いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 04日

暑気払いレコード2018

d0090784_08590565.jpg

お暑うございます。こういう時には涼し気なモーツァルトの器楽を聴きたくなります。

という訳で、とっておきの"フルートとハープのための協奏曲"、
Pathé DTX 193
[XPTX 341 21, M6 170805] "Concerto for harp and flute in C major k.299" I. Allegro - II. Andantino
[XPTX 342 21, M6 170806] do III. Rondo / "Andante for flute and orchestra k.315"
by Lili Laskine (harp), François-Julien Brun (flute) and Fernand Oubradous (conductor)
(Oct. 1955 or 7 July 1955 )[1]
を取り出しました。

"パリのモーツァルト"[2]の中では、以前、
DTX 194: "Symphonie parisienne K 297" / "Les Petits riens" by Oubradous (conductor)
のCND盤、Club National Du Disque CND 539を入手してオリジナルと同じスタンパーだと喜んでいましたが、おそらく1960年代のプレス。
それに対して、今回は1950年代のクサってもパテ盤です。

いつものタンノイ・モノ+バチモンプレーヤで聴いてみました。イコライザはNABです。
同じ1950年代のDF盤とはちょっと違う、キレがあるのにコクがある、これがパテの音なんでしょうね。

2012年の暑気払いレコードの主役は、風鈴を思わせるクラウスのチェレスタでしたが、ラスキーヌのハープは、水玉がはじけるような清涼感があります。
ブランのフルートは、さしずめ、石走る垂水でしょうか。

以前いただいた、さる先達のご友人がクリーム色シェルのオルトフォンほか贅を凝らした装置で再生された私家版CD(1)と聴き比べてみました。
フォーマットは、(1)に合わせてWAV(16 bit, 44.1 kHz)に揃えました。

(1) オルトフォン(A25?)
ワイドレンジでさわやか、すっきり系美人、でもハープの高弦が硬い。

(2) タンノイ・シングルプレイ
オルトフォンよりナローレンジで中域が濃い、お化粧美人。 でもちょっと暑苦しい。

いずれ菖蒲か杜若、甲乙つけがたいですが、夏向きには(1)かな?
でも、どちらが好みかと言われると、独奏楽器の音色がより魅力的な(2)ですかね、ラスキーヌのハープの何気ないフレーズが、ハッとするほど美しい(こともあります)。

Reference
[1] https://www.youtube.com/watch?v=6zzS-PXKfDE
[2] Mozart à Paris - The Complete Parisian Mozart Compositions (1763 and 1778) by L'Orchestre de chambre Fernand Oubradous, PATHÉ DTX 191-197;
DTX 191: "Concerto for harpsichord and violin k. sup. 56" / "Sonata for harpsichord and violin k.6, k.7, k.8 and k.9"
by Jacques Dumont (violin), Robert Veyron-Lacroix (harpsichord) and Fernand Oubradous (conductor)
/ "Kyrie k.33" by J. Cellier (soprano), S.Michel (contralto), J.Giraudeau (tenor) and M.Roux (bass)

DTX 192: "Symphonie concertante k.297"
by Oubradous (conductor), P.Pierlot (oboe), J.Lancelot (clarinet), P.Delvescovo (horn) and P.Hongne (bassoon)
/ "Grande ouverture in B flat major k. supp. I N°8" by Oubradous (conductor)

DTX 193: "Concerto for harp and flute in C major k.299" / "Andante for flute and orchestra k.315"
by Lili Laskine (harp), François-Julien Brun (flute) and Oubradous (conductor)

DTX 194: "Symphonie parisienne K 297" / "Les Petits riens" by Oubradous (conductor)

DTX 195: "Popoli di Tessaglia K. 316" by Annick Simon (soprano) and Oubradous (conductor)
/ "Strings quartet k. supp. 212" by Pascal quartet
/ "Ah vous dirai-je maman - 12 variations K. 265" by Samson François (piano)
/ "sonata for violin and piano K. 306" by René Benedetti (violin) and Vlado Perlemuter (piano)

DTX 196: "Sonata in A minor K.310" by Lazare-Levy (piano)
/ "La belle Françoise - 12 Variations K.353" by Jean Doyen (piano),
"Lison dormait - 9 variations K.395" and "Prelude k.395" by Jeanne-Marie Darré (piano)
/ "Sonata for violin& piano K.304" by Roland Charmy (violin) and Vlado Perlemuter (piano)

DTX 197: "Sonata in C major k.330" by Aline Van Barentzen (piano)
/ "Sonata in A major k.331" by Marcel Ciampi (piano)
/ "Je suis Lindor - 12 variations k.354" by Lucette Descaves (piano)
/ "Sonata in F major k.332" by Joseph Benvenutti (piano)


[PR]

# by ibotarow | 2018-08-04 08:09 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(0)