いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 08月 18日

メイエルのクープラン1946

d0090784_09401772.jpg

1946年録音のバッハ、ラモー、スカルラッティはそれぞれ、DF 13, DF 14, DF 15としてLP化されましたが、なぜかAlbum 16のクープランだけはされませんでした。
DF 16は、リステンパルトのモーツァルト[1]です。

メイエルはDF 14で最後にするとに書いたし、もう新たにSPレコードは買わないと宣言したような気もするので、オークションでたまにクープランのAlbum 16を見つけても横目で見るだけでしたが、このたび、どうせダメだろうからと最低額を入れておいたら誰も入札せず、はからずも落札してしまいました。
これで誰かさんから嘘つき呼ばわりされそうですが、やはり邪心の無いところに神は微笑むようです。

1946-11-12
Album 16, 4 disques (72-75)
François Couperin: Neuf pièces pour clavier
72-1 [PARTX 3221-1, M6-110119] Le dodo ou l'amour au berceau / Le tic toc choc ou les maillotins 
72-2 [PARTX 3222-1, M6-110120] Les fauvettes plaintives
73-3 [PARTX 3223-1, M6-110121] La muse plantine / L'arlequine
73-4 [PARTX 3224-1, M6-110122] Les ombres errantes / Les barricades mystérieuses
74-5 [PARTX 3217-1, M6-110115] Les Folies Françoises ou les Dominos (début)
74-6 [PARTX 3218-1, M6-110116] Les Folies Françoises ou les Dominos (Fin)
75-7 [PARTX 3219-1, M6-110117] Passacaille (début)
75-8 [PARTX 3220-1, M6-110118] Passacaille (Fin)

先日、無事到着しました。
送り状の消印を見ると、さすがLA POSTE、5日で着いたようです。

早速聴いてみました。回転数はとりあえず78.0 rpmです。
心配した DF 14, D F15で聴かれたようなワウフラッターは感じませんでした。 あれはLP転写時のことだったのでしょうか?
音はしっとりしていますが、78回転ならではの明晰さと力強さがあります。

メイエルは1897年生まれなので、この時すでにオバサン世代ですが、メイエル嬢と呼びたくなります。
銚子のAさんのようにアバズレとは言いませんが、お転婆です。
Wikipediaによると、お転婆はオランダ語 ontembaarからの借用で、 原義は「手に負えない」の意だそうです。なるほどね。

さて、回転数ですが、EMIの復刻CD(正確にはその海賊盤[2])には、1946年録音のクープランも収録されていて、それと聴き比べてみると、ピッチが少し違います。

DF 14の時にも引用しましたが、さる畏兄からお借りしたEMIの復刻CDの解説[3]によると、
"Lastly, the pitch has been set at 440 Hz for all the 78 sides that sounded a semitone higer."
つまり、「78回転盤はすべて半音高く聴こえたので、ピッチを440 Hzになるように合わせた。」
と書いてあります。

しかし実際に半音低くするために、回転数を約73.6 rpmにしてみると、復刻CDよりも低くなります。
そこで、半音のさらに半分の4分音(2の24乗根=1.0293)にすると、
78/1.0293=75.8 rpm
になり、耳で聴いた限りでは、復刻CDのピッチと合いました。
9曲を通して聴いてみると、78.0 rpm再生のお転婆で快活な感じがちょっと薄れ、典雅な雰囲気になります。

最後に、1953年録音のDF 86のクープランと聴き比べてみました。
DF 86
Couperin, Rameau, Debussy et Ravel: Concert de musique française
[DF 86 1C1, PARTX 19519, M6 148674]
Couperin:
1. Le Dodo ou l'amour au berceau
2. Les barricades mystérieuses
3. Les fauvettes plaintives
4. Les ombres errantes (quel chef d'œuvre!)
5. Le tic toc choc ou les maillotins

これらは、1946年録音の75.8 rpm再生と比べて、ピッチはほぼ同じですが、さらに優雅で落ち着いていて、大年増の貫禄があります。
でも1946年の方がフレッシュで軽快です。

Reference
[1] MOZART: Symphonies K.136 / K.137 / K.138 Orchestre de chambre de la Sarre conducted by KARL RISTENPART, Les Discophiles Francais DF 16
[2] Marcelle Meyer - Complete Studio Recordings 1925-1957, Documents, LC 12281
[3] Marcelle Meyer - Studio Recordings 1925-1957, EMI Classics, CZS3846992 (2007)




More
[PR]

by ibotarow | 2018-08-18 08:37 | ピアノ_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 04日

暑気払いレコード2018

d0090784_08590565.jpg

お暑うございます。こういう時には涼し気なモーツァルトの器楽を聴きたくなります。

という訳で、とっておきの"フルートとハープのための協奏曲"、
Pathé DTX 193
[XPTX 341 21, M6 170805] "Concerto for harp and flute in C major k.299" I. Allegro - II. Andantino
[XPTX 342 21, M6 170806] do III. Rondo / "Andante for flute and orchestra k.315"
by Lili Laskine (harp), François-Julien Brun (flute) and Fernand Oubradous (conductor)
(Oct. 1955 or 7 July 1955 )[1]
を取り出しました。

"パリのモーツァルト"[2]の中では、以前、
DTX 194: "Symphonie parisienne K 297" / "Les Petits riens" by Oubradous (conductor)
のCND盤、Club National Du Disque CND 539を入手してオリジナルと同じスタンパーだと喜んでいましたが、おそらく1960年代のプレス。
それに対して、今回は1950年代のクサってもパテ盤です。

いつものタンノイ・モノ+バチモンプレーヤで聴いてみました。イコライザはNABです。
同じ1950年代のDF盤とはちょっと違う、キレがあるのにコクがある、これがパテの音なんでしょうね。

2012年の暑気払いレコードの主役は、風鈴を思わせるクラウスのチェレスタでしたが、ラスキーヌのハープは、水玉がはじけるような清涼感があります。
ブランのフルートは、さしずめ、石走る垂水でしょうか。

以前いただいた、さる先達のご友人がクリーム色シェルのオルトフォンほか贅を凝らした装置で再生された私家版CD(1)と聴き比べてみました。
フォーマットは、(1)に合わせてWAV(16 bit, 44.1 kHz)に揃えました。

(1) オルトフォン(A25?)
ワイドレンジでさわやか、すっきり系美人、でもハープの高弦が硬い。

(2) タンノイ・シングルプレイ
オルトフォンよりナローレンジで中域が濃い、お化粧美人。 でもちょっと暑苦しい。

いずれ菖蒲か杜若、甲乙つけがたいですが、夏向きには(1)かな?
でも、どちらが好みかと言われると、独奏楽器の音色がより魅力的な(2)ですかね、ラスキーヌのハープの何気ないフレーズが、ハッとするほど美しい(こともあります)。

Reference
[1] https://www.youtube.com/watch?v=6zzS-PXKfDE
[2] Mozart à Paris - The Complete Parisian Mozart Compositions (1763 and 1778) by L'Orchestre de chambre Fernand Oubradous, PATHÉ DTX 191-197;
DTX 191: "Concerto for harpsichord and violin k. sup. 56" / "Sonata for harpsichord and violin k.6, k.7, k.8 and k.9"
by Jacques Dumont (violin), Robert Veyron-Lacroix (harpsichord) and Fernand Oubradous (conductor)
/ "Kyrie k.33" by J. Cellier (soprano), S.Michel (contralto), J.Giraudeau (tenor) and M.Roux (bass)

DTX 192: "Symphonie concertante k.297"
by Oubradous (conductor), P.Pierlot (oboe), J.Lancelot (clarinet), P.Delvescovo (horn) and P.Hongne (bassoon)
/ "Grande ouverture in B flat major k. supp. I N°8" by Oubradous (conductor)

DTX 193: "Concerto for harp and flute in C major k.299" / "Andante for flute and orchestra k.315"
by Lili Laskine (harp), François-Julien Brun (flute) and Oubradous (conductor)

DTX 194: "Symphonie parisienne K 297" / "Les Petits riens" by Oubradous (conductor)

DTX 195: "Popoli di Tessaglia K. 316" by Annick Simon (soprano) and Oubradous (conductor)
/ "Strings quartet k. supp. 212" by Pascal quartet
/ "Ah vous dirai-je maman - 12 variations K. 265" by Samson François (piano)
/ "sonata for violin and piano K. 306" by René Benedetti (violin) and Vlado Perlemuter (piano)

DTX 196: "Sonata in A minor K.310" by Lazare-Levy (piano)
/ "La belle Françoise - 12 Variations K.353" by Jean Doyen (piano),
"Lison dormait - 9 variations K.395" and "Prelude k.395" by Jeanne-Marie Darré (piano)
/ "Sonata for violin& piano K.304" by Roland Charmy (violin) and Vlado Perlemuter (piano)

DTX 197: "Sonata in C major k.330" by Aline Van Barentzen (piano)
/ "Sonata in A major k.331" by Marcel Ciampi (piano)
/ "Je suis Lindor - 12 variations k.354" by Lucette Descaves (piano)
/ "Sonata in F major k.332" by Joseph Benvenutti (piano)


[PR]

by ibotarow | 2018-08-04 08:09 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(0)