いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2004年 02月 11日

クーベリックのロンド・デ・ルタン

d0090784_954996.gif
d0090784_9542590.gif

La Rondo des Lutins (bazzini) G&T 07901, matrix 408c (20/10/1904) and Fonotipia 39195, matrix Xph295-2 (1905)

G&Tのクーベリックはロンド・デ・ルタンを、まるで練習曲をさらうように、ゆっくりと、一音もゆるがせにせず弾いている。特に左手のピチカートは完璧である。フォノティピアの方は、もう少し興が乗って、クーベリックらしい闊達さが感じられるが、それでもハイフェッツ(Victor 74570)なんかと比べるとずいぶん遅い。しかしながら、どちらも、ハイフェッツのソツの無い演奏に比べて、エレガントで、しかも華やかさがある。第一次大戦前における、時代の寵児だったことを彷彿とさせる演奏である。
[PR]

# by ibotarow | 2004-02-11 00:00 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)