いぼたろうの あれも聴きたい これも聴きたい

ibotarow.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Pathe ( 26 ) タグの人気記事


2018年 08月 04日

暑気払いレコード2018

d0090784_08590565.jpg

お暑うございます。こういう時には涼し気なモーツァルトの器楽を聴きたくなります。

という訳で、とっておきの"フルートとハープのための協奏曲"、
Pathé DTX 193
[XPTX 341 21, M6 170805] "Concerto for harp and flute in C major k.299" I. Allegro - II. Andantino
[XPTX 342 21, M6 170806] do III. Rondo / "Andante for flute and orchestra k.315"
by Lili Laskine (harp), François-Julien Brun (flute) and Fernand Oubradous (conductor)
(Oct. 1955 or 7 July 1955 )[1]
を取り出しました。

"パリのモーツァルト"[2]の中では、以前、
DTX 194: "Symphonie parisienne K 297" / "Les Petits riens" by Oubradous (conductor)
のCND盤、Club National Du Disque CND 539を入手してオリジナルと同じスタンパーだと喜んでいましたが、おそらく1960年代のプレス。
それに対して、今回は1950年代のクサってもパテ盤です。

いつものタンノイ・モノ+バチモンプレーヤで聴いてみました。イコライザはNABです。
同じ1950年代のDF盤とはちょっと違う、キレがあるのにコクがある、これがパテの音なんでしょうね。

2012年の暑気払いレコードの主役は、風鈴を思わせるクラウスのチェレスタでしたが、ラスキーヌのハープは、水玉がはじけるような清涼感があります。
ブランのフルートは、さしずめ、石走る垂水でしょうか。

以前いただいた、さる先達のご友人がクリーム色シェルのオルトフォンほか贅を凝らした装置で再生された私家版CD(1)と聴き比べてみました。
フォーマットは、(1)に合わせてWAV(16 bit, 44.1 kHz)に揃えました。

(1) オルトフォン(A25?)
ワイドレンジでさわやか、すっきり系美人、でもハープの高弦が硬い。

(2) タンノイ・シングルプレイ
オルトフォンよりナローレンジで中域が濃い、お化粧美人。 でもちょっと暑苦しい。

いずれ菖蒲か杜若、甲乙つけがたいですが、夏向きには(1)かな?
でも、どちらが好みかと言われると、独奏楽器の音色がより魅力的な(2)ですかね、ラスキーヌのハープの何気ないフレーズが、ハッとするほど美しい(こともあります)。

Reference
[1] https://www.youtube.com/watch?v=6zzS-PXKfDE
[2] Mozart à Paris - The Complete Parisian Mozart Compositions (1763 and 1778) by L'Orchestre de chambre Fernand Oubradous, PATHÉ DTX 191-197;
DTX 191: "Concerto for harpsichord and violin k. sup. 56" / "Sonata for harpsichord and violin k.6, k.7, k.8 and k.9"
by Jacques Dumont (violin), Robert Veyron-Lacroix (harpsichord) and Fernand Oubradous (conductor)
/ "Kyrie k.33" by J. Cellier (soprano), S.Michel (contralto), J.Giraudeau (tenor) and M.Roux (bass)

DTX 192: "Symphonie concertante k.297"
by Oubradous (conductor), P.Pierlot (oboe), J.Lancelot (clarinet), P.Delvescovo (horn) and P.Hongne (bassoon)
/ "Grande ouverture in B flat major k. supp. I N°8" by Oubradous (conductor)

DTX 193: "Concerto for harp and flute in C major k.299" / "Andante for flute and orchestra k.315"
by Lili Laskine (harp), François-Julien Brun (flute) and Oubradous (conductor)

DTX 194: "Symphonie parisienne K 297" / "Les Petits riens" by Oubradous (conductor)

DTX 195: "Popoli di Tessaglia K. 316" by Annick Simon (soprano) and Oubradous (conductor)
/ "Strings quartet k. supp. 212" by Pascal quartet
/ "Ah vous dirai-je maman - 12 variations K. 265" by Samson François (piano)
/ "sonata for violin and piano K. 306" by René Benedetti (violin) and Vlado Perlemuter (piano)

DTX 196: "Sonata in A minor K.310" by Lazare-Levy (piano)
/ "La belle Françoise - 12 Variations K.353" by Jean Doyen (piano),
"Lison dormait - 9 variations K.395" and "Prelude k.395" by Jeanne-Marie Darré (piano)
/ "Sonata for violin& piano K.304" by Roland Charmy (violin) and Vlado Perlemuter (piano)

DTX 197: "Sonata in C major k.330" by Aline Van Barentzen (piano)
/ "Sonata in A major k.331" by Marcel Ciampi (piano)
/ "Je suis Lindor - 12 variations k.354" by Lucette Descaves (piano)
/ "Sonata in F major k.332" by Joseph Benvenutti (piano)


[PR]

by ibotarow | 2018-08-04 08:09 | 管楽器その他 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 27日

デジタル化その14 マヌエル・キロガ3

キロガ最終回は、パテアール30 cm盤2枚、

Pathe
1928-29 Paris, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
X. 5527 [N 300893 A-1] La Gitana (Kreisler)
X. 5527 [N 300901-R A1] Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)
X. 5528 [N 300918 R A2] Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
X. 5528 [N 300919 - A1] La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)

アートレーベルについては、ニノン・ヴァランのパテ・アールにちょっと書きましたが、スイス生まれの画家、François-Louis Schmied (1873-1941)のデザインによるアールデコスタイルのレーベルです。
Marstonの復刻CDの解説[1]によると、1927年10月、電気録音システムの導入とともに登場しました。
最初は29 cm盤(orange and gold)と、30.5 cm盤 (multicolor with orange border)の2種類でしたが、1929年、30.5 cmは30 cmにサイズダウンされました。
1930年にパテが新しいナンバリングシステム(90000,91000,92000など)を開始し、アートレーベルをやめる直前に、25 cm盤 (royal blue and steel grey)が加わりました。
なお、ニノン・ヴァランの縦振動電気録音に書いたように、25 cm盤と 同じレーベルが29cmの縦振動盤にも使われています。

回転数は、Symposiumの復刻CD[2]と合わせた結果、80 rpmとなりました。

1枚目5527の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3732651/

ロマンサ・アンダルーサ(サラサーテ)
X. 5527 [N 300901-R A1] Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

ジプシーの女(クライスラー)
X. 5527 [N 300893 A-1] La Gitana (Kreisler)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

2枚目5528の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/5498386/

ロンド・デ・ルタン(バッツィーニ)
X. 5528 [N 300919 - A1] La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

ホタ・アラゴネーサ(サラサーテ)
X. 5528 [N 300918 R A2] Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
は、上記の曲名をクリックしてください。

References
[1] Ninon Vallin The Complete Pathé-Art Label Recordings 1927-1929, Marston 52006-2 (1996)
[2] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-27 07:17 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 20日

デジタル化その13 マヌエル・キロガ2

d0090784_13421492.jpg

キロガの2回目は、パテアール25 cm盤2枚、

X. 9938 [N 300892 A-1] Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
X. 9938 [N 300894 A-1] Tango (Albeniz-Kreisler)
X. 9944 [N 300916 A.1] Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
X. 9944 [N 300917 - A1] Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasa)

パテの録音は、拙ディスコグラフィから再掲すると、下記の通り、25 cm盤(9900番台および98000番台)10面と30 cm盤(5500番台)6面の計16面です。
もっとも、このリストは復刻CD[1,2]を基にしたものなので、他にもあるかもしれません。

Pathe
1928-29 Paris, with Marthe Leman de Quiroga (Piano)
[N 300892] X. 9938 Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
[N 300893] X. 5527 La Gitana (Kreisler)
[N 300894] X. 9938 Tango (Albeniz-Kreisler)
[N 300895] X. 9943 Cadenza for Tartini's "Devil's Trill" Sonata (Kreisler)

[N 300901] X. 5527 Spanish Dances, Op. 22: no 1, Romanza andaluza (Sarasate)

[N 300915] X. 9943 Sonates progressives: no 1 in F major, J 99/Op. 10 no 1 - Larghetto (Weber-Kreisler)
[N 300916] X. 9944 Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
[N 300917] X. 9944 Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasate)
[N 300918] X. 5528 Jota aragonesa, Op. 27 (Sarasate)
[N 300919] X. 5528 La ronde des lutins, Op. 25 (Bazzini)

[N 350068] X. 5539 Romance No. 2 in A (Schumann-Kreisler)
[N 350069] X. 5539 Indian Lament (Dvorak-Kreisler)
[N 350070] X. 98002 Chanson espagnole, Op. 150 "Serenade espagnole" (Chaminade- Kreisler)

[N 350092] X. 98001 Rondino on a theme by Beethoven (Kreisler)
[N 350093] X. 98001 Frasquita: Serenade (Lehár-Kreisle)
[N 350094] X. 98002 Spanish Dances, Op. 23: no 2, Zapateado (Sarasate)

マトリクスで見ると、30万番台と35万番台の2期に分かれますが、これが1928年と1929年に対応するのでしょうか。
また、Marstonの復刻CDの解説[3]によると、カタログ番号90000番台は1930年から使用されたそうです。上のリストの98000番台2枚は1930年以降の発売と思われます。

回転数は、Symposiumの復刻CD[1]と合わせた結果、80 rpmとなりました。

1枚目9938の音源はこのページにアップしました。

ホタ(フャリャ)
X. 9938 [N 300892 A-1] Canciones populares españolas: no 4, Jota (Falla)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

タンゴ(アルベニス-クライスラー)
X. 9938 [N 300894 A-1] Tango (Albeniz-Kreisler)
は、上記の曲名をクリックしてください。

2枚目9944の音源は下記にアップしました。
http://ibotarow.exblog.jp/3740976/

夕べの歌(シューマン-ウィルヘルミ)
X. 9944 [N 300916 A.1] Pieces for Piano 4 hands, Op. 85: no 12, Abendlied (Schumann-Wilhelmj)
は、写真をクリックすれば音が出るはずです。

タランテラ(サラサーテ)
X. 9944 [N 300917 - A1] Introduction and Tarantella, Op. 43 (Sarasa)
は、写真の下の曲名をクリックしてください。

References
[1] The GREAT VIOLINISTS Volume V - MANUEL QUIROGA, Symposium 1131 (1996)
[2] マヌエル・キロガを讃えて, グリーンドア音楽出版 GDCS-0032 (2009)
[3] Ninon Vallin The Complete Pathé-Art Label Recordings 1927-1929, Marston 52006-2 (1996)


[PR]

by ibotarow | 2017-08-20 08:06 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 28日

レオ・スレザーク(1873-1946)のディスコグラフィーその1

d0090784_16133496.jpg

以前、「レオ・スレザークの素敵な世界」という素敵なホームページを運営しておられた盤 奇録さんには、2,3度お目にかかったことがありますが、残念ながら2014年10月に逝去され、そのホームページもいつしか閲覧できなくなりました。
その頃から、スレザークのディスコグラフィーを作りたいと思っていましたが、カルーソ以上に大量の録音があるので、なかなか手が付けられませんでした。
このたび、ずいぶん前にmr.hmvさんからいただいたRC誌のディスコグラフィー[1]をもとに、[2-27]の資料と照合、補完し、なんとかラッパ吹込みをリストアップすることができました。
謹んで盤 奇録さんに献呈いたします。

d0090784_07120760.jpg
d0090784_07215711.jpg
d0090784_07222617.jpg
d0090784_07223953.jpg
d0090784_07225256.jpg
d0090784_07230790.jpg
d0090784_07232298.jpg
d0090784_07235170.jpg
d0090784_07240811.jpg
d0090784_07242531.jpg
d0090784_20585643.jpg

References
[1] Thomas G. Kaufman, LEO SLEZAK discography, The Record Collector, Vol. 15, Nos. 9-10 (1963) 208-226.
[2] Leo Slezak 1: Gramophone/Zonophone/Pathé (Wien, 1901-1904), Truesound Transfers TT-2405 (2004)
[3] Leo Slezak 2: Gramophone (Wien, 1903), Truesound Transfers TT-2406 (2004)
[4] Leo Slezak 3: Gramophone (Wien, 1903-1905), Truesound Transfers TT-2407 (2004)
[5] Leo Slezak 4: Odeon/Columbia (Wien, 1904-1906), Truesound Transfers TT-2408 (2005)
[6] Leo Slezak 5: Gramophone (Wien, 1905), Truesound Transfers TT-2409 (2005)
[7] Leo Slezak 6: Gramophone (Wien, 1906-1907), Truesound Transfers TT-2410 (2006)
[8] Leo Slezak 7: Gramophone (Wien, 1907-1908), Truesound Transfers TT-2411 (2006)
[9] Leo Slezak 8: Gramophone (Wien, 1909), Truesound Transfers TT-2412 (2005)
[10] Leo Slezak 9: Edison cyl. (Berlin, 1909), Truesound Transfers TT-2413 (2006)
[11] Leo Slezak 10: Gramophone/Pathé (Paris, 1910/Berlin, 1912), Truesound Transfers TT-2414 (2005)
[12] Leo Slezak 11: Columbia/Odeon (New York/Berlin, 1912), Truesound Transfers TT-2415 (2005)
[13] Leo Slezak 12: Anker/Favorite (Berlin, 1913), Truesound Transfers TT-2416(2005)
[14] Leo Slezak 13: Favorite/Columbia (Berlin, 1913/Wien, 1917), Truesound Transfers TT-2417 (2005)
[15] Leo Slezak 14: Gramophone (Berlin, 1923) - German Lieder Recital, Truesound Transfers TT-2418 (2005)
[16] Leo Slezak 15: Gramophone (Berlin, 1923) - Operatic arias and Songs, Truesound Transfers TT-2419 (2005)
[17] A. Kelly, Gramophone Company Matrix Series, suffixed a/b/c, recorded by Frederick William Gaisberg et al, 1900 to 1919, MAT102 (2002).
[18] A. Kelly, Gramophone Company Matrix Series, suffixed g, h, i(j) (early use B, x, y), recorded by William Sinkler Darby, 1901-1909, MAT04 (2002)
[19] A. Kelly, Gramophone Company Matrix Series, suffixed k, l, m (early use C, z, Hp), recorded by Franz Hampe (Hampe I), 1902-1919, MAT05 (2004)
[20] A. Kelly, Gramophone Company Matrix Series, suffixed t, u, v, corded by Charles Scheuplein, 1902-1920 and by Harry Fleming, 1920-1921, MAT08 (2006)
[21] V. Girard and H. M. Barnes, "Vertial-cut Cylinders and Discs", British Institute of Recorded Sound (1964)
[22] Christian Zwarg, ODEON Matrix Numbers — B/xB/xxB/xxxB (Berlin)
http://discography.phonomuseum.at/odeon/odmxB.pdf
[23] TRUESOUND ONLINE DISCOGRAPHIES, ODEON (incl. FONOTIPIA)
http://www.truesoundtransfers.de/odeon.zip
[24] TRUESOUND ONLINE DISCOGRAPHIES, EDISON (Phonographenwalzen)
http://www.truesoundtransfers.de/edisoncy.zip
[25] TRUESOUND ONLINE DISCOGRAPHIES, EDISON (Diamond Discs)
http://www.truesoundtransfers.de/edisondd.zip
[26] TRUESOUND ONLINE DISCOGRAPHIES, INTERNATIONAL ZON-O-PHONE
http://www.truesoundtransfers.de/zonoint.zip
[27] THE ONLINE DISCOGRAPHICAL PROJECT, Columbia A5000 - A5499 (1908 - 1913), a numerical listing
http://www.78discography.com/COLA5000.htm



[PR]

by ibotarow | 2017-02-28 08:24 | 男声_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 15日

ニノン・ヴァランの縦振動電気録音

d0090784_1793782.jpg

以前、ニノン・ヴァランのパテ・アールで、

「1927年12月に華々しく登場したパテ・アールは、しかし最初の17枚は、電気録音システムの操作に未熟であったせいであろうか音が悪く、カタログに載る間もなく回収された。したがって現在ではほとんど目にすることはできない。 下記のリストの1927年の3枚6面も、1枚か2枚の縦振動のコピーが現存するだけだそうだ。」

と書いている。これの出典はマーストンの復刻CD[1]の解説で、著者のVictor Girardは、かのVertial-cut Cylinders and Discs[2]の共著者でもある。

まず、この「最初の17枚」とはどんなレコードだったのかと調べてみると、
Reconstitution du Catalogue français des Disques Pathé Saphir [3]
で、パテ縦振動レコードのカタログを見つけた。
その中の、
Catalogue des disques Pathé 80 tours
[édités à partir de 1916, mais enregistrés entre 1894 et 1915 (rééditions de 90 tours) et de 1916 à 1932]
のうち、
de 5000 à fin [4]
から、7101~7117番のパテアールを抜き出すと、
d0090784_8282741.jpg
となる。
7102のデータは[5]による。
ニノン・ヴァランは、7108、7109、7115の3枚6面である。
7116は不明である。

その後、7109のカルメン縦振動盤を入手した。
[200914] 17-11-27 7109 Carmen: L'amour est un oiseau rebelle {Habanera} (Bizet)
[200915] 1?-11-27 7109 Carmen: Près des remparts de Seville {Séguedille} (Bizet)
2カラム目は鏡像文字で、1927年11月にメタル原盤が作られたことを示している。

Gerard[1]は「1枚か2枚の縦振動のコピーが現存するだけ」と言っているので、最初、これはとんでもない珍品を入手したかと喜んだが、世の中そんなにうまい話があるはずもなく、さして高価でもなかったので、数はあるのだろうと思われる。
レーベルはブルーで、これまで横振動パテ・アールのブルーレーベルは25cm盤、オレンジレーベルは29cm盤と理解していたが、29cmの縦振動はブルーレーベルを使用して横振動と区別しているようだ。

さらに、前記事では、

「[6]の解説には、ニノン・ヴァランにはアート・レーベル以前に、1927年5月録音の通常の"Paper-label"シリーズ13面があって、これらも非常にレアなものだそうであるが、この中のマトリクス番号200,736を聴いたが紛れもなく電気録音であった、と書かれている。 それで、この著者は、マトリクス番号200,000から電気録音に切り替わったのではないか、という仮説を立てている。」

と書いている。
パテアールは電気録音開始を記念して作られたレーベルだと思っていたが、それに先立つ電気録音もあったようだ。

200,000シリーズについては、Girard & Barnes [2]によると、
・パテの横振動盤(アクチュエール)はマスターシリンダーからダビングによって作られたが、横振動独自のマトリクス番号を持っていた。
・1925年後半、パテは古いマスターシリンダー方式をやめ、普通のレコード製造方式に変えた。
・このとき、マトリクス番号も縦横共通の200,000シリーズに変更された。
・一番若い番号は、200,026であるが、これはAndré Allard (Br)の
 0493 Resurrection : Quand je l'ai vue (Alfano) / Resurrection: O Katucha! (Alfano)
 で、1925年11月から1926年1月の間に発売された。
したがって、これはラッパ吹込みであると考えられる。(追記参照)
ここから、ニノン・ヴァランの200,723までのどこかで電気録音に切り替わったのであろう。

またパテは1926年頃から、縦振動と横振動を同じカタログ番号で並行して発売した。横振動にはプリフィックス"X"を付けて区別した。
それでは、縦振動盤はいつ頃まで発売されたのだろうか?
調べてみると、Museum Of Obsolete Media [7]で、
Pathé vertical-cut records continued to be sold in France until 1932.
という記述を見つけた。
フランスでは1932年まで発売されていたようである。

本当はここでニノン・ヴァランのディスコグラフィーをまとめたいところであるが、前に書いたように、500面近くあるので、とても手に負えない。
そこで、ニノン・ヴァランの縦振動電気録音盤をリストアップしてみることにした。
リストは[6]を元にして、[1 - 4]と照合した。資料間で差異がある場合は一番新しい[6]を優先した。
2カラム目が縦振動のカタログ番号、一番右のカラムが横振動のカタログ番号である。
その右の()内は回転数を表す。
7000番台は29cm、2000および3000番台は25cm盤である。

これを見ると、1927年は縦振動と横振動がほぼ並存しているが、年を追うごとに縦振動盤が少なくなってきているのがわかる。
そして、1931年2月の録音を最後に、ニノン・ヴァランの縦振動録音は姿を消す。

More
[PR]

by ibotarow | 2016-08-15 09:09 | 女声_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 27日

アイデ・ノレナのディスコグラフィー

d0090784_18515274.jpg

8年ほど前、一枚の深い青色のシェラックレコード(Columbia G-7302-M)を入手した。
米コロムビアが1932年12月にリリースした"Royal Blue" recordである。
[1]によると、米コロムビアは1923年12月に"New Process" recordを発表したが、これは、硬い芯材の上下に、微粒子のシェラックをラミネートした、"virtually noiseless" recordであった。
"Royal Blue" recordは、それまでの"New Process" recordに比べて、より静かであると宣伝している。

曲目は、
グノーの「ロメオとジュリエット」のワルツ、
それに
マイヤベーアの「ユグノー教徒」から、マルグリットのアリア 、'O beau pays de la Touraine!' (おお、美しきトゥレーヌ)。

15 Feb 1930, Paris, w. orch, Henri Defosse (cond)
[xxP6781-4] 123.604Roméo et Juliette: Je veux vivre (Gounod)
[xxP7042-2] 123.636Les Huguenots: O beau pays de la Touraine (Meyerbeer)

歌っているのは、ノルウェー生まれのソプラノ、Eidé Norena (1884-1968)。
何よりも、ストレス・フリーにどこまでも気持ち良く伸びる、清澄な声に魅せられた。

その時以来、彼女のディスコグラフィーを作りたいと思っていたが、Record Collector誌には彼女の記事は見られず、そのままになっていた。
つい最近、フェイスブックで、RC誌のエディター、Larry Lustigのページ[3]を見つけ、2015年12月号に彼女の特集記事があるのに気が付いた。
そこで、RC誌を定期購読されているmr.hmvさんにお願いして、ディスコグラフィー[4]のコピーを送っていただいた。
見ると、Larry Lustigその人の作成になるディスコグラフィーであった。
これで、やっと8年来の懸案事項が解消される。

ウィキペディア[2]によると、
Kaja Andrea Karoline Hansenは1884年、ノルウェーのHoltenで、海軍軍人の父Gullik Hansenと母Susanne Anette Marie Møllerの3番目の娘として生まれた。
彼女の声はホルテンの教会聖歌隊で見出された。
1903年12月2日、最初のコンサートがホルテンで行われた。
1905年3月18日、Christiania(現オスロ)でデビューした。
Nationaltheatretの指揮者Bjørn Bjørnsonは、彼女の声を聴き、彼の劇場に迎えた。
彼女の最初の役は、Madama ButterflyのSuzukiであった。1年後、そのオペラの主役を歌うことができた。
それから10年ほど、彼女はNationaltheatretや、Central Teatreで、Mignon, The Barber of Seville, La Traviata and Rigoletto等の役を歌った。
1909年、彼女はNationaltheatreの俳優Egil Eide Næssと結婚したが、1939年に離婚した。

彼女は声にさらに磨きをかけるため、ロンドンのRaimond von der Mühlenのレッスンを受けた。
1924年、かくて彼女はミラノのスカラ座で第2のデビューを果たした。40歳であった。
その頃から、Eide Norenaのステージネームを使用した。
コベントガーデン、パリオペラ座、、シカゴ、メトロポリタン、ザルツブルグ音楽祭等で歌った。
彼女の好きな役は、リゴレットのギルダであった。
1938年、パリ・オペラ座で最後の舞台に立った。
1939年2月26日、故郷ホルテンで、告別演奏会を行った。
1940年、ナチがパリに侵攻すると、スイスのジュネーブに居を移し、1968年、ローザンヌで亡くなった。

ディスコグラフィーは、[4]を下敷きにして[5]と照合しながら、フォーマットを整えるためワードで作り、pdfからjpegに変換した。
なお、○印は[5]の復刻CDで、電気録音の発売されたものについては、ほとんどが収録されている。
また、YoutubeのURLは確認できたもののみ記載した。

この中で、
26 Sep 1932, Paris, w. orch, Piero Coppola (cond)
[2PG50-2] 52-1124La Traviata: Ah, fors'è lui (Verdi)
の日本盤RL-3(邦題:「椿姫」~あゝそは彼の人か)は、ビクター洋楽愛好家全集第1集[6]にシャリアピンやティボー等、錚々たるメンバーに並んで収録されている。
戦前から有名だったのかしら?と思って、あらえびすの「名曲決定盤」を見ると、
「ビクターで一番若くて人気のある歌い手だ。ややナイーヴな荒さを感じさせるが、それだけ野性的な美しさがあるとしたものだろう。ぐいぐいと人に迫る若さと魅力がある。」
とある。
この本は昭和14年刊行だから、ノレナはその時すでに50代半ばに達していて、決して若いとは言えないと思うが。
それに、荒さがあるとも、野性的とも思わない、むしろ清純可憐な趣があると思うが。
ちなみに、[5]の解説の題名は、"Eide Norena, The Snow Fairy"である。「雪の妖精」こっちの方がずっとしっくりくる。

最後に、今回も大変お世話になったmr.hmvさんに厚く感謝に意を表する。

d0090784_18575257.jpg


More
[PR]

by ibotarow | 2016-06-27 19:36 | 女声_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 30日

マヌエル・キロガのディスコグラフィー

d0090784_741395.jpg

話は約9年前に遡ります。その頃キロガの復刻CD[1]を手に入れました。
1曲目に作曲者不詳の"Capricho Jota" が入っていました。
これはオークションで見かけた、
[488y] X-57900 Jota Capricho (José del Hierro)
ではないかと思っていたのですが、確かめるすべはありませんでした。

最近、キロガのディスコグラフィーを作りかけているのですが、先ほど、ふと思いついてYoutubeを探してみると、
Jose del Hierro - Gran Jota Capricho
がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=tPB2qDdg90E
同じもののようです。
この人はずいぶん音程が怪しくて聴きづらいですが、キロガの演奏で聴くともっと魅力的な曲です。

ケリー[2]によると、488yは1909年3月11日マドリードでの録音です。
今までキロガの初録音は20歳の1912年だと思っていましたが、1909年3月だと16歳です。
その頃のキロガにレコードを吹き込むチャンスはあったのでしょうか?

キロガの伝記[3]を読んでみると、1904年に12歳でマドリードの王立音楽院に入り、ついた先生が、この作曲者のJosé del Hierroでした。
2年後、Mugártegui家から1682年製のアマティを贈られます。
1907年から1909年まで、キロガはマドリードやその他の都市で多くのコンサートを行いました。
1909年10月14日、スペインでのHierro先生のレッスンを終了し、お父さんとベルリンへ旅立ちます。
フリッツ・クライスラーに教えを受けるためでしたが、途中に立ち寄ったパリで変心します。
パリ音楽院のオーディションを受け、合格したのです。
キロガはジュール・ブーシュリやティボーについて2年間勉強し、1911年に1等賞を取りました。

このことから考えると、1909年にマドリードで先生の曲を録音するのは不自然ではありません。
またパリ音楽院で1等賞を取った後の1912年にパリで録音したのも頷けます。
なお、キロガはパリでMarthe Lehman と出会い、二人は1915年7月21日に結婚します。
したがってマドリード録音時のピアニストはMarthe Lehmanではありません。

パテに関しては復刻CDしか資料がなかったので、まだ他にあるかもしれません。

More
[PR]

by ibotarow | 2014-06-30 07:44 | ヴァイオリン_電気録音 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 20日

エウジェニア・ブルツィオを聴く愉悦

d0090784_833435.jpg

エウジェニア・ブルツィオは、1872年、1879年[1]、あるいは1882年[2]にイタリア、トリノ近郊のPoirinoで生まれた。
以下は[2]による彼女の経歴の抄録である。

ブルツィオは最初ピアノ、ヴァイオリン、絵画を習ったが、歌うことに最も興味を示したので、両親は彼女がミラノ音楽院に入ることを許した。
1899年、トリノでデビュー。
1900年、トリノでのソロリサイタルを開いたが、仕事のオファーはすぐには来なかった。
1901年、彼女は恋に落ち、Ugo Ravizzaと結婚した。
同年11月に舞台に復帰したが、結婚と仕事の両立は難しく、舞台をリタイアした。しかし、退屈と緊張のなさに耐えかねて、1年もたたないうちに仕事に戻った。
1903年、バーリでセレスティーナ・ボニンセーニャの代役でデビュー、成功を収めた。しかし、この成功は彼女の結婚生活に影響を及ぼし、2回目の結婚記念日の前に、結婚を解消した。
1904年、パレルモでデビュー、南米へツアー。
1906年、ミラノのスカラ座デビュー。ロンドンおよびサンクト・ペテルスブルグへのツアー。
1908年、スカラ座でのトスカニーニとの協演。「運命の力」のリハーサル中に彼女は、スカラ座でGodと呼ばれていたトスカニーニと大喧嘩、プリマドンナを外された。
急遽代役に呼ばれたEster Mazzoleniはこう語っている。
She was a tigress onstage as well as in private.

tigressを辞書で引くと、「雌のトラ」あるいは「あばずれ女」と書いてあった。なるほど、tigerの女性形ね。
どっちにしても気性の激しい女性であることは、彼女の歌唱を聴くとさもありなんと思う。

1909年、ブエノスアイレスのコロン劇場へデビュー。
1910年頃から睡眠薬中毒に。
1911年、トスカニーニはローマのコンスタンチ劇場で「西部の娘」のイタリア初演を準備していた。
彼はブルツィオにオリーブの小枝を渡す機会を否定しなかった(要するに主役を与えたということね)。
リハーサルは非常にうまく行き、初演の日が近づいた。それは彼女にとってのコンスタンチ劇場デビューでもあった。
しかし彼女はパニックに襲われて、役を降りてしまった。
トスカニーニは彼女を日がな一日、野次馬の好奇の目から守り、ついに彼女を説得することに成功した。
彼女は舞台に立ったのである。

次々と女性歌手に手を出す、女たらしで有名なトスカニーニも、tigressには一目置くようである。

1912年、スカラ座でノルマに初挑戦、彼女のステージマナーは横柄なものであったが、絶大な賞賛を浴びた。
1913年、ナポリのサン・カルロ劇場デビュー、その後、引きこもり、すべてのオファーを拒絶。
1915年、スカラ座に復帰、熱狂的な聴衆に演技は何度も中断。
1916年、ジェノヴァでレオンカヴァッロの「マメーリ」の世界初演、栄光のデモンストレーションであった。
その後、腎臓病と不眠症で再びステージを去る。
1919年、ブルツィオは再び、そして最後のステージに誘い出され、聴衆は伝説を見た。
1922年、死去。Poirinoでの葬儀にはトスカニーニも出席した。

ブルツィオは、[1]によると、語気の強いchest voice(胸声)を用いた。これはある人々にとっては汚く聴こえたが、ある人々にとってはエキサイティングなものであった。それは19世紀のイタリアン・ソプラノがドラマティックな感情を効果的演出するために使ったやり方を踏襲したのである。
あらえびすの言う典型的な娼婦型で、その肉感的ともいえる伸縮自在でダイナミックな歌唱を聴くのは快楽でさえある。


 

More
[PR]

by ibotarow | 2013-03-20 09:01 | 女声_ラッパ吹き込み | Trackback | Comments(2)
2012年 09月 17日

キュルティのパテ横振動盤

d0090784_7232335.jpg

先日、ある事件に遭遇し、しばらくSPレコードを聴く気がしなくなって、LPレコードなんぞを引っ張り出して聴いていたのですが、最近ようやく立ち直り、某オークションでパテ盤を2枚落札しました。久しぶりにのぞくと珍しいレコードに出会えるようです。

1枚目は、Yvonne Curti,
X.9747 [N 8665] ROSE-MARIE "CHANT INDIEN" (RUDOLPH FRIML)
X.9747 [N 8676] PAGANINI "J'AI TOUJOURS CRU QU'UN BAISER" (FRANZ LEHAR)

2枚目は、Ninon Vallin,
7109 [200914] CARMEN "L'amour est enfant de bohème" (Bizet)
7109 [200915] CARMEN "Près des remparts de Séville" (Bizet)
ですが、これについてはいつか稿を改めて書きます。

キュルティの方はカタログ番号にXがついていることからわかるように、横振動です。
盤面にはマトリクス番号のほかは何も情報がありません。鏡像文字は1文字だけあるようにも思えますが、傷かもしれません。
何年か前、H.さんに聴かせていただいたキュルティ・パテ盤はすべて縦振動でしたが、どうも縦・横、両方発売されたようですね。これがラッパ吹き込みか電気録音かは興味のあるところです。

ラッパ吹き込みにしては鮮明な音ですが、同じ頃の録音であるキロガと聴き比べてみると、キロガのほうが鮮明で録音レベルも大きいです。
以前持っていたサラベール盤の音を忘れてしまったのですが、同じような音だったような気がします。
録音方式は確率で言うと、電気70%、ラッパ30%といったところでしょうか?

音からいうと電気録音っぽいのですが、ラッパ吹き込みかもしれないと考える根拠は、以下の2つの特徴、
1.マトリクス番号が8000番台。
2.リードアウト溝が無い。
です。
まず1.ですが、拙ブログ「キュルティのパテ縦振動盤」でも紹介しましたが、文献[1]によると、
-----------------------------------------------------------------
パテは1925年の後半でマスターシリンダー・システムをやめ、普通のレコード製作工程を採用した。
この時に、マスターシリンダー・ナンバーは廃止され、新たに200000から始まるマトリクス番号が1930年ごろの202500あたりまで途切れることなく続いた。
(中略)
1927年10月、パテは電気録音の声楽レコードを発売した。それは7100番台の"Art"レーベルである。オーケストラの録音は5500番台である。
(中略)
それから、これは信頼性を確認するに十分な情報ではないが、マトリクス番号が201000以降のものは、電気録音と信じられている。
-----------------------------------------------------------------
これによると、電気録音のマトリクスは201000以降だということになり、8000番台のキュルティは電気録音ではないということになります。
[1]によるキュルティの縦振動パテ・ディスコグラフィーを再掲すると、

Pathe Paper-label Discs, Paris 1927-1928 (pf. acc. : Andolfi)

9720 [8326] Reve de valse (Straus)
9720 [8330] Aubade d'amour (Monti)
9721 [8331] Czardas (Monti)
9721 [8333] Les millions d'arlequin (Drigo)
9744 [8663] Thais: Meditation (Massenet)
9744 [8664] Nocturne in E-flat (Chopin)
9745 [8668] Apres un reve (Faure)
9745 [8677] Souvenir (Drdla)
9746 [8666] Chanson triste, Opus 40, No. 2 (Tchaikovsky)
9746      Berceuse, Opus 20 (Cui)
9747 [8665] Rose-Marie: Chant indian(Friml)
9747 [8676] Paganini: J'ai toujours cru qu'un baiser (Lehar)
9751 [8701] Serenata (Toselli)
9751 [8703] Berceuse (Faure)
9754 [8702] Chant hindou (Rimsky-Korsakov)
9754 [8722] Serenade (Rakhmaninov)
9755 [8723] Les bateliers de la Volga (Kreisler)
9755 [8719] Le cygne (Saint-Saens)
9756      Madrigale (simonetti)
9756      Berceuse (Renard)
9762 [8827-1] Romona (Wayne)
9762 [8828-2] Roses of Picardy (Haydn-Wood)
9768      Chanson a bercer (F. Schmitt)
9768      Les promis (Samuel-Rousseau)
9773      Serenade (Pierne)
9773      Chanson bohemienne (Boldi)


次に、2.についてですが、これは経験則でしかありませんが、ラッパ吹き込みにはリードアウト溝がなく、電気録音にはリードアウト溝があるのが普通です。
(ここではラッパ吹き込み初期のドイツプレスにしばしば見られる手彫りのリードアウト溝は除外しています。)
上のキュルティにはリードアウト溝がなく、ラッパ吹込み盤の特徴を呈しています。

以上、2点からラッパ吹き込みの可能性もあると判断しました。

その後、偶然、某オークションでポルトガルのピアニストVianna da Mottaのパテアール5452を見つけました。マトリクスは8731です。
いや~、これを見つけたときは興奮しました。疑うべきは文献[1]であったかと。だって、これでミッシング・リンクが繋がるわけですから。
他はどうかと、ダ・モッタのディスコグラフィーを探すとMark Arnesr氏のHP[2]にありました。
上のフォーマットに合わせると、

Jose Vianna da Motta: Pathe Discography, 1928 (c)

X.5449 [N 8725-1] Cenas Portuguesas, Op.9 #1: Cantiga de Amor (Motta) Pt.1
X.5449 [N 8726-1] do Pt.2
X.5450 [N 8727-1] Cenas Portuguesas, Op. 9 #2: Chula - danse portugaise (Motta)
X.5450 [N 8728-2] Cenas Portuguesas, Op. 9 #3: Valsa caprichosa (Motta)
X.5451 [N 8729-2] Annees de pelerinage, 1st year S. 160, #7: Eglogue (Liszt)
X.5451 [N 8730-1] Elegies, #4: Turandot's Frauengemach (Busoni)
X.5452 [N 8731-2] Polonaise #6 (Heroic), Op. 53 (Chopin) Pt.1
X.5452 [N 8732-1] do Pt.2
X.5453 [N 8738-2] Duettino concertante (after Mozart, K. 459 finale) (Busoni), w/ Mme. de Castello Lopes (2nd piano) Pt.1
X.5453 [N 8739-2] do Pt.2
X.5454 [N 8736-1] Sonata #18, Op. 78, D. 894, 3rd movement, Menuetto (Schubert)
X.5454 [N 8737-1] Wohin? (from Die Schone Mullerin), S. 565/5 (Schubert - Liszt)

すべて8700番台で、上のキュルティの間に入ります。
ダ・モッタはアート・レーベルであり、これはパテが1927年10月の電気録音の導入を機に採用したレーベルなので、電気録音だと考えるのが妥当でしょう。
実際に、5450をお持ちのsp76rpmさんに聴いていただいたところ、
「メリハリの効いたダイナミックレンジの広いしっかりとした音なんで、おそらく電気録音」
というコメントでした。
そうすると、その前後のキュルティも必然的に電気録音という可能性が高くなります。
20万番台というのは声楽の話で、器楽は8000番台だったのでしょうか?
キロガの1928年の録音は30万番台ですので、その切り分けはまだ不明です。

次に、リードアウト溝の有無ですが、これもsp76rpmさんに確認してもらったところ、上のダ・モッタ5450にはリードアウト溝が無いそうです。
ほかにも同様の例はないかと探したところ、灯台元暗し、手持ちのニノン・ヴァランのパテアール、
x7149 [201282] Le Nil (Leroux)
x7149 [201283] SADKO: Chant hindou (Rimsky-Korsakov)
にも有りませんでした。
このレコードは拙ブログ「ニノン・ヴァランのパテ・アール」によると、1928年7月の電気録音だということがわかっています。

ということで、最初にあげた、ラッパ吹き込みと考える2つの特徴は、どちらも電気録音にもある、ということがわかりました。
この段階で、キュルティは9割9分電気録音だろうと判断しました。

d0090784_748111.jpg最後に、Loreeさんから決定的な証拠の呈示がありました。X9747のレーベル違いですが、この写真を見ると、レーベルに"ELECTRIQUE"の文字がはっきり書いてあります。
キュルティが電気録音だというのは、もはや間違いないようです。

傍証固めにご協力いただいたHRC会長sp76rpmさんとHRCキュルティ本部長Loreeさんに、厚く感謝の意を表します。

References
[1] V. Girard and H. M. Barnes, "Vertial-cut Cylinders and Discs", British Institute of Recorded Sound (1964)
[2] http://home.earthlink.net/~marnest/discmotta.html
[PR]

by ibotarow | 2012-09-17 08:43 | ヴァイオリン_電気録音 | Comments(3)
2012年 04月 14日

縦振動MCカートリッジ

d0090784_19382840.jpg

ゴルフ院長の最新作です。 直径1mmほどの金色の短い円柱2本がそれより細い銀色の円柱で繋がれた構造で、盤面に垂直に置かれた円柱に被さるようにコイルが配されています。針の上下振動は細いロッドでコイルに伝えられます。
発電機構は最初、真ん中の銀色の円柱が磁石かと思いましたが、よく考えるとこれでは発電せず、金色の円柱が磁石で反発磁界を形成しているようです。つまり2本の磁石を同極同士向かい合わせに配置すると、磁界がまるでブラックホールの降着円盤のように薄く放射状に広がり、コイルがその円盤を上下に切るように振動すると発電する仕掛けです。

最初、なにも考えずにレコードに針を下ろしたところ、強烈なインサイドフォースで内側に流れます。もともとプレーヤ付属のバネ式?キャンセラーがあるのですが、め一杯にしても内側に流れるのです。そこで、tetrodeさんのマネをして錘式インサイドフォース・キャンセラーを付けてみました。
その結果、モーリス・ルノーのカルメン「闘牛士の歌」はすんなりかかるようになりました。
でもティボーのサンサーンス「ハバネラ」が難物で、これはSHUREも真ん中以降しかかからなかったものですが、外周の2割ほどが滑ってかかりません。これをかけるために、院長にお願いして、もっと針圧をかけられるように調整してもらうことにしました。重針圧で溝に押さえつけようというコンタンです。

しばらくして、ゴルフ医院からくだんのカートリッジが丈夫な体になって退院してきました。 回転シェルのツノもずいぶん成長して長くなったようです。 音楽人さんに「ヘラクレス・オオクワガタ・スペシャル」と命名されてしまいました。
ルノーとティボーのパテ盤をお送りして調整してもらっていたのですが、
「10~15gで2枚とも完奏しました」
とのことで、早速、うちのバチモン・アームに付けて試してみました。

インサイドフォース・キャンセラの錘をさらに増やし、針圧を調整した結果、 13gで、難物のティボーがなんとか最初からトレースできました。 錘の重量に対する最適針圧があるようで、もう少し錘を増やして針圧を増やすとさらに安定する気がしますが、とりあえず、この条件でほかのレコードも聴いてみると、 盤によってインサイドフォース発生量が違うようで、どうも難物ティボーに合わせると、ほかの盤はアウトサイドフォースで外側に流れるのが多いです。

幾何学的配置はいっしょなのに、なんでこうも違うのか、つらつら考えてみました。
そもそもなんでインサイドフォースが発生するかと言うと、針先が溝によって引っ張られる方向と、それを引き戻そうとするアームの回転軸の方向が180度、つまり逆向きで一直線ならちょうど打ち消しあうのですが、角度があると内側か外側に向く力が発生します。
では、溝によって引っ張られる力は何で生ずるのかを考えると、溝との摩擦ですね。この摩擦の程度が違うとインサイドフォースの発生量も変わるということになります。
ということで、溝がつるつるしている盤ではインサイドフォースの発生量も小さいということになるんではないかと思いますが、これで合ってますかね?

結局、難物ティボーは針圧13g、プレーヤ付属のインサイドフォース・キャンセラー最大。
この条件で外に流れる盤に対しては、まずインサイドフォース・キャンセラーをゼロ。
それでも流れる場合は、針圧を増やす。
針圧を増やすと摩擦が増えインサイドフォース発生量も増えるので、外側に流れ難くなる。
この方法で、針圧15gまでで、手持ちの全てのパテ盤をかけることができました。

全てといっても14枚しかないんですが、その内10枚がティボーです。
音色は今までのSHUREと歴然と違います。SHUREは良くも悪くもごまかしてそれらしく聴かせるのに対し、ヘラクレスはごまかしが全然ないので、傷んだレコードからは聴くに耐えない雑音を発します。
それに、録音帯域の狭さがモロに出ます。パテ盤がシリンダーからダビングされたことが丸わかりです。

でもその中から聴こえるティボーのヴァイオリンのなんと凛と響くことか・・・ピンと張りつめた細身の輝かしい音は、おそらく今まで誰も聴いたことがない世界だと思います。

ゴルフ院長、この度はたいへんお世話になりましてありがとうございました。
[PR]

by ibotarow | 2012-04-14 06:36 | 蓄音機 | Trackback | Comments(0)