bach) (80rpm)
[xPh 666] 39231 LE CARNAVAL DES ANIMAUX (Saint-Saëns): Le cygne (80rpm)
[xPh 697] 39222 Scherzando (Marsick, op.6,2) (80rpm)

20 June 1907 Paris, w. A. d'Ambrosio (pf) (83.5rpm)
[xPh 2768] unp. Mélancolie (d'Ambrosio) / l'Abaile (Schubert)
[xPh 2769] unp. Berceuse (Faure)
[xPh 2770] unp. Aveu (d'Ambrosio)
[xPh 2771] unp. Sérénade (d'Ambrosio)

回転数は一応書かれているので、発売された6面を取りあえずその回転数で再生して、Symposiumの復刻CD[2]と合わせることにしました。
なお、未発売の4面のうち、ダンブロジオとシューベルトの3面については、グッディーズから復刻CD[3]が出ています。フォーレの子守歌は、残念ながらFonotipiaでなくPatheのものが入っていますが。

回転数を合わせた結果は、

[xPh 524] 39054 THAÏS (Massenet-Gallet): Méditation; 84.8 rpm
[xPh 526] 39209 Mélodrame de Piccolino (Guiraud); 85.2 rpm
[xPh 531] 39208 Serenata (Vieuxtemps); 84.1 rpm
[xPh 532-3] 39087 Gavotte (Bach); 78.5 rpm
[xPh 666] 39231 LE CARNAVAL DES ANIMAUX (Saint-Saëns): Le cygne; 80.0 rpm
[xPh 697] 39222 Scherzando (Marsick, op.6,2); 79.2 rpm

となりました。
前半と後半の2グループに分かれるのは同様ですが、その値は微妙にばらついています。

また、Mélodrame de Piccolinoでは、前半を合わせると、後半はレコードが遅れる。つまり、レコードの回転数を一定と仮定すると、復刻CDは後半で回転数が速くなる、と言うことを意味します。
Serenataも程度は少ないですが、同様の傾向がありました。
復刻CDは、外周と内周の回転数の違いも補正しているのかもしれませんが、これをやりだすと泥沼に嵌ること必定ですので、踏み込むのはやめておきます。

楽譜の入手できたTHAÏS: MéditationとLe cygneの基準ピッチを調べてみると、両者とも440 Hzとなったので、この復刻CDは、基準ピッチA4=440 Hzで復刻しているようだと思ったのですが、その後、Gavotteの楽譜を入手してみると、A4=433 Hzとなったので、あれあれ?となりました。

今まで、楽譜の中から特定の音を選んで、その音だけの部分の演奏を切り取って、スペクトルを求めていましたが、一音だけのデータだと、フィンガリングの誤差もあるでしょうし、意識的に音程をずらしている可能性もあります。
また、楽譜の無いケースには対処できません。
Mélodrame de Piccolino, Serenata, Scherzandoについては楽譜が入手できなかったので、これらのピッチは調査できませんでした。

そこで、考え方を変えて、というか何も考えずに、分析区間を演奏全体に広げて、スペクトルを求める方法を試みました。

今までやらなかったのは、演奏された音全部が入ってくるので、ほかの音の高調波が悪さをしないかと懸念したからです。
仮にA4=440 Hzだとすると、A3=220 Hzになり、この時、例えばD3は平均律で計算すると、
D3=220/1.4983=146.832 Hz、
ですので、その3倍の高調波は、
146.832*3=440.497 Hz
となります。
これはA4に極めて近い値で、A4の周波数推定に影響を与える可能性があります。
また、そもそもA4音が出てこない曲もあることでしょう。
でも、楽譜の無い曲のピッチを求める方法は他に思いつかないので、試しにやってみることにしました。

この方法ですと、ヴァイオリンとピアノ両方の演奏全体の平均データが得られることになります。
使用したソフト(Audacity)では、分析区間の最大値は237.8 secのようですが、ティボーFonotipiaは最大でも3分ちょっとですので、演奏全体がカバーできます。

先ず、グボー[1]による回転数で取り込んだレコード再生音源のスペクトルを求めました。
分析区間は演奏全体、FFTのデータ点数は、今まで短音を分析していたのでN=4096でしたが、今回は分析幅は十分長いので、このソフトの最大値N=65536としました。
この時の周波数分解能dFは、
dF=Fs/N,
ここで、
Fs=44100;サンプリング周波数 (Hz)
N=65536
ですので、約0.67 Hz毎に得られることになります。

420 Hzから460 Hzまでのスペクトルを下図に示します。

d0090784_10043529.jpg

これらのデータからピーク周波数を求めると、

THAÏS: Méditation; 433.36 Hz
Mélodrame de Piccolino; 432.68 Hz
Serenata; 438.07 Hz
Gavotte; 440.76 Hz
Le cygne; 441.43 Hz
Scherzando; 444.12 Hz

となりました。
これらの値から、A4=440 Hzとなる回転数を求めると、

THAÏS: Méditation; 440/433.36*84=85.287 rpm
Mélodrame de Piccolino; 440/432.68*84=85.421 rpm
Serenata; 440/438.07*84=84.370 rpm
Gavotte; 440/440.76*80=79.862 rpm
Le cygne; 440/441.43*80=79.741 rpm
Scherzando; 440/444.12*80=79.258 rpm

となりました。
Symposiumの復刻CDと比較した結果を下図に示します。
図中、"Symposium"は、Symposiumの復刻CDの推定回転数、"Speed 440"は、レコード再生音源をA4=440 Hzとなるよう調節した回転数です。

d0090784_09540219.jpg

Gavotteを除けば、まあ似ていると言えます。



More
[PR]

by ibotarow | 2018-03-25 07:50 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 25日

クライスラーG&T

d0090784_17085501.jpg

もう老い先短い身であるし、SPレコードを新しく入手するのはやめようと思っていたのですが、クライスラーG&Tのプレリュードが出ているのを目にし、どうせダメだからと安い値を付けておいたら、思いもかけず落札してしまいました。
はからずも4枚が揃い、数十年前に4枚揃いを達成されたボストンの大先達の後塵をやっと拝することができました。
これで最後にしようと思います。

この機会に、クライスラーG&Tの回転数を調べてみることにしました。
調べると言っても、復刻CDと合わせるだけのお手軽&手抜き調査ですが。どうせ、当時の基準ピッチがわからない以上、正解はありません。
比較したのは、Biddulphの復刻CD [1]です。
結果は、

47944 [2084X] Chanson sans paroles (Tschaikowsky) : 75.2 rpm 
47945 [2085X] Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert): 75.0 rpm 
47946 [2086X] Prelude in E (Bach): 75.5 rpm
47947 [2087X] Air on the G string (Bach): 78.4 rpm 

となりました。
マトリクス番号が連続していることから考えて、同じ時に録音されたと思われますが、回転数は全くバラバラでした。
特に「G線上のアリア」は他の3枚とかけ離れた値です。

他の復刻CDではどうだろうかと探してみると、Testament [2]に「G線上のアリア」がありました。
結果は、上とあまり大差のない、
78.0 rpm
となりました。

d0090784_17083053.jpg

この演奏の基準ピッチはどのくらいだろうと、楽譜 [3]に赤丸で示した6小節目の2分音符Gの周波数を調べてみると、下図に示すように、
396 Hz
でした。

d0090784_17083422.jpg

これはG線の開放弦でしょうから、オクターブ下の200 Hz付近の小さなピークがファンダメンタル成分だと思われますが、当時の録音システムでは入らず、倍音のみが現れているのでしょう。

GとAの周波数比は1:1.12246だから、Aは、
396 * 1.12246 = 444.5 Hz
となります。

d0090784_17083858.jpg

念のため、「プレリュード 75.5 rpm」の楽譜 [4]に赤丸で示す16分音符G#を調べてみると、下図に示すように、
416 Hz
でした。

d0090784_07423434.jpg

G#とAの周波数比は1:1.05946だから、Aは、
416 * 1.059 = 440.5 Hz
となります。

このことから、「G線上のアリア」の78 rpmは、そんなに的外れの値でもありません。
もし、A=440 Hzに合わせるなら、
78 * 440 / 444.5 = 77.2 rpm
で再生すれば良いことになります。

下記の回転数で再生したMP3音源をそれぞれのページにアップしました。
カートリッジはDL-102SD、イコライザはフラットです。
いずれも写真をクリックすると音が出るはずです。

Chanson sans paroles (Tschaikowsky) : 75.2 rpm https://ibotarow.exblog.jp/3741587/
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert): 75.0 rpm https://ibotarow.exblog.jp/3740600/
Prelude in E (Bach): 75.5 rpm このページ
Air on the G string (Bach): 77.2 rpm https://ibotarow.exblog.jp/3741169/

References
[1] The complete acoustic HMV recordings, BIDDULPH LAB 009-10 (1989)
[2] The Great Violinists - Recordings From 1900-1913, TESTAMENT SBT21323 (2003)
[3] https://violinsheetmusic.org/files/download/classical/bach-wilhelmj-air-for-the-g-string-violin.pdf
[4] https://violinsheetmusic.org/files/download/classical/bach-prelude.pdf




More
[PR]

by ibotarow | 2018-02-25 08:07 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 08日

サラサーテ盤の回転数その5

d0090784_20240009.jpg

10年ほど前、チゴイネルワイゼンの回転数について調べた結果を、下記の4回にまとめました。

サラサーテ盤の回転数その1 
サラサーテ盤の回転数その2 
サラサーテ盤の回転数その3 
サラサーテ盤の回転数その4 

あまり明解な結論は得られませんでしたが、論点を整理すると、
1.HMV、ビクターによると、チゴイネルワイゼンは77 rpm。
2.4種類の復刻CDは、おおよそA=440 Hzで復刻している。
3.演奏トラックと、内周トラックのピッチは違うのでは?
等です。

先日クレイトンの復刻LP[1]を入手したのを機に、これらをもう一度検証してみたくなりました。
そこで、チゴイネルワイゼンを含む7種類のレコードについて、5種類の復刻盤で再調査しようというのが今回の目的です。

先ず、サラサーテの録音は、下記の9曲10面です。録音年はDAHR[2]に依ります。

[4258o] Partita No 3 BWV1006: Prelude (Bach)
Gramophone 37931, 67903, AA111, E183, EW3, P527

[4259o]  Introduction et Caprice Jota, Op 41 (Sarasate)
Gramophone 37932

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4260o] Introduction et tarantelle, Op 43 (Sarasate)
Gramophone 27961, 37933, 47965, 61886, 67904, AA-112(Spain), E-183, ER-75(Czechoslovakia), EW-3(Germany), P527
Victor 52709, 62111

12/1/1904 Paris
[4261o] Miramar-Zortzico Op 42 (Sarasate)
Gramophone 27960, 37934, 47964
Victor 52708, 62110, 97231

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4262o] Caprice basque Op 24 (Sarasate)
Gramophone 27959, 37929, 47966, 67900, AA-110(Spain), ER-76(Czechoslovakia)
Victor 52720, 62115, 63168

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4263o] Zigeunerweisen Op 20 (Sarasate) Part-1
Gramophone 27962, 37930, 47962, 67901, E-329, AA-110(Spain), EW-2(Germany)
Victor 52710, 62112, 63167, 97245

ca. Nov 1904-Dec. 1, 1904 Paris
[4264o] Zigeunerweisen Op 20 (Sarasate) Part-2
Gramophone 27961, 37935, 47963, 67902, E-329, AA-111(Spain), EW-2(Germany)
Victor 52711, 62113, 63167, 97246

ca. 1904-1905 Paris
[4265o] Danzas españolas, Op 21. Habanera (Sarasate)
Gramophone 37936, 47967
Victor 52707, 97230, 62110

[4266o] Zapateado, Danse des souliers Op 23 No 2 (Sarasate)
Gramophone 37937

[4267o] Nocturne Op 9 No 2 (Chopin-Sarasate)
Gramophone 37938

これらのうち、プレリュード、カプリス・ホタ、ノクターンは持っていないので、それ以外の7面について調べます。

次に、回転数の推定法をデジタル化その16 ヨーゼフ・ハシッドからコピペしますと、
“まず、レコ―ドをクォーツロックのかかる78 rpmで再生、録音します。
この波形と、復刻CDの波形を、Audacity[3]上で比較します。
「スピード変換」によってレコードの波形を伸縮させて、両者が同じ長さになるように合わせます。つまりピッチを合わせるのではなく、演奏時間を合わせようという魂胆です。
両者を同時再生して、同じピッチ、同じテンポであることを確認します。
その時の変換係数を78に掛ければ、復刻CDの再生回転数が出ます。”

一例としてチゴイネルワイゼンpart 2の波形を図1に示します。
上がクレイトン盤の再生波形、下がレコードを72.8 rpmに合わせた波形です。

d0090784_20244434.jpg
図1 チゴイネルワイゼンpart 2の再生波形:クレイトン復刻盤(上)とレコード@72.8 rpm(下)

それから、内周トラックの周波数は、Audacityの「スペクトラム表示」のピークの値から求めました。
一例として上図下段の最後に見られる内周トラックのスペクトルを図2に示します。

d0090784_20253834.jpg
図2 チゴイネルワイゼンpart 2の内周トラックのスペクトル

内周トラックにはA音が録音されていると言われていますが、78 rpmで再生した時、レコード間でどのくらい周波数の、ひいては回転数のバラつきがあるかを調べてみました。
結果を図3に示します。録音した時は同じ高さの音だったはずですが、458 Hzから471 Hzまでかなりバラついていることがわかります。

d0090784_20255402.jpg
図3 78 rpmで再生した時の内周トラック周波数

さて、7種類のレコードに対する、5種類の復刻盤の調査結果を示します。
推定再生回転数を図4に、

d0090784_20262247.jpg
図4 5種類の復刻盤の推定再生回転数

図4の回転数における内周トラックの周波数を図5に示します。

d0090784_10302777.jpg
図5 図4の回転数で再生した時の内周トラックの周波数

まず目につくのは、クレイトンとその他の復刻盤との差です。
クレイトンは、大幅にずれているのもありますが、内周トラックの周波数が440 Hz近辺になるように回転数を調整するという方針だったようです。
A=440 Hzが正解かどうかは別にして、これは非常に合理的な考えだと思うのですが、現実はそう単純でもないようで、その他の復刻者は、そうは考えなかったようです。 1970年代(たぶん)と1990年代以降との違いですかね。

チゴイネルワイゼンpart1の場合、4種類の復刻CDは見事に70.7 rpmあたりに揃っています。
この回転数で再生したチゴイネルワイゼンの出だしのG音のピッチは、「サラサーテ盤の回転数その4」に書いたように、冒頭に挙げた論点2の
2.4種類の復刻CDは、おおよそA=440 Hzで復刻している。
に準拠したものとなりました。

その時の内周トラックの周波数は4種類とも415 Hz近辺で、440 Hzとは大きく異なります。
これは、先に挙げた論点3の、
3.演奏トラックと、内周トラックのピッチは違うのでは?
という仮説を裏付けるものです。

また、先に挙げた論点1の
1.HMV、ビクターによると、チゴイネルワイゼンは77 rpm。
ですが、
「サラサーテ盤の回転数その3」に書いたように、HMVの第2カタログには、
タランテラ:75 rpm
チゴイネルワイゼン:77 rpm
で再生せよ、と書いてあります。

タランテラの場合、78 rpm再生時の周波数は図3に示すように469 Hzですので、75 rpmでは、
469/78*75=451 Hz
となります。

チゴイネルワイゼンpart1の場合は、458 Hzですので、77 rpmでは、
458/78*77=452 Hz
となり、タランテラとほぼ一致します。
つまり、HMVの主張はそれなりに整合性があります。

ただ、チゴイネルワイゼンpart2は、464 Hzですので、77 rpmでは、
464/78*77=458 Hz
となり、part1と少し異なります。

HMVのカタログを作った人はpart1だけで77 rpmだと判断したとすると、内周トラックのピッチは、A=452 Hzとなります。
「サラサーテ盤の回転数その4」では、A=454 Hzが当時の演奏ピッチであろうと無理やり結論付けましたが、
ここで、先に挙げた論点3の
3.演奏トラックと、内周トラックのピッチは違うのでは?
の観点から、
演奏トラックのピッチをA=452~454 Hzとする回転数を考えると、70.7 rpmでA=440 Hzなので、
452/440x70.7=72.6 rpm
454/440x70.7=72.9 rpm
となります。
72.6~72.9 rpmが、HMVの顔もある程度立てた?落としどころじゃないでしょうか。

この場合の内周トラックの周波数は、77 rpmで452 Hzなので、72.6 rpmでは、
72.6/77x452=426 Hz
となります。
これは、A=452 Hzのピッチにおける、A♭に相当しますが、ほかの曲でも、図5に示したように、演奏トラックと内周トラックで、半音ほどではないにしても、差があるようです。




More
[PR]

by ibotarow | 2017-10-08 07:31 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日

デジタル化その8 ヨーゼフ・ヨアヒム

8回目は、Joseph Joachim (1831-1907)です。

ヨアヒムのG&T盤は下記の5面あります。
いずれも黒レーベルだと思っていましたが、最近某オークションで赤レーベルが2枚出ていましたので、最初は赤盤で発売されたようです。
ヨアヒムのレコードはこれがすべてで、別に他社に録音したわけではないのに何で黒盤になったんだろ?

G&T
27? June 1903, Berlin
047903 [204y] Bach: Sonata for Violin solo no. 1 in G minor, BWV 1001: Prelude
047904 [205y] Bach: Partita for Violin solo no. 1 in B minor, BWV 1002: Tempo di Bourée
047905 [217y] Brahms: Hungarian Dance no. 2 in D minor (arr. Joachim)
047906 [218y] Joachim: Romance in C Major
047907 [219y] Brahms: Hungarian Dance no. 1 in G minor (arr. Joachim)

まず、ハンガリー舞曲第1番ですが、
SYMPOSIUMのビニールプレスには78 rpmと書いてあります。
念のため、TESTAMENTの復刻CD[1]と合わせてみると、これも78 rpmのようです。

次に、ハンガリー舞曲第2番は、無銘のビニールプレスですが、回転数はTESTAMENTの復刻CD[1]と合わせた結果、81.5 rpmとなりました。
なお、81.5という値は有効数字3桁という意味ではなく、81と82のあいだという程度にお受け取りください。
しかし同時期の録音でここまで回転数が異なるのは奇異な感じがしますが、同じ復刻CDですので、この値を信用することにしました。

ハンガリー舞曲第1番
047907 [219y] Brahms: Hungarian Dance no. 1 in G minor (arr. Joachim)
の音源を下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/4519371/

ハンガリー舞曲第2番
047905 [217y] Brahms: Hungarian Dance no. 2 in D minor (arr. Joachim)
の音源を下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3964333/

いずれも写真をクリックすると音が出るはずです。


これでラッパ吹込み盤は予定終了です。
梅雨の間は、例年レコードケースに乾燥剤を入れ、レコードの出し入れはしませんので、デジタル化は梅雨明けまでお休みします。

Reference
[1] The Great Violinists - Recordings from 1900-1913, TESTAMENT SBT1323 (2012)


[PR]

by ibotarow | 2017-06-11 07:41 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(1)
2017年 06月 04日

デジタル化その7 ウィリー・ブルメスター

7回目はWilly Burmester(1869-1933)です。

ブルメスターのグラモフォン盤は下記の4枚8面あります。
録音エキスパートは Hancoxですが、彼のケリー・ディスコグラフィーMAT10はまだ公開されていません。アラン・ケリーが亡くなった今、どうなるんでしょうね。

幸い回転数は、mr.hmvさんによって、基準ピッチA=440 Hzの条件下で同定されています[1]。その値を下記のリストに書き加えました。こういうのがあると本当に助かります。
ただ前にも書きましたように、1 rpm以下の値は測定値のバラつきも有り、正確にセットできません。
そこで、最後のシンディング以外は81 rpm(有効数字2桁)で再生することにしました。

Schallplatte Grammophon
27 Sep. 1909, Berlin
47978T [1733ab] Gavotte (Rameau-Burmester) 81.2
47979H [1735ab] Menuett (Dussek-Burmester) 81.2
47984O [1734ab] Arioso (Handel) 81.2
47985P [1736ab] Menuet (Handel) 81.2
047917GD [247ac] Gavotte (Bach-Burmester) 80.8
047918GG [248ac] Air (Bach-Burmester) 80.8
047919H [245ac] Sarabande (Handel-Burmester) 81.2
047920H [246ac] Andante Religioso (Sinding-Burmester) 80.2

81 rpmで再生したバッハのアリア、
047918GG [248ac] Air (Bach-Burmester)
を下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3733207/
写真をクリックすると音が出るはずです。

同じく81 rpmで再生した裏面のガヴォット、
047917GD [247ac] Gavotte (Bach-Burmester)
は写真の下の曲名をクリックしてください。

念のため、復刻CDと比べてみると、TESTAMENT[2]には、
47979 [1735ab] Menuett (Dussek-Burmester)
47985 [1736ab] Menuet (Handel)
があり、78 rpmで復刻されているようです。

また、SYMPOSIUM[3]には、
047917 [247ac] Gavotte (Bach-Burmester)
047918 [248ac] Air (Bach-Burmester)
があり、これも78 rpmとなりました。

参考のため、78 rpmで再生したアリアとガヴォットを下記にアップしました。
Air (Bach-Burmester)
Gavotte (Bach-Burmester)
基準ピッチの違いでいうと、440 Hzに対し424 Hzになります。

References
[1] SP盤的文献紹介 http://www1.pbc.ne.jp/users/hmv78rpm/page162.html
[2] The Great Violinists - Recordings from 1900-1913, TESTAMENT SBT1323 (2012)
[3] Great Violinists Vol. 1, SYMPOSIUM 1017 (1994)


[PR]

by ibotarow | 2017-06-04 07:57 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 28日

デジタル化その6 ホアン・マネン

d0090784_15570786.jpg

P213 [2049] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.2


6回目は、Joan Manén (1883-1971)のParlophone 2枚です。

1915 Berlin, with orch. (Friedrich Kark, director)
P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)  
P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn)
P213 [2049] do

指揮者の情報は、Joan Manén Enregistraments històrics[1]によります。
メンデルスゾーンの協奏曲は、クラシック名曲初演&初録音事典[2]によると、世界で初めて全曲録音したのはマネンだそうですが、これはそれより前の別録音です。
回転数はSymposiumの復刻CD[3]と合わせた結果、79 rpmとなりました。

ヴィエニャフスキーのレジェンドとドルドラのセレナーデを下記にアップしました。

P210 [2047] Légende (Wieniawski)
P210 [2044] Serenade No.1 (Drdla)
http://ibotarow.exblog.jp/9431929/

メンデルスゾーンのコンチェルトはこのページにアップしました。

P213 [2048] Concerto in E minor (3rd mvt) (Mendelssohn) pt.1
P213 [2049] do pt.2

第1面は、写真をクリックすると音が出るはずです。
裏面は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] Joan Manén Enregistraments històrics http://joanmanen.cat/index.php/enregistraments-historics
[2] 平林直哉、クラシック名曲初演&初録音事典、(大和書房、2008)p.273
[3] The Great Violinists, Vol. 21: Pablo de Sarasate, Joan Manen, SYMPOSIUM 1328 (2004)


[PR]

by ibotarow | 2017-05-28 07:55 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)