いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 22日

クーベリックG&T

d0090784_09180920.jpg
Bruno Seidler- Winkler (piano) and Jan Kubelik (violin) during a recording.
In the background: recording engineer Max Hampe. [1]

これまでの試行で、楽譜や復刻CDに依存しない回転数推定法がほぼ確立したと思われますので、途中でほっぽってあるサラサーテやエネスコの見直しをやる必要があるのですが、やはり今まで回転数を調べたことのないレコードに興味を惹かれます。
そこで今回はヤン・クーベリック(1880-1940)のG&Tを採り上げました。
なお、上の写真は[1]から拝借しましたが、クーベリックの恰幅の良さから考えて、G&T時代より後のHMV時代のものではないでしょうか?

クーベリックG&Tのリストを拙ブログから再掲しますと、

Jan Kubelik G&T Recordings

1902.10.26, Recordings made in London
[2700W] private Romance (d’Ambrosio)
[2701 W2] 7956 Serenade No. 1 in A (Drdla) 27946 27955 37938 47952 77912
[2702b] 7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin)
[2703 2W] 7957 do 27947 27957 37939 47953 77913
[2704W] private Faust: Fantasia (Gounod)

1903.11.21
[4601b] 7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate)  47954 77914
[4602b] 7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate) 27956 37941 47955 77915
[4603b] Cadenza to Paganini (Émile Sauret)
[4604b] destr do
[4605b] 7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini) 27958 37940

1904.10.20
[6152b] Berceuse (Cui)
[6153b] Träumerei (Schumann)
[6154b] destr Jocelyn: Berceuse (Godard) with Nellie Melba (s), (piano Landon Ronald)
[400c] destr Ave Maria (Bach-Gounod), in Latin
[401c] 03033 do
[407c] no title on file
[408c] 07901 La ronde des lutins (Bazzini)037906 077902

1904.11.15
[6230b] Berceuse (Cui)

このうち市販されたのはカタログ番号を持つ下記の7面です。

7956 Serenade No. 1 in A (Drdla)
7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin)
7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate)  
7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate)
7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini)
03033 Ave Maria (Bach-Gounod)
07901 La ronde des lutins (Bazzini)

この7面を78 rpmで再生した時の300から600 HzのスペクトルをFig. 1に示します。

d0090784_14342685.jpg

このデータから、440 Hz付近のピーク周波数を拾うと、

7956 Serenade No. 1 in A (Drdla); 421.24 Hz
7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin); 422.59 Hz
7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate) ; 421.92 Hz
7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate); 421.92 rpm
7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini); 415.86 rpm
03033 Ave Maria (Bach-Gounod); 441.43 rpm
07901 La ronde des lutins (Bazzini); 429.99 rpm

となりました。
この周波数をA4だと仮定して、これを440 Hzにする回転数を求めると、

7956 Serenade No. 1 in A (Drdla); 78*440/421.24=81.47 rpm
7957 Lucia di Lammermoor: Sextetto (Donizetti-St Lubin); 78*440/422.59=81.21 rpm
7967 Carmen: Habanera (Bizet-Sarasate) ; 78*440/421.92=81.34 rpm 
7968 Carmen Suite: Chanson bohème (Bizet-Sarasate); 78*440/421.92=81.34 rpm
7961 Theme & Pizzicato - Nel cor non più mi sento (Paisello-Paganini); 78*440/415.86=82.53 rpm
03033 Ave Maria (Bach-Gounod); 78*440/441.43=77.75 rpm
07901 La ronde des lutins (Bazzini); 78*440/429.99=79.82 rpm

となりました。
この回転数で再生した時の300から600 HzのスペクトルをFig. 2に示します。

d0090784_14364960.jpg

440 Hzにピークを合わせただけなので、これが果たして本当のA4音なのかどうか、半音ずれていないかどうか、わからないのが絶対音感の無い身のつらいところです。
冒頭で、楽譜も復刻CDもいらないと大口を叩いた手前、多少後ろめたさはありますが、復刻CD[2]と比較してみましょう。
このCDには1902年録音のクーベリックが4曲入っていますが、復刻時の回転数が下記のように明記されています。

29: Serenade № 1 in A "Kubelík-Serenade" (Franz Drdla)
violin: Jan Kubelík
10" disc Gramophone 2701 b (7956) • key A, 69.4 rpm, 2:25 min

30: Fantaisie sur un thème de Lucia di Lammermoor (Leon de Saint-Lubin op.46)
violin: Jan Kubelík
10" disc Gramophone 2703 b (7957) • key D, 71.0 rpm, 2:42 min

これと比較すると、半音はおろか全音以上の相違があります。
これは始めからやり直しですね。



More
[PR]

by ibotarow | 2018-04-22 08:34 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 08日

イザイCOLUMBIA

d0090784_07184280.jpg

クライスラー、ティボーと来ると、イザイも気になります。
DAHR [1]によると、イザイのヴァイオリン録音は下記のとおり14タイトルあります。

Eugène Ysaÿe COLUMBIA Recordings

12/24/1912 New York, Camille de Creus (piano)
36513 Die Meistersinger: Preislied (Wagner)
36514 Scherzo valse (Chabrier)
36515-1 Abendlied (Schumann)
36516 Lointain passe mazurka (Ysaÿe)

12/27/1912
36519-2 Berceuse (Fauré)
36520-1 Concerto in E minor: Finale (Mendelssohn)
36521 Mazurkas: Obertass / Menetrier (Wieniawski)

2/1/1913
36515-2 Abendlied (Schumann)
36522 Rêve d'enfant (Ysaÿe)

12/30/1912
36523-1 Rondino (Vieutemps)
36524-1 Hungarian dance no. 5 in G (Brahms)
36525-2 Caprice viennois (Kreisler)
36526-1 Albumblätt (Wagner)

3/9/1914
36907-2 Ave Maria (Schubert)

3/19/1914
36908-1 Humoreske (Dvořák)

マトリクスにテイク番号の付いていない盤については、テイクは"unknown"となっています。
このうち、普通に手に入るのは12タイトルで、残りの2タイトル、

36515 Abendlied (Schumann)
36522 Rêve d'enfant (Ysaÿe)

は、mr.hmvさんのページ[2]によると、極めて入手困難のようです。
もちろんボクは見たこともありません。

米コロムビアのラッパ吹込み盤の回転数は、80 rpmだと言われていますが、マーストンがカザルスのラッパ吹込みを復刻した時のNAXOS盤の解説によると、「必ずしも80 rpm一律ではない」とのことです。

また、Tim Brooks [3]によると、
「最初のコロムビアのディスクは、74-76 rpmの範囲で留まってるように見え、後に、例外はあるが、約76-78 rpmのディスクを発売した。」
「コロムビアは、自社のレコードは80 rpmで再生すべきだと主張したが、この速度は明らかに速すぎる。 」そうです。

取りあえず80 rpmで12面を再生して、Sonyの復刻CD[4]と比べてみました。
結果は、

36513 Die Meistersinger: Preislied (Wagner); 77.68 rpm
36514-1 Scherzo valse (Chabrier); 77.6 rpm
36516-4 Lointain passe mazurka (Ysaÿe); 77.52 rpm
36519-2 Berceuse (Fauré); 77.44 rpm
36520-1 Concerto in E minor: Finale (Mendelssohn); 77.36 rpm
36521-1 Mazurkas: Obertass / Menetrier (Wieniawski); 77.44 rpm
36523-1 Rondino (Vieutemps); 77.36 rpm
36524-1 Hungarian dance no. 5 in G (Brahms); 77.36 rpm
36525-2 Caprice viennois (Kreisler); 77.36 rpm
36526-1 Albumblätt (Wagner); 77.36 rpm
36907-2 Ave Maria (Schubert); 79.04 rpm
36908-1 Humoreske (Dvořák); 79.28 rpm

となりました。
1912年と1914年で、2つのグループに分かれる結果となりましたが、Tim Brooksの言う通り、いずれも80 rpm以下となりました。

ただ、マトリクス番号順にPCに取り込みましたが、1912年のグループで、徐々に回転数が下がって、やがて、ほぼ一定の値に落ち着くのが気になります。
プレーヤ(Cosmotechno DJ-3500)の回転数を80 rpmに決めているのはスライド抵抗ですが、この経時変化もあるかもわかりません。

そこで、78 rpmのクオーツロックで再度、取り込みを行うことにしました。
結果は、

36513 Die Meistersinger: Preislied (Wagner); 77.77 rpm
36514-1 Scherzo valse (Chabrier); 77.61 rpm
36516-4 Lointain passe mazurka (Ysaÿe); 77.57 rpm 
36519-2 Berceuse (Fauré); 77.53 rpm
36520-1 Concerto in E minor: Finale (Mendelssohn); 77.48 rpm
36521-1 Mazurkas: Obertass / Menetrier (Wieniawski); 77.45 rpm
36523-1 Rondino (Vieutemps); 77.49 rpm
36524-1 Hungarian dance no. 5 in G (Brahms); 77.45 rpm
36525-2 Caprice viennois (Kreisler); 77.49 rpm
36526-1 Albumblätt (Wagner); 77.45 rpm
36907-2 Ave Maria (Schubert); 79.09 rpm
36908-1 Humoreske (Dvořák); 79.28 rpm

となりました。
ただし、ユーモレスクだけは、人にあげてしまって手元に無いので、上と同じ80 rpm再生時のデータです。
2種類の回転数をFig. 1に示します。

d0090784_10322626.jpg

1912年の録音は、マトリクス順に徐々に回転数が下がって、やがて落ち着く傾向は前回と同じです。
また回転数の値も大差ありませんでした。
これで、バチモンプレーヤの80 rpmの回転数は安定していたことが明らかになりました。

それでは、なぜレコードの回転数が徐々に変化したか、は不明です。
復刻CDは本家本元の復刻なので、ひょっとして当時の資料に基づいているのかもしれませんが。




More
[PR]

by ibotarow | 2018-04-08 09:30 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 01日

クライスラーG&T その2

クライスラーのG&T4枚については、前回、 復刻CDとピッチを合わせて回転数を求めましたが、今回ティボーFonotipiaで用いた、演奏全体のスペクトルからピッチ推定する方法を適用し、再度回転数を求めることにしました。

まず、Biddulphの復刻CDの300 Hzから600 HzのスペクトルをFig. 1に示します。

d0090784_15424484.jpg

あまりピッチが揃っているとは言えませんが、A4=440 Hz前後に揃えたいという意思は感じられます。
次に、レコードを78 rpmで再生した時の300 Hzから600 HzのスペクトルをFig. 2に示します。

d0090784_15424499.jpg

当然ながら、ピッチはCD以上にばらついています。
このデータからA4付近のピーク周波数を拾うと、

Chanson sans paroles (Tschaikowsky); 458.25 Hz 
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert); 453.54 Hz 
Prelude in E (Bach); 450.18 Hz
Air on the G string (Bach); 442.10 Hz

となりました。
ここではピーク値を示した周波数をそのまま用い、カーブフィッティング等の処理は行っていません。
これらの値から、A4=440 Hzになる回転数を求めると、

Chanson sans paroles (Tschaikowsky); 78*440/458.25=74.89 rpm  
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert); 78*440/453.54=75.67 rpm  
Prelude in E (Bach); 78*440/450.18=76.24 rpm  
Air on the G string (Bach); 78*440/442.10=77.63 rpm  

となりました。
前回求めた復刻CDと合わせた回転数との比較をFig. 3に示します。

d0090784_15424409.jpg

多少差はありますが、全体的な傾向は似ています。
最後に、A4=440 Hzになるように、上記の回転数に合わせたレコード再生音源の300 Hzから600 HzのスペクトルをFig. 4に示します。

d0090784_15424495.jpg

Fig. 1よりピッチは揃っており、単純にピーク周波数を採用しても、まあ大丈夫なようです。
この回転数で再生したMP3音源を下記にアップしました。

Chanson sans paroles (Tschaikowsky); https://yahoo.jp/box/uXUGQk
Sarabande (Sulzer) and L'Abeille (Schubert); https://yahoo.jp/box/Pjki62 
Prelude in E (Bach); https://yahoo.jp/box/gzhbxR
Air on the G string (Bach); https://yahoo.jp/box/jCxQIS

前回の回転数の音源はそのまま置いてあります。ボクには違いが全くわかりませんが。


[PR]

by ibotarow | 2018-04-01 08:04 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)