人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ
2021年 09月 26日

バッティスティーニG&Tの回転数

バッティスティーニG&Tの回転数_d0090784_13341551.jpg


以前、Mattia Battistini (1856-1928)のディスコグラフィを作りましたが、そこからG&Tのセッションを抜き出し、C. Zwargの"Speeds & Keys"[1]から、キー、ピッチ(Hz)、回転数(rpm)のデータを拾って【 】内に記入すると、下記のようになりました。


Mattia Battistini G&T Recordings

1902-12? Warszawa, recorded by Franz Hampe
10-in.
[439z] 52663 DON GIOVANNI: Fin ch’han dal vino (Mozart), AGSA24, 5118, 91058, 3064, HRS1007 【B♭/o, 435, 77.3】
[440z] 52664 TANNHÄUSER: Wie Todesahnung … O du mein holder Abendstern (Forier di morte … Oh! tu bell’astro incantator) (Wagner), 5119, 91059 Transposed up a tone to A 【A/+2, 435, 77.1】
[441z] 52665 EUGENE ONEGIN: Kogdabizhizndomashnimkrugom (Se dell’Imen la dolce cura) (Tchaikovsky), 5116, 91056, IRCC143 【B♭, 435, 75.7】
[442z] 52666 DON GIOVANNI: Deh vieni alla finestra (Mozart), VA5, 5127, 91062 【D/o, 435, 75.4】
[443z] 52667 La mantilla (Álvarez), 5117, 91057 【D, 435, 76.9】
[444z] 52668 Occhi di fata (Denza) 【G, 435, 76.5】
[445z] 52669 Ancora (Tosti), VA15 【Em, 435, 76.3】
[446z] 52670 THE DEMON: Ne plach, ditya (No, non plorar tu piangi invano) (Rubinstein), 5113, 91053, IRCC143, HM85 【B, 435, 77.3】
[447z] 52671 IL BARBIERE DI SIVIGLIA: Largo al factotum (Rossini), AGSA24, 5115, 91055, IRCC77 【C/o, 435, 77.1】
[448z] 52672 FAUST: Avant de quitter ces lieux (Dio possente) (Gounod), 5114, 91054 【E♭/o, 435, 77.4】
[449z] 54034 LA FAVORITA: In questo suolo ... Ah! l’alto ardor (Donizetti), w. Tilde Carotini (Ms) 【A, 435, 76.0】

1906-11-12 Milano, recorded by Frederick W. Gaisberg
12-in.
[866c] 052140 PER LA PATRIA: Or limpida m’appare la superba visione! (Cocchi) DB209, AGSB52, 88351 【D, 439, 73.2】

1906-11 Milano, recorded by Frederick W. Gaisberg
12-in.
[874c] 052141 ERNANI: Oh de’ verd’anni miei (Verdi), DB197 【A♭, 439, 72.9】
[876c] 054103 ERNANI: Da quel dì che t’ho veduta (Verdi) w. Emilia Corsi (Sp), DB205, 76290, 88374 【B♭, 439, 72.7】
[877c] 052142 UN BALLO IN MASCHERA: Alla vita che t’arride (Verdi), DB198, 76068, 85061, 88232, 6408 【B♭, 439, 73.6】
[879c] 054105x ERNANI: Lo vedremo o veglio audace (Verdi) w. Aristodemo Sillich (Bs), DB200, VB23, 92007 【A, 439, 72.9】
[879½c] 054105 do 【A, 439, 73.2】
[880c] 054106 ERNANI: Vieni meco, sol di rose (Verdi) w. Emilia Corsi (Sp) & chorus, DB198, VB23, 76292, 85185, 92008 【B♭, 439, 73.4】
[881c] 054107 (76) ERNANI: O sommo Carlo (Verdi) w. Emilia Corsi (Sp), Luigi Colazza (Tn), Aristodemo Sillich (Bs) & chorus, DB205, 76152, 92046, 89135, 18144 (rr) 【F, 439, 73.2】
[882c] 054104 DON GIOVANNI: Alfin siam liberati, Zerlinetta gentil … Là ci darem la mano (Mozart) w. Emilia Corsi (Sp), DB228, VB18, 76291, 85186, 92024 【A, 439, 73.6】
[883c] 052143 MARTHA: Povero Lionello … Il mio Lionel perirà (Flotow), DB209, 92005, 15-1010 【B♭, 439, 73.5】
[884c] 052144 LA FAVORITA: A tanto amor (Donizetti), DB228, 85075, 92045, 6415, 15-1010 【D, 439, 74.1】
[885c] 052145 DOM SÉBASTIEN: Ô Lisbonne, ô ma patrie! (O Lisbona, alfin ti miro) (Donizetti), DB207, VB18, 92006 【E♭, 439, 74.2】
[886c] 052146 UN BALLO IN MASCHERA: Eri tu che macchiavi (Verdi), DB200, 76089, 85062, 92044, 6408 【F, 439, 73.7】
[888c] 052147 LA DAMNATION DE FAUST: Voici des roses (Su queste rose) (Berlioz), DB189, 92023 【D, 439, 74.4】
[889c] 052148 ZAMPA: Pourquoi, pourquoi vous troubler (Perchè tremar?) (Hérold), AGSB52, 92004, IRCC202 【G♭, 439, 74.3】


ピッチと回転数は、1902年ワルシャワ録音のA=435 Hz、76~77 rpm前後と、1906年ミラノ録音のA=439 Hz、73~74 rpm前後の二つのグループに分かれています。

この中で、曲名を太字で示した2枚について、回転数はとりあえず[1]にしたがって再生し、SymposiumとMarstonの復刻CD[2, 3]と比較します。

まず、1902年ワルシャワ録音から、Ne plach, ditya「泣くな、乙女よ」のHistoric Mastersプレス、
HM85 [446z-Ao-2z] THE DEMON: Ne plach, ditya (Rubinstein) 
を約77 rpmで再生。
写真右下に見られるように、長ったらしい手書きマトリクスがあります。

全体の平均スペクトルを見ると、

バッティスティーニG&Tの回転数_d0090784_14392595.jpg

3 kHz以上のノイズ領域のレベルが、復刻jCDで下がっているのはフィルタでカットしているからでしょうが、1.8 kHz付近の谷でも差がある理由はよくわかりません。

ピッチを見るために中域を拡大表示すると、

バッティスティーニG&Tの回転数_d0090784_14392508.jpg

A4に相当するピークは見られないので、G4#相当のピークの周波数を見ると、
HM85_77: 414.5 Hz
Symposium: 403.7 Hz
Marston: 417.2 Hz
ですので、A4の周波数に換算すると、
HM85_77: 439.1 Hz
Symposium: 427.7 Hz
Marston: 442.0 Hz
となり、レコードとMarstonは、[1]によるA=435 Hzより少し高い値となりました。


バッティスティーニG&Tの回転数_d0090784_13341471.jpg


次に、1906年ミラノ録音から、A tanto amor「たくさんの愛に」のRCA Victorプレス、
15-1010 [884c] LA FAVORITA: A tanto amor (Donizetti) 
を約74 rpmで再生。
写真右下に擦ったような傷が見られますが、これはマトリクスを削り取った跡かもしれません。

全体の平均スペクトルを見ると、

バッティスティーニG&Tの回転数_d0090784_14392674.jpg

レコードの3 kHz以上のノイズレベルが1902年より低いのは、ワックスの不純物が少ないのでしょうか?
Symposiumは低域をかなりブーストしています。

ピッチを見るために中域を拡大表示すると、

バッティスティーニG&Tの回転数_d0090784_14392616.jpg

A4相当のピークは440-450 Hz付近に広がっていますが、ブロードで判りにくいので、F4#に相当すると思われる370 Hz付近の単峰性ピークを見ると、
15-1010_74: 371.4 Hz
Symposium: 368.8 Hz
Marston: 370.8 Hz
ですので、A4の周波数に換算すると、
15-1010_74: 441.7 Hz
Symposium: 438.6 Hz
Marston: 441.0 Hz
となり、[1]によるA=439 Hzに比べて、Symposiumはほとんど同じ値、レコードとMarstonは僅かに高い値となりました。

という訳で、2枚とも[1]のピッチより高い結果になりましたが、その差は1%以下ですので、当初通り、
Ne plach, ditya: 約77 rpm
A tanto amor: 約74 rpm
で再生した音源を下記にアップします。なお、著作権上の問題がありましたらご指摘ください。

HM85 [446z] THE DEMON: Ne plach, ditya (Rubinstein)_77

15-1010 [884c] LA FAVORITA: A tanto amor (Donizetti)_74


References
[1] Chris Zwarg, "Speeds & Keys Vol. I Gramophone Co. (1898-1921)", Truesound Transfers (Berlin, 2018)
[2] Mattia Battistini Vol.1, Symposium 1210 (1997)
[3] Mattia Battistini - The Complete Recordings, Marston 56002-2 (2015).




# by ibotarow | 2021-09-26 08:27 | 男声_ラッパ吹き込み | Comments(0)