いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 19日

エティエンヌのクラリネット協奏曲をめぐる謎

d0090784_9561271.jpg

どうも夏になると暑苦しいSPより、涼しげなLPを聴きたくなるようで、最近ディスコフィル・フランセ盤のクッキリスッキリ系の音に嵌っています。
それで、きっかけは何か忘れましたが、フランソワ・エティエンヌというクラリネット吹きを知りまして、標記のレコードが欲しくなりebayで探していたのですが、やはりLPはSPに較べて競争相手が多いですね、なかなかゲットできませんでした。

そうこうするうち、Loreeさんから、
「この録音は1941年6月に78回転SPレコード4枚に録音されたもので最初期のLPに転写された。再録音は1952年に同じエヴィット管弦楽団と行なわれたので混同されている。(グッディーズ/33CDR-3395)」
との情報をいただきました。

それでちょっと調べてみると、SP盤の録音データを見つけましたので書き留めておきます。

Mozart - Clarinet Concerto in A major K622
I. Allegro (2½ sides)
II. Adagio (1½ sides)
III. Rondo (2 sides)
L' Orchestre de Chambre Hewitt, Maurice Hewitt
François Etienne, clarinet
Les Discophiles Français 8-10
Matrices PART 1695 to 1700, all first takes (M6-102645/50)
Recorded July 1941
The 1941 date is suggested by the M6 numbers. It may be that Etienne recorded this concerto twice.

やはり2回録音したようです。
そこで、CHARMで検索してみると、

CatNum: EX25018
Label: Les discophiles français
Date: 1953-01-01
Venue: Paris, Salle Apollo
Composer: MOZART
Title: Clarinet Concerto in A major, KV622
Performer: Francois Etienne, clarinet
Conductor: Hewitt, Maurice

が、まずヒットしました。1953年1月の録音です。 またカタログ番号EX25018は、25センチ盤です。
しかし、次にヒットしたDF2には日付がありません。、

CatNum: DF2
Label: Les discophiles français
Composer: MOZART
Title: Clarinet Concerto in A major, KV622
Performer: Francois Etienne, clarinet
Conductor: Hewitt, Maurice

これはどういうふうに考えたら良いのでしょうか?
ボクの知る限り、エティエンヌのクラリネット協奏曲/五重奏曲には少なくとも3種類のジャケットがあります。地図なしDF2、地図ありDF2、そしてDF730.042です。
1941年の録音は上の説明によると「最初期のLPに転写された」そうですので、DF2の最初期盤はこの録音だと考えるのが自然でしょう。そして、いつかの時点で1953年の録音に差し替えられたと。
それを検証するためには、DF2のマトリクス情報を見たいところですが、いろいろ探し回ったところ地図ありDF2は、

Les Discophiles Français DF2
DF 2 1C3, PARTX 19513, M6 148668
DF 2 2C3, M6-140568 (クラリネット五重奏曲)

であることが判明しました。ここで興味深いのは、DF2のM6番号で、協奏曲の方が五重奏曲より新しいことです。つまり後で製盤されています。
想像をたくましくすれば、五重奏曲は1952年なので、協奏曲は1953年の再録音ではないか、と考えられないこともありません。

-------------------------------------------------------


More
[PR]

by ibotarow | 2013-08-19 10:19 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(2)