いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 25日

ティボーFonotipia

d0090784_12141795.jpg

クライスラーG&Tの回転数を調べたいきおいで、もう一方の雄、ティボーFonotipiaも調べたくなりました。
こういうことは、やる気のあるうちにやっとかないと、次はいつその気になるかわかりませんものね。
それにコンピュータ・ソフトは、使わないとすぐに操作方法を忘れてしまいますから。

今まで何べんもあげていますが、グボー[1]によるFonotipiaのリストを再掲します。

Jacques Thibaud FONOTIPIA Recordings

1905 Paris
[xPh 523-3, 524, 524-3] 39054 THAÏS (Massenet-Gallet): Méditation (84rpm)
[xPh 526] 39209 Mélodrame de Piccolino (Guiraud) (84rpm)
[xPh 531] 39208 Serenata (Vieuxtemps) (84rpm)
[xPh 532, 532-2, 532-3] 39087 Gavotte (Bach) (80rpm)
[xPh 666] 39231 LE CARNAVAL DES ANIMAUX (Saint-Saëns): Le cygne (80rpm)
[xPh 697] 39222 Scherzando (Marsick, op.6,2) (80rpm)

20 June 1907 Paris, w. A. d'Ambrosio (pf) (83.5rpm)
[xPh 2768] unp. Mélancolie (d'Ambrosio) / l'Abaile (Schubert)
[xPh 2769] unp. Berceuse (Faure)
[xPh 2770] unp. Aveu (d'Ambrosio)
[xPh 2771] unp. Sérénade (d'Ambrosio)

回転数は一応書かれているので、発売された6面を取りあえずその回転数で再生して、Symposiumの復刻CD[2]と合わせることにしました。
なお、未発売の4面のうち、ダンブロジオとシューベルトの3面については、グッディーズから復刻CD[3]が出ています。フォーレの子守歌は、残念ながらFonotipiaでなくPatheのものが入っていますが。

回転数を合わせた結果は、

[xPh 524] 39054 THAÏS (Massenet-Gallet): Méditation; 84.8 rpm
[xPh 526] 39209 Mélodrame de Piccolino (Guiraud); 85.2 rpm
[xPh 531] 39208 Serenata (Vieuxtemps); 84.1 rpm
[xPh 532-3] 39087 Gavotte (Bach); 78.5 rpm
[xPh 666] 39231 LE CARNAVAL DES ANIMAUX (Saint-Saëns): Le cygne; 80.0 rpm
[xPh 697] 39222 Scherzando (Marsick, op.6,2); 79.2 rpm

となりました。
前半と後半の2グループに分かれるのは同様ですが、その値は微妙にばらついています。

また、Mélodrame de Piccolinoでは、前半を合わせると、後半はレコードが遅れる。つまり、レコードの回転数を一定と仮定すると、復刻CDは後半で回転数が速くなる、と言うことを意味します。
Serenataも程度は少ないですが、同様の傾向がありました。
復刻CDは、外周と内周の回転数の違いも補正しているのかもしれませんが、これをやりだすと泥沼に嵌ること必定ですので、踏み込むのはやめておきます。

楽譜の入手できたTHAÏS: MéditationとLe cygneの基準ピッチを調べてみると、両者とも440 Hzとなったので、この復刻CDは、基準ピッチA4=440 Hzで復刻しているようだと思ったのですが、その後、Gavotteの楽譜を入手してみると、A4=433 Hzとなったので、あれあれ?となりました。

今まで、楽譜の中から特定の音を選んで、その音だけの部分の演奏を切り取って、スペクトルを求めていましたが、一音だけのデータだと、フィンガリングの誤差もあるでしょうし、意識的に音程をずらしている可能性もあります。
また、楽譜の無いケースには対処できません。
Mélodrame de Piccolino, Serenata, Scherzandoについては楽譜が入手できなかったので、これらのピッチは調査できませんでした。

そこで、考え方を変えて、というか何も考えずに、分析区間を演奏全体に広げて、スペクトルを求める方法を試みました。

今までやらなかったのは、演奏された音全部が入ってくるので、ほかの音の高調波が悪さをしないかと懸念したからです。
仮にA4=440 Hzだとすると、A3=220 Hzになり、この時、例えばD3は平均律で計算すると、
D3=220/1.4983=146.832 Hz、
ですので、その3倍の高調波は、
146.832*3=440.497 Hz
となります。
これはA4に極めて近い値で、A4の周波数推定に影響を与える可能性があります。
また、そもそもA4音が出てこない曲もあることでしょう。
でも、楽譜の無い曲のピッチを求める方法は他に思いつかないので、試しにやってみることにしました。

この方法ですと、ヴァイオリンとピアノ両方の演奏全体の平均データが得られることになります。
使用したソフト(Audacity)では、分析区間の最大値は237.8 secのようですが、ティボーFonotipiaは最大でも3分ちょっとですので、演奏全体がカバーできます。

先ず、グボー[1]による回転数で取り込んだレコード再生音源のスペクトルを求めました。
分析区間は演奏全体、FFTのデータ点数は、今まで短音を分析していたのでN=4096でしたが、今回は分析幅は十分長いので、このソフトの最大値N=65536としました。
この時の周波数分解能dFは、
dF=Fs/N,
ここで、
Fs=44100;サンプリング周波数 (Hz)
N=65536
ですので、約0.67 Hz毎に得られることになります。

420 Hzから460 Hzまでのスペクトルを下図に示します。

d0090784_10043529.jpg

これらのデータからピーク周波数を求めると、

THAÏS: Méditation; 433.36 Hz
Mélodrame de Piccolino; 432.68 Hz
Serenata; 438.07 Hz
Gavotte; 440.76 Hz
Le cygne; 441.43 Hz
Scherzando; 444.12 Hz

となりました。
これらの値から、A4=440 Hzとなる回転数を求めると、

THAÏS: Méditation; 440/433.36*84=85.287 rpm
Mélodrame de Piccolino; 440/432.68*84=85.421 rpm
Serenata; 440/438.07*84=84.370 rpm
Gavotte; 440/440.76*80=79.862 rpm
Le cygne; 440/441.43*80=79.741 rpm
Scherzando; 440/444.12*80=79.258 rpm

となりました。
Symposiumの復刻CDと比較した結果を下図に示します。
図中、"Symposium"は、Symposiumの復刻CDの推定回転数、"Speed 440"は、レコード再生音源をA4=440 Hzとなるよう調節した回転数です。

d0090784_09540219.jpg

Gavotteを除けば、まあ似ていると言えます。



More
[PR]

# by ibotarow | 2018-03-25 07:50 | ヴァイオリン_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)