いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 23日

エティエンヌのモーツァルト・クラリネット協奏曲 1941

d0090784_08521162.jpg

前報の最後に書いたように、エティエンヌのモーツァルト・クラリネット協奏曲の旧録音は、DF 2の10インチ最初期盤を探すつもりでした。
元のSP盤なら時々見かけるので、それを入手すれば簡単ですが、今さら取っかえ引っかえして聴くのも面倒だと見送っていました。
ところが先日、たいへん安く出ていたのでダメ元で最低額を入れておいたら、誰も入札せず落札してしまいました。送料はその3倍以上取られましたが。

July 1941
Les Discophiles Français 8-10
Mozart: Clarinet Concerto in A major K.622
8-1 [PART 1695-1, M6-102645] I. Allegro (début)
8-2 [PART 1696-1, ---------] I. Allegro (suite)
9-3 [PART 1697-1, M6-102647] I. Allegro (fin) / II. Adagio (début)
9-4 [PART 1698-1, M6-102648] II. Adagio (fin)
10-5 [PART 1699-1, M6-102649] III. Rondo (début)
10-6 [PART 1700-1, M6-102650] III. Rondo (fin)
François Etienne, clarinet
L' Orchestre de Chambre Hewitt, Maurice Hewitt

さっそく聴いてみましたが、以前、さる畏兄に米VOX盤を聴かせていただいたときの音は、もう記憶の彼方でしたので、鮮明さに驚きました。
この前のDF 2の10インチ盤の方がよほど眠たい音です。

演奏は、エティエンヌもさることながら、エウィットが別人のように若々しいです。
スピードも新録音より速い印象がありましたが、演奏時間はほとんど変わりませんでした。
新録音より肌理が粗いという気もしましたが、これは録音のせいもあるかもしれません。

前回、若き碩学Lさんにご教示いただいた、
「第3楽章の冒頭、アウフタクトを除いて4小節目のクラリネットソロが旧録音ではスラー気味、再録音ではスタッカート気味です。」
も確認した結果、たしかにスラ―気味でした。



More
[PR]

# by ibotarow | 2018-09-23 08:18 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(0)